片付け

片付けは「時間ができたら」とか言ってる場合ではありません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

片づけをするのって、体力も時間も必要です。
日常の片づけであれば10分程度で終わるはずなのですが、少しずつ散らかり続けた部屋というのは、そんなにすぐに片づけられるものではありません。

また、片づけというのはしなくても生きていけるので、余計に先送りしてしまいがち。
とりあえず今日着るものがあって、必要なモノが探せば見つかる状態ならば、そのまま生きていくことはできるんですよね。
だから、「また今度やろう」「落ち着いたらやろう」と思いつつ、先延ばししてしまうのではないでしょうか。

スポンサーリンク

片づけを先送りすることによる損失

みなさんは、部屋が散らかっていることによる損失について考えたことはありますか?
おそらく、ほとんど考えたことが無いと思います。

「部屋は片付いている方がいい」ということは分かっていても、具体的には考えることってありませんよね。
では、試しに考えてみましょう。

時間のムダ

まず、部屋が散らかっていると時間を無駄に使ってしまいます。
必要なモノがすぐに取り出せず、「あれ?どこに片付けたっけ?」とモノを探すことがどれぐらいありますか?
1日10分ほどをモノを探す時間に充てているとしたら、1週間で1時間10分、1か月では5時間もの時間をモノを探すことに使っています。

もちろん、部屋を片付けるのにも時間はかかるのですが、毎日片づけに10分かけてキレイな家で暮らすのと、毎日10分をモノ探しに費やして汚い部屋で暮らすのでは、どちらが良いでしょうか?

お金のムダ

次に、部屋が散らかっているとムダ買いをしてしまいます。
特に日用品のストックは、部屋が散らかっているほど過剰なストックになりがちです。
家が散らかっているとストックした日用品も埋もれてしまい、何をどれだけ持っているのか分からなくなってしまいます。その結果、ドラッグストアで特売を見かけるたびに食品ラップやトイレットペーパーなどを必要以上に買ってしまうのですね。

過剰なストックを持っていると部屋が狭くなって片づけにくいだけでなく、忘れ去られたストックは湿気たりカビたりして品質が劣化し、使ことなく捨てなくてはならなくなることもあるんです。
そうなればお金のムダになりますよね。

片づけを老後の楽しみにしない!

徹底的に片づけをして、すっきりとした家に住みたい!
そう思っていても、現実には時間がなくて、諦めている人も多いと思います。
「いつか時間ができたら片づけをしよう」と思っているわけです。

でも、そんな、ことを言っているうちにあっという間に年月は過ぎて行きます。
いつのまにか歳をとってしまって、時間ができる頃=老後、みたいなことになってしまいます。

「老後はやることもないだろうから、その時にはしっかり片づけをして、余生を楽しもう!」
なんて思っていてはいけません。

なぜなら、年齢を重ねれば重ねるほど、片づけは大変になっていきます。
徹底的に片づけをするのには、体力が必要です。

そして、体力は年齢を重ねるとともに低下していくものです。

やっと時間ができたころには、体力がなくなってとても片づけができる状態では無いかもしれないのです。

片付けも勉強やダイエットと同じで、若いときほど効果が出やすいものです。
みなさんも、学生時代に比べると記憶力や体力が落ちていることを実感されているのではありませんか?
20代~30代ぐらいならまだ元気だと思いますが、40代、50代と年齢を重ねていくと体力の低下はさらに重大な問題になってきます。

今すぐ片づけを始めよう!

散らかった部屋は、お金や時間を浪費する暮らしを強いられます。
また、いつか時間ができたら片づけようと思っていても、時間ができる頃には体力がなくなっています。

ぜひ、体力のあるうちに徹底的に片づけて、暮らしやすい住まいを作り、時間もお金も浪費しない家にしてください。
そのためには、なるべく早くに片づけに着手する必要があります。先延ばしにしないで、早めに片づけを終わらせてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事