片付け

「思い切って捨てる!」を経験すれば片付く部屋になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

片づけができない人の多くは、片づけができないというよりも、「モノが捨てられない」ということが問題です。
「もったいない」「まだ使える(今は使ってないけど)」「欲しい人がいればあげようと思っている」などなど、何かと理由を付けてモノを捨てようとしません。

でも、思い切ってモノを捨ててみたら、一気に部屋が片付くようになるんですよ。

モノを捨てるのには罪悪感がある

たしかに、モノを捨てるのは良くないことです。
せっかく買ったものなのに
限りある資源なのに
環境に良くないのに

モノを捨てるのが悪いことだ、という認識は間違っていません。

でも、それでも捨てる必要はあるんです。

スポンサーリンク

「反省」するために捨てる

ここ10年ぐらいのトレンドかな、と思うのですが、片づけ・収納関連の本を見ていても、モノを捨てることに重点を置かれているものが多いですよね。
それはなぜかというと、これだけ便利な世の中になって、格安でなんでも買えるようになったために、モノを持ちすぎる人が増えたからです。

必要以上にモノがあると、片付きません。
片付けるには、まずモノの量を適正にしなければならない、ということです。

つまり、片づけ本で「モノを捨てろ」と言っているのは、悪いことをせよ、という意味ではなく、「今までムダなモノをたくさん買ってきたことを反省せよ」ということなのではないでしょうか。

そもそも、ちゃんと長く使えるモノ、自分が大事にできるモノだけを買っていれば、モノを捨てる必要はあまりありません。
また、ちゃんとお手入れをしていれば長く使えるモノだったのに、自分がちゃんとお手入れをしなかったから、ガラクタになってしまって処分に困るモノが増える、ということもあります。

モノを捨てると、罪悪感が生まれます。
捨てるモノの量が多いほど、罪悪感も大きくなります。
罪悪感を感じると、「もう二度とこんな思いはしたくない」と思うようになります。

すると、その後は無駄なモノを買わないようになり、また、買ったものはきちんとお手入れして大事に使うようになり、モノを捨てるようなこともほとんどなくなっていくのです。

捨てるべき「捨てられないモノ」を捨てよう

モノを捨てる罪悪感を経験することによってモノの買い方や扱い方は変わります。すると、家にあるモノはきちんと管理できるようになるので、片づけもしやすくなります。

ところが、「もったいない」などと理由をつけてモノを捨てない人は、いつまで経ってもこの罪悪感を経験することはできません。罪悪感を経験しない限り、いつまでもいい加減な気持ちでモノを買い、買ったモノを大事に使わず、もう捨てた方がいいようなモノでもいつまでも持ち続けて片付かない家に住み続けることになります。

だから、とにかく何か、今まで捨てるのを先延ばしにしてきたモノを処分してみてください。
子供が幼稚園で作ってきた作品(カビ付き)とか、もう着てないけど高かったコート(ダサいデザイン)とか、「きっと捨てた方がいいんだろうな」と思うようなモノを、一つでも良いので捨ててみてください。

もちろん、本当に捨てたくないモノに関しては捨てる必要はないのですが、カビが生えていたり、服なら毛玉がたくさんついていたりしてとてももう使わない、というようなモノに関しては、潔く処分してしまいましょう。

そして、その時に感じる罪悪感をたっぷりと味わってください。
そうすれば、少しずつかもしれませんが、買い物の仕方や、家にあるモノの扱い方も変わってくるはず。

自分の中で意識の変化を起こすことによって片づけもするようになりますから、ぜひ何か一つでも、捨てることにチャレンジしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事