失恋の体験談

半ストーカー状態?同学年で有名になってしまった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラスのムードメーカー的なバスケ部主将に恋をした

バスケ部の主将で、クラスのムードメーカー的な存在でした。
全クラスからも知り合いが多くて、友達も多い人気者でした。
バンドもやっていて、女子からの人気もありました。

スポンサーリンク

周囲が盛り上がり、少しは気があるのではないかと勘違いしてしまった

失恋したのは、高校2年の彼の誕生日の時と、バレンタインデーの時です。

誕生日の時は突然の事で驚いたのか、プレゼントを受け取ってもらえました。

しかし高校最後のバレンタインで電話で断られ、ふられたとわかっていたのですが、ハッキリ言われてやっと心の整理をし始めたような気がします。

私が、しつこくストーカーのように家に行って、誕生日プレゼントを置いていったり、気がないとわかっていてもバレンタインを渡しに行った事で断られました。
付き合ってる彼女がいた事を誰かから聞きました。

卒業するまでは、好きな人と会話する事はありませんでしたが、家に来てプレゼントを渡した事や、試合をこっそり見に行った事が彼の知人に知られたり、好きな人本人が2年間私の事をみんなに言い回り、同学年中に私は有名人になり、私の知らない人にも噂がどんどん広まって変わっていき、好きな人は、実は私が好きなのではないかと周囲が盛り上がって彼もそれを茶化す事で話題を提供して楽しんでいたので、私も、少しは気があるのではないかと勘違いしてしまっていました。

高校卒業と共に気持ちを切り替える事ができた

卒業と共にすぐに気持ちを切り替える事が出来ました。

その前から、みんなに噂を広める彼のよくわからない行動や態度でなぜ好きになったのかを見失った気がします。
有名になった事に酔いしれていたように思います。

彼と両想いかもしれない噂がたった時は嬉しかったですが、それ以上にクラスでの私への態度も冷たいものでした。

今度こそはちゃんとした学校生活を送りたいと意気込んでいたので、大学での男性の出会いに夢中でした。

自分に合う恋愛の仕方は自分で切り開くしかない

まずは環境を変えるというのが、一番前に進める事だと思います。
私は卒業でしたが、職場なら職場を変えたり、変えられないなら、新しい男性と出会う努力をする事は大事だと思います。

すると、今まで好きだった人の人間性の小ささなどが見えてきますし、新しい大学生活で出会う男性と比べて、良い勉強になった事、良い男性に出会った事で、幸福感も満たされると思います。

人を好きになる事は、一方的に好きになるのではなく、相手の様子や好みとか、さりげなく聞いてみたりする勇気は必要です。
まずは相手を知る事。これも自分が自信を持って動ける要素になるはずです。

やり過ぎると私みたいにストーカーと呼ばれかねないので、相手を思いやって行動する事が一番良いと実感しましたし、きっと相手にも伝わっていると思います。
後々何度か失恋も経験しましたが、高校生活の様なひどい事にはならず、誠意を持って男性にも対処してもらえました。

懲りずに人を好きになる気持ちを大事にして欲しいです。
自分に合う恋愛の仕方は自分で切り開くしかないと思います。
これからも幸せになる事を追求し続けていって下さい。

今の夫は、私からアタックした人です。
今までの傷が一気に癒えていくように、幸せを日々感じております。
辛い失恋経験を重ねたからこそ、手に入れられた幸せだと思っています。

みなさんも自分に合う方法で頑張って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事