失恋の体験談

小学校からの友達の彼氏に横恋慕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小学生からの友達の彼氏に恋をしてしまった

小学生の時からのお友達の彼氏です

手紙でのやり取りをして遊園地でデート。告白をしたがやはり…

失恋したのは、社会人1年生、19歳の時です

高校の時に小学生の時のお友達に紹介されて話をしてとても大好きになりました。
とても優しい人でした。

スポンサーリンク

2歳年上だったんですけれど先に高校を卒業して仕事で彼は寮に入りました。
ずっと気になってましたし今ではケータイがありますけれど当時はお手紙でした。
今思えば恥ずかしい文章だったのかなって思いますけれどひとりで暮らしてて仕事で疲れてるのにちゃんとご飯たべてますか?とか風邪ひかないでね、なんて。
彼を思いやる言葉をいっぱい書いた記憶があります。

そういうやり取りをしていたら彼から今度の土日に帰るから遊びに行こうかって誘われました。
彼女がいるのにいいの?って聞いたらもちろん彼女には内緒だよって言ってくれました。
彼女とはそのとき既に疎遠になっていたので少し気は引けましたが彼に会いたかったので会いました。
遊園地に一緒に行ったのを覚えています。

一日一緒に遊んでから自分に後悔が残るのが嫌だったので「だいすき。」って告白しました。
日が暮れる頃でした。
「君のことも好きなんだけれどやっぱり彼女がいるからなぁ・・ごめん。」って彼にふられました。
結局悲しい結末に終わりました。

彼と別れてから自分の車の中で泣きました。
ずいぶん長いこと泣きました。
親に変に思われるのも嫌だからきちんとメイクを直して家に帰りました。
家に帰って布団に入ってからもう一度声を殺してずいぶん長い時間泣きました。
朝まであんまり寝れなかったように覚えています。
次の日は目をはらして仕事に行きました。
失恋直後は元気な顔を見せようと思ってもなかなか笑顔になれませんでした。
そに日から彼とは連絡を取っていません。

一生懸命働き、女友達と美味しいものを食べにいき立ち直れた

思い切り仕事しました。
朝から晩まで一生懸命働きました。
男友達とじゃなくて女友達とたくさん遊んで気晴らしをしました。
元気になりたかったので明るい雰囲気のショットバーとかに女友達と行きました。
美味しい食べ物も女友達と食べに行きました。
美味しいものでお腹がいっぱいになると幸せになれました。
時間はすごくかかりましたが時間が経ったら立ち直れましたよ。

失恋した彼氏を踏み台にして自分を磨き続けることが大事

失恋なんてね10代や20代の頃には誰でも経験する苦い思い出です。
みんないっぱい泣くんです。悲しくて人生終わったとか思うんです。
もちろん私もそう思いました。

だけどね、必ずそれを乗り越えて自分を一生懸命磨いていたらかならず自分のこと魅力に思って新しい素敵な彼氏が現れるんです。

それもね、自分を一生懸命素敵に磨けば磨くほどそれにあった素敵な彼氏が現れるんです。
世の中の男性がね自分のことを素敵な人だなって思ってくれるように失恋した彼氏を踏み台にして磨き続けることが大事って思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事