ファッション

初心者でもセルフジェルネイルはできる!押さえておきたいポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セルフジェルネイル

指先が綺麗な女性って異性だけではなく、同性からも好感度が高いですよね。おしゃれは指先からというように、指先は面積が小さいわりについつい目がいってします部分でもあります。

常に綺麗な指先でいたいと願う女性は多いと思いますが、その反面マニキュアは剥がれやすかったり、ネイルサロンは毎月行くには高すぎたりと…様々な弊害があります。

スポンサーリンク

実際にセルフ・ジェルネイルに挑戦してみて気づいた事や、押さえておきたいポイントをご紹介します〜

下のネイルは、セルフジェルネイルを初めて1ヶ月頃の自分のネイルです。練習のために色々な種類を試した時のものです。

実は、今回は私にとっての二度目のセルフジェルネイルへの挑戦でした。一度目は二年程前に、自己流でできると思いネットで数万円のキットを買ってみたもののやり方がわからず、そのキットは実家のお蔵行きとなりました。しかし今回再挑戦をしてできるようになったコツや、二年前の私のような失敗をしないためのポイントをいくつか紹介します。

最初に自分がどのようなネイルを、どのような場面でしたいかを考えてみます。

例えば・・・OLなどの職業で常にシンプルなネイルをしていたいのか、それとも難しいデザインにも挑戦してみたいなどです。

一方でイベントの時だけのセルフジェルネイルはあまりオススメできません。年に数回だけイベントの時などしかネイルを必要としない人は、時間制で定額料金のアートやり放題のお店をみつけておくと、安くてハイデザインのネイルを楽しめますよ。

まずはどのようなタイプかを知る事で自分にあった商品や方法を選べると思います。

シンプルなセルフジェルネイルをしたい人には

手軽なジェルセット(ネットや店頭で売っている比較的安価なもの)できれば筆などを使わなくてもよい、マニキュアのようなタイプのジェルが使いです。ラメグラデーションや一色塗り、シールやシールタイプのストーンなどを利用すると簡単にネイルサロンのような仕上がりになります。

本格的なネイルを考えている人

ネイリストまでではなくても、ネイルが好きでハイデザインにも挑戦したい人や、お友達などにもネイルをしてあげたい人はこちらのタイプですね。

こちらのタイプの人は、ハンディーなライトよりも手を入れて硬化するタイプのほうがおすすめです。ジェルも筆でとるタイプのほうが筆を使いわけて色んなデザインに挑戦できるからです。しかし、シンプルネイルよりも難易度はあがるので練習時間も必要になってきます。

また、ライトの種類もUVライトだけではなく、UVライトの半分の時間でジェルを固められる(30秒くらい)LEDライト、LEDライトでも軽量化された手のひらサイズの商品などライトだけでも使用する目的によってたくさんの種類から選ぶ事ができます。

ジェルの種類も様々で、UVライトでしか固まらないもの、LED対応のものなどジェルの使用感などでライトを選ぶ人も多いです。

最近のジェルは、化粧品雑貨店などで初心者でも簡単に塗れるマニキュアタイプのジェルもあり、従来のように筆を用意する必要もないタイプもあるので初心者でも簡単に塗れます。

シンプルデザインに挑戦したくて、自宅で気軽にセルフジェルネイルを楽しみたい人には店頭で売っている小さなキットから初めることをおすすめします。

夏もすぐそこまできているので、フットネイルなども手軽でお家でできると綺麗になれて楽しく節約もできますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事