片付け

収納を減らせば部屋が片付くようになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋が片付かなくて困ったら、どうしたら良いと思いますか?
多くの人は、
「そうだ!収納を増やせばいいんだ!」
と思いがちです。

部屋が片付かないのは収納スペースが不足しているからであって、収納スペースを増やせば今散らかっているモノもその中に納まる、というように考えるわけですね。

スポンサーリンク

収納を増やすと部屋はますます散らかります!

残念ながら、部屋が散らかっているからと言って収納家具や収納グッズを買うというのは不正解です。

今までにも、みなさんは収納家具を買ったことがあると思いますが、その結果どうなりましたか?
必要に応じていろんな収納家具を買い足してきたものの、何年経っても、何十年経っても、一向に部屋は片付かないのではありませんか?

わたしたちは、そのとき持っているモノの量に応じて収納を増やしがちです。
何年もかけて、少しずつモノの量は増えていきますから、少しずつ収納が足りなくなって、少しずつ収納家具を買い足していきます。
その結果、はじめはクローゼットや押入れに納まっていたものも納まりきらなくなり、室内にも収納家具を増やし、いつのまにか居住スペースがどんどん少なくなっていくのです。

引越しをしたことがある人なら分かるかもしれませんが、引越しで荷物を搬出して家の中が空っぽになると、その家が妙に広く感じるものです。逆に、入居前はとても広く見えた新居も、荷物を搬入すると一気に狭くなってしまいます。
それだけ、わたしたちはたくさんのモノを持っているわけですね。

収納を減らそう!

一見矛盾するようなことに思えますが、収納を減らすと片付くようになります。
大きい本棚を処分して、使い道に困っているカラーボックスを本棚として使ってみてください。すると、カラーボックスに治まりきらない分の本は処分するしかないので、本の量が減ります。
本の量が減ると管理が楽になるので、散らかりにくくなり、少し散らかっても少ししか量がないのですぐに片づけられます。

これは、衣類でも靴でも、なんでも同じです。

片付かないのは、収納スペースが不足しているからではなく、本来は処分すべきはずのモノをいつまでも持っているせいでモノの量が多すぎるからなんです。

本当は、自分で不要なモノを判断しつつモノの量をコントロールしなければいけないのですが、なかなかモノを処分できない、という人は、収納から処分していくのがおすすめです。そうすることによって必然的に中のモノも減らさなくてはならなくなりますし、モノの量を減らした結果、片づけやすい家になっていくのです。

自分なりの目標を考えてみよう

収納を減らす際に、自分なりの目標を設定してみてください。
今まで、モノの量が増えるたびに少しずつ収納家具を買い足してきた人の場合、カラーボックスやミニチェストなど、こまごまとした収納もたくさんあると思います。それらを、どこまで処分するのか考えましょう。
たとえば、「リビングの壁の一面は何も収納を置かないようにしてスッキリさせよう」というのもいいですよね。

また、モノを手放すことに慣れていない人は、「とにかく一つだけ捨てる」というのを目標にしてもいいです。
すでにある程度すっきりとした暮らしを実現させている人なら、「備え付けの収納しか使わないようにして、それ以外の収納は手放す!」と決めても良いかもしれません。
筆者も、収納は増やさないようにしていて、家族がいるので仕方なく置いている収納家具もありますが、基本的には洋服を入れるチェストは押し入れ内に収納していますし、本棚も押入れの中に入れていますし、押し入れやクローゼット以外の居住スペースには極力収納家具を置かないようにしています。

そうすることで片づけが楽になりますし、もっと言えば、家具が少ないと掃除も楽になるので、家事がはかどりやすくもなるんです。
部屋が片付かないという人は、試しに収納家具を処分してみましょう。
はじめは抵抗があるかもしれませんが、すっきりとした暮らしはきっと病み付きになると思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事