お部屋探し

ペットを飼っていなくても「ペット可」かどうかを確認すべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットを飼っている人が引越しをする場合は、「ペット可」の物件を探さなくてはなりません。
そうでないとペットを手放さなくてはならなくなります。

でも、ペットを飼っていない、これから飼う予定が無い人でも、ペット可かどうかは確認しておくことが大切です。

ペット可かどうかは必ず確認を!

ペットを飼っていない人が、ペット可の物件に住むことはできます。
でも、それによって問題が生じる場合もあるんです。

スポンサーリンク

ニオイの問題

ペットには、独特のニオイがありますよね。
飼い方によってニオイを軽減することはできるのですが、どの飼い主でもきちんと対策をしているわけではありません。
隣の部屋の人がいい加減な飼い主だったら、ニオイ問題に悩まされる可能性があります。

騒音の問題

犬は吠えます。
鳴き声がするペットの場合は、騒音で悩まされるかもしれません。
これも飼い主のしつけ次第ではあるのですが、良い飼い主ばかりとは限りませんし、苦情を言っても改善されるとは限らないので、特に騒音に敏感な人はペット可の物件は避けた方が良いでしょう。

ペットが侵入してくる問題

あまり無いとは思いますが、他の部屋のペットが自分の家のベランダや室内に侵入してくることもあります。
猫を野放しにして飼っている場合、猫は自由に歩き回りますから、ベランダが荒らされる可能性もあります。また、ベランダに置いているモノが原因でどこかのペットをケガさせてしまい飼い主にクレームを入れられるなんていうトラブルもあり得る話です。

気になる人は、ペット可の物件は避けよう

特に、ペットを飼ったことがない人の場合は、ペットに対して抵抗を持っていることもありますから、ペット可の物件に住むことでストレスが溜まってしまうかもしれません。

筆者もペットは飼ったことがなく、犬や猫を可愛いとは思うものの触ることができない(犬に噛まれたトラウマ)ので、ペット可の物件は避けたいです。

「子供可」の物件も同様にチェックしよう

ペットと同様に、人によっては避けたいと感じるのが「子供」です。
子供も、走り回ったり騒いだりする生き物ですので、夜勤の人は昼間静かに寝られなくなったり、逆にこちらが深夜に友人を呼んで話していたら「うるさい」とクレームを入れられるかもしれません。

ファミリータイプの広めのマンション、アパートなどでは、当然子供がいる家庭も多いです。
子供に関しては、最近は「子供可」「子供不可」と書かれている物件もあるものの、なにも書かれていないこともありますから、子供がいない物件がいい場合はあらかじめ確認しておくようにしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事