片付け

片づけられる人になるための、洋服の買い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

片付けられるようになりたいなら、まず家に入ってくるモノたちを厳選する必要があります。
というのも、際限なくモノを増やしていては、よほどの収納マニアでない限りは心が折れてしまって片づけができなくなるからです。

最近は、「持たない暮らし」が流行っています。
不要なモノ、過剰なモノを持たずに、最低限の、しかもお気に入りのモノだけに囲まれてすっきり暮らすのが良い、という考えですね。

そこで今回は、片づけられるようになってすっきり暮らしたい人のために、洋服の買い方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

モノを増やし過ぎないための買い方

「洋服の買い方なんて誰でも知ってる!」
と思われるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

片づけが苦手な人が、もっとも手を焼いているのが洋服だと言えます。
たいていの人は大量に服を持っていて、自分がどれだけの服を持っているかも把握していません。

洋服をきちんと片づけられるようになれば、他のモノもたいていは片づけられるようになるものです。
そのためには今あるモノを整理して不要なモノは捨てることも大切ですが、今後不要なモノを買わないように、買い物の仕方にも気を付ける必要があります。

「可愛い!」だけで買わない

ぶらぶらとショップを見て回って、「これ可愛い!」「これ今流行ってるやつ!」と直感的に買うのはやめましょう。
直感的と言いながら、たいていの人は上手に直感が働いていないので買い物で失敗してしまいます。

実際、買ったけどイマイチだった服、可愛いけど似合わない服ってけっこうありませんか?
そのときの勢いだけで服を買ってはいけないのです。

買うモノを研究する

いきなり服を買いにいくのではなく、服を買うのはしっかり研究してからです。と言っても別に難しいことはなく、ファッション雑誌を読むだけです。

ファッション雑誌を買ったら、それをしっかり読み込みます。
そして、その中で「素敵!!」と思えるコーディネートをピックアップします。

さらに、そのコーディネートが手持ちの服でできるかどうかを検証します。
たいていは、手持ちの服で間に合うものも多いんですよ。
そして、手持ちの服では足りないものだけを、欲しいものリストに書き込みます。
(手帳などに「欲しいものリスト」というページを作ってください。)

筆者の場合ですが、この方法で服を買うようにするとシーズンごとに2~3着買う程度になります。
まったく買わないシーズンもあります。

一人で買い物に行く

服を買いに行くときは、一人で行きましょう。
一人で行った方がじっくり見られますし、友だちの意見に流されることもありません。

結婚されている方の場合は旦那さんと一緒に行って買ってもらう、というのも良いですが、その場合も下見は一人でしておきましょう。
欲しいものリストに入れた服も、そのブランドのその商品にこだわるのではなく、似たようなモノでさらに良いものがあるかもしれませんし、もしくは格安で売っているものを見つけることもありますので、いろんなショップを見て回ってくださいね。

絶対に試着する

買い物で失敗しやすい人は、試着をしていないことが多いです。
「店員さんに声をかけるのが恥ずかしい」とか「面倒くさい」とか理由はいろいろあると思いますが、試着無しに洋服を買うのは絶対にいけません。

筆者なんて、自分の体型を過信しすぎて試着すると期待はずれなことも多いです。同じような服でも着てみるとシルエットがぜんぜん違いますので、納得いくものが見つかるまでいろいろ試着してみましょう。

靴やバッグも同様に!

洋服だけでなく、靴もバッグも、同様の方法で買うようにしましょう。
ぶらぶらとショップを見てまわりながらフィーリングで決めてしまうと、手持ちの服に合わなかったり、いざ買ってみたものの結局あまり使わない、なんていうことも起きがちです。

しっかりと品定めした上で買うようにすれば必要以上にモノが増えることがありませんし、それだけ片づけもしやすくなります。
さらに、ちゃんと納得のいく買い方をしたものというのは愛着もわくので大事に使いますし、大事にすると服も長持ちするので買い替える頻度が長くなり、服を買う機会自体を減らして節約にもなりますよ。
ぜひ、買い物をするときの参考にしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事