失恋の体験談

サークル活動で出逢った後輩。夏合宿コンパで告白し失恋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オールラウンドのサークル活動で出逢った後輩に恋をした

オールラウンドのサークル活動で出逢った、後輩です。都内の女子大に通っており、私が3年生の時に彼女が新入部員として入ってきました。目はぱっちりとしていて、身長は150センチで、ショートヘアの可愛い女性でした。

ただ私が魅力を感じていたのは、彼女のルックスよりも、頭の回転の鋭さと、明るい所。そして誰に対しても積極的に声をかけられる所でした。

スポンサーリンク

夏合宿最後のコンパが終わった後に告白

失恋したのは、大学3年生の8月、新潟県の赤倉温泉で開催された、サークルの夏合宿最終日です。

5日間の夏合宿一番最後のプログラム、最終日コンパがお開きを迎えた深夜に、彼女をペンションの庭に呼び出し、気持ちを伝えました。彼女の答えは「ありがとうございます。いいお友達でいられたら嬉しいです。」でした。

しばらくは何も手につかない状況に陥りました。夏合宿終了後、夏休みが一か月残っていましたが、正直どこで何をしていたか、全く覚えていません。休みだったのをいいことに、アルバイトにも行かずひたすらアパートに閉じこもり、シンガーソングライター・角松敏生さんと西脇唯さんのCDをひたすら聞きまくる毎日だったことだけは、かろうじて脳裏の片隅に残っています。食事もろくに喉を通らない状況で、5キロ痩せました。

同期の友人たちが焼肉パーティを開いてくれ朝まで飲み明かした

夏休みが終わって、後期の授業が始まりましたが、告白したこと、そして玉砕したことは瞬く間にサークル中に知れ渡ったらしく、同期の友人たちが、我が家で焼肉パーティを開いてくれました。

彼女に対する未練やら悪口やらをことごとく吐き出し、朝まで飲み明かしたことをきっかけに、少しずつ心の傷が癒えてきました。自分は女性に振られてしまったかもしれないけれど、サークルに入部して2年半の間に、たくさんの友人ができたことに気付いたわけです。

男と女は上手くいかなくて当たり前

多分、恋をしている方は、今想っている人が世界で最高の相手だと思っていることでしょう。大学3年生の私もそうでした。そして失恋した直後は、この世の終わりと思えるくらいに、何も考えられないと思います。

けれども、時間が経つにつれて、また新たに魅力を感じる異性が現れるわけです。ちなみに私は、この後10人とデートして、アプローチかけて告白して振られています。でも、自分に片想いしてくれる人もいました。振り向いてくれた人もいました。

ある女友達が、男と女は上手くいかなくて当たり前と言ってましたが、つくづくそのことを実感する今日この頃です。絶望的な状況から、案外チャンスは生まれるのではないかと、三十数年生きてきて思います。前向きに行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事