失恋の体験談

ボランティア先で出会ったお兄ちゃんみたいな人。デートもしたけど妹にしか見られてなくてショック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボランティアで出会ったお兄ちゃんみたいな人に恋をした

あるボランティア先で出会った2つ上のお兄ちゃんみたいな人に恋をしました。

ボランティア先ではいつも優しく話しかけてくれて、笑った顔が犬みたいにかわいい人でした。
とても優しいのですが、仲良くなるに連れてSっ気の部分もあることがあり、そのギャップに私はやられました。

私は結構気が強くSっぽく見られがちなので、周りの人はなかなかS発言をされないのですが、その人は爽やかにジョーダンを言ってくれてなんだか新鮮な感じで嬉しかったのです。

またお互い兄弟構成が中間子という共通点があったり、私は海外へ一人旅することに憧れていてましたが、その人も一人で海外に行くことが好きで共通の話があってすぐに仲良くなりました。

スポンサーリンク

告白したが「妹のようにしか思えない」と振られてしまった

失恋したのは、今から3年前の、23才の時です。大学を卒業して社会人2年目の秋頃でした。
22才の冬に出会って、その後何度か遊びに行ったりして、10ヶ月後位に告白をして振られました。

出会ってから一年近くかけてゆっくりと距離を縮めようと頑張りましたが、最後は告白して振られてしまいました。
お互い仕事で忙しく、家も少し離れていたのでなかなか会える機会が少なく、それでもことあるごとに連絡をしてはデートに誘いました。

一度も相手から誘ってもらえたことはなかったのですが、少し遠い距離でも遊んでくれてたり、バイクにも乗せてくれたり、とても楽しい時間を過ごしました。
一緒にいても疲れない感じで、居心地も良く親しくなったかなーと思った頃に告白をしましたが、「妹のようにしか思えない」

という理由で振られてしまいました。

もちろんとても落ち込みましたが、相手の気持ちはなんとなく恋愛の好きではないな、と思っていたので、すぐに立ち直りました。

その後も友達として遊びに行ったりできる関係だったので、またチャンスがあればいいなと思っていました。

失恋後は次の新たなやりたいことの目標に向かって頑張った

すごく落ち込むことはなかったですが、友達にたくさん話を聞いてもらいました。
また、仕事も忙しかったり、次の新たなやりたいことの目標などもあったのでそれに向かって頑張りました。

前の恋愛に固執しすぎず、いろんな楽しいことを見つけよう

失恋は本当に苦しいけれど、必ず時間が解決してくれるはずです。
もちろんすぐに前向きに次に進むなんてできるわけないけれど、それでいいんだと思います。
ゆっくり時間をかけていいと思います。

もう恋なんて面倒だという時期もあると思いますが、それもまた、それでいいんだと思います。
そういう時期もあった方が、また恋に前向きになれると思うので。

今は美味しいもの食べたり、いろんな異性ととことん遊んだり、やりたいこととことんやったり、恋人や好きな人がいないなりの楽しみを見つけた方が絶対得です!

あまり前の恋愛に固執しすぎず、いろんな楽しいことを見つけてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事