片付け

「袋からすぐ出す!」でモノが増えすぎない暮らしを実現!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは買い物をしたときや、プレゼントをもらったとき、家に帰ったらすぐに開封しますか?
それとも、「また今度ゆっくり開けよう」「今は必要ないからこのまま押し入れに入れよう」と置いておきますか?

実は、片づけが苦手な人には、後者が圧倒的に多いのです。
逆に、片づけ上手な人は、袋などに入っているモノはすぐに開封してしまいます。

スポンサーリンク

どうして、包装されたままだと片付かないのか?

すぐに使わないモノは、包装された状態で収納しておく方が傷みにくい、と思っていませんか?
たしかに、衛生用品などは包装のままストックしておく方が品質低下にならずにいいのですが、なんでもかんでも包装のまま置いておくのはダメなのです。

かさばるからダメ!

包装紙や袋というのは、薄っぺらいものですが、それでもかさばります。
みなさんも、ショップ袋やスーパーの袋なんかを「何かに使うかも」と思って保管されていると思いますが、けっこうかさばりますよね?
包装されたままのモノというのは、少しずつではありますが、カサをとって収納スペースを侵食していきます。
包装を外して収納するだけで、収納スペースが劇的に広くなるはずですよ。

包装されているモノは使わない

いただきモノなんかは特に、自分で必要として買ったものではないので、包装されたまま保管しがちです。
「お客様用のタオルにしよう」とか思って収納しておくのですが、いざお客様が来たときにはその存在を忘れてしまって、とうとう使うことなく数年後に押入れの奥から発見される、なんていうこともあります。

基本的には、ちょっと良いタオルとか高級な紅茶なんかも、すぐに包装を外して、自分で使うのがおすすめです。
というのも、そんなに頻繁にお客様が来ることはないからです。
年に何回あるか分からない来客のために、かさばる新品のモノをストックするのはムダだと言えます。

もちろん、頻繁に来客がある場合は、来客用に使うのもOKです。
その場合は、「来客用」というカテゴリの収納を作り、タオル以外にもティーカップやコースターなどなどおもてなしグッズをひとまとめにしておくのがおすすめですよ。

開けるのが面倒くさい

今使わないからと言って包装がついたまま収納してしまうと、今度は使おうと思っても包装を外すのが面倒くさくなります。
洋服なんかは特にそうですが、袋に入ったまま、もちろんタグもついたまま、という状態で収納していると、朝の忙しい時間にそれを外して着る、というのは面倒ですよね。
だから、「今日はいいや」というのが続いて、とうとうシーズンが終わるまで袖を通さない、ということになります。

最近はゴミの分別も細かいので、洋服の包装に関しても一般ごみとプラスチックと金具と、というように分けなくてはなりません。
ですから、買ってきたらすぐに包装を外して、すぐに着られる状態にしておいた方がいいんですよ。

包装を外せば片づけやすい!

包装されたままのモノは、かさばります。
包装を外してしまえば、他のモノと同じように収納ができて、部屋の中が片付きますね。

また、包装されたままになっていることによって一向に出番が無いモノたちのために収納スペースを使うというのは、「不用品を溜めこんで散らかっている」状態と同じです。
買ったものやいただいたものが不用品にならないように、きちんと包装から出して、いつでも使える状態で置いておくようにしてくださいね。

片付けのしやすさを考える上では、モノの量を減らすこと、不要なモノを持たないことが重要です。
せっかく買ったモノなのですから、ムダにしないようにきちんと使うようにしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事