失恋の体験談

予備校で知り合った彼。私より妹を気にしだした?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あまり会話がなくても手を繋いでるだけで幸せだった

恋といえるか、今となっては分かりませんが、変わった出会いをした彼でした。
予備校に通っていて、どこか子供っぽいところがあり口ベタで無口でした。
彼は、これが初めての交際だそうでいつもどこか緊張していたようです。
なのでデートをしてもあまり会話はなく、静かな感じで街を歩いていました。

私は彼の少し後ろを歩いていたのですが、すっと手を後方に伸ばしてくれて、ずっと手を繋いで歩いていました。
小さなことだったけど、そういうのは女として嬉しい気持ちになれるので、あまり会話がなくても手を繋いでるだけで幸せでした。

スポンサーリンク

彼が自分の妹を好きになってしまい別れを切り出した

付き合いだして3ヶ月ほどで恋は終わりました。
21歳の時で、秋ごろでした。とても短い恋でした。

私には年子の妹がいます。
彼が妹を気になり始めたことに、私が気がついてしまったことがきっかけでした。
デートをしても彼が口にする話題が妹のことばかりだったのです。
まだ交際を始めて3ヶ月だったので傷が深くなってしまわないよう、私から別れを切り出しました。
その時に、妹のほうを好きになっているんじゃないかと聞いてみたんです。
彼の答えは私の予想通りでした。

妹に好きな人を奪われたというよりも、彼女の妹を好きになるような男を好きになった自分が悪いと思いました。
自分から別れを告げて、付き合いも浅かったのでそれほど大きな傷にならずに済みそうだと思った私でしたが、残念なことに大きな傷をつけられる結果になりました。

それは彼が長い沈黙の後に口にした一言でした。
「・・・妹さんを紹介してくれないかな」
私は呆れてものが言えませんでした。
こんな男と付き合っていたということに大きな傷をもらってしまいました。

できるだけ早く忘れようと努力していました。
幸い、妹に話たところ私以上に腹をたてて殴りに行ってやるとまくし立てる妹を目の当たりにすることによって、私の心はかなり軽くなりました。

そして友人や会社の先輩も私を励ましてくれました。
そんなバカな男は、さっさと忘れてしまいな!と背中を叩かれました。
やがてポストに分厚い手紙が届きました。
宛名は私でしたが、差出人が書いていませんでした。

中を見ると汚い字ながら彼がお詫びの言葉をしたためていました。
妹さんを紹介してなんてバカなことを言ってしまって申し訳なかったという反省の言葉が綴られていました。

今の旦那と出会ったことで立ち直れた

数ヵ月後に、素敵な出会いが待っていて私を救ってくれました。
もちろん、この彼も妹に恋してしまうんじゃないかという不安はありました。
なので出会ってすぐ妹にも会わせてみたんです。
妹とも仲良くなっていましたが、彼は私を1番に想ってくれました。
今、彼は私の旦那になっています。

失恋しといてよかったと思えるように新しい出会いに前向きに

失恋は、新しい恋をする上で必要なことです。
きっと失恋しといてよかったって思えますよ。
私は失恋していなかったら、今の旦那と出会っても交際することなんて出来なかったと思います。
二股なんでできない性格ですから。

そう思うと、あのタイミングで失恋しておいてよかった!って思っていますよ。
いま失恋しているんなら、新しい出会いに前向きになってください。
きっと幸せになれるように願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事