片付け

掃除・片づけに取り掛かる前に!準備体操のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掃除や片づけは毎日しなければならないものですが、なかなかやる気が起こらないこともあると思います。
むしろ、「やる気が起こるのは年に数回で、だいたい毎日やる気が起こらない」なんていう人も多いのではないでしょうか。

何を隠そう、筆者ももともとはそういうタイプで、とにかく家事をするのがキライでした。
でも、今は毎日ちゃんと家事をしています。仕事をしながらなので家中隅々まで磨き上げているわけではありませんが、お客さんには褒められるレベルにはなっています。

今回は、そんなわたしが実践している、「準備体操」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

家事に準備体操……?

たかが家事、されど家事です。
家事をするぐらいのことで、準備運動なんていらないと思われるかもしれませんが、準備体操をするのとしないのとでは、家事の捗り方が全然違うと思います。

運動をする前には必ず準備運動をしますが、家事の前にも準備運動をすることによって、とっても良い効果があるんです。

体が温まり、体の動きがスムーズになる

専業主婦の方は特にそうだと思いますが、朝のうちに掃除や片づけを終わらせますよね。
でも、朝は体がまだ起きていません。
だから、一つひとつの動作が「よっこらしょ」という声を伴うことも。

そう、体の動きが悪く、なんとなくだるい感じがするものなんです。
でも、準備運動をすると血行が良くなって体が温まるので、体を動かすのがだるくなくなるんですよ。

頭も冴えてくる

準備運動をすると血行が良くなりますが、そうすると、頭も冴えてきます。
朝は、頭がぼーっとしますよね。筆者なの場合なんて、布団から出てから2時間ぐらいかかって、ようやく頭が起きてくる感じです。

すると、家事をしようにもぼーっとしながらなので効率が悪いですし、「あ~!あれ忘れてた!」なんて、やろうと思っていた家事を夕方ぐらいに思い出す、なんていうことにもなりかねません。
準備運動をすると、頭も目覚めてくるので効率よく家事をこなすことができますよ。

ダイエット効果も!?

準備運動にもいろいろありますが、慣れてきたらしっかりめに体を動かすのがおすすめです。そうすることによって代謝があがり、その後におこなう家事も含めてけっこうな運動量になります。
カロリー消費が増えるということになりますから、それだけダイエット効果も期待できると言えるでしょう。

付け加えると、体が温まるので、冬は暖房をつけなくても耐えられる、というメリットもあります。
朝は特に寒いので暖房をつけっぱなしにしてしまいがちですが、しっかり準備運動をしていると、暖房をつけなくても、なんなら窓を全開にして家事をしていても寒さを感じないですし、家事が終わってからしばらくは体が暖かいままなので、それだけ暖房費を節約することができますよ。

準備運動の方法

では、どのような準備運動をすれば良いのか紹介しましょう。

深呼吸

まずは、深呼吸から始めます。
深呼吸も、真面目にやればけっこう体力を使うものです。5~6回ほど繰り返せば、体がぽかぽかしてくるのを感じられるのではないでしょうか。

腕を伸ばす

掃除や片付けでは手を使う作業も多いので、腕をしっかり温めておくのがおすすめです。手を組んで上にぐ~ッと伸ばしたり、そのまま左右に倒したりして、腕をはじめ上半身の筋肉をほぐしていきます。このときも、深呼吸しながらおこなうとより体が目覚めてきますよ。

脚を伸ばす

脚も、しっかりほぐしておきます。
アキレス腱伸ばしの他に、膝を腕で抱え込むようにして太ももの裏側を伸ばしたり、反対にかかとをお尻につけるようにまげて太ももの表側を伸ばしたりして、脚を温めていきます。

慣れてきたら筋トレも!

アサイチで体を動かすことに慣れてきたら、さらに運動量を増やすのもおすすめです。腹筋やスクワットなどの筋トレをしたり、階段を利用して踏み台昇降をしたりして、体をしっかり動かしてみましょう。ちなみに、踏み台昇降は有酸素運動なのでダイエット効果大です。

準備運動は3分程度でOK!

準備体操は、なにも10分も30分もやる必要はありません。
はじめのうちは特に、あまり長時間運動すると準備運動自体が苦痛になってしまいますので、自分が気持ちいいと感じる程度で大丈夫です。

筆者の場合は、洗濯の準備の時間を利用して準備体操をしています。
筆者は洗濯に石鹸を使っているので、お湯を貯めているあいだや石けんを泡立てているあいだの時間が手持無沙汰になります。この時間を活用して、体のあちこちを伸ばして体をほぐし、洗濯機を回し始めてから家事に取り掛かるようにしています。

そうすることによって体が良く動きますし、とくに冬は朝体が凝り固まっているのがいい感じにほぐれるので準備体操は習慣になっているほどです。

一度始めるとけっこう長続きする人も多い気がするので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事