恋愛・結婚

連絡が減ると不安?彼からの連絡が減ったときの考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋人とは、頻繁に連絡を取り合いたい。

そう思っている女性は多いです。
男性の場合はそこまでこまめに連絡しなくても平気な人が多いのですが、女性はこまめに連絡が欲しいと思っちゃうんですよね!

でも、付き合いが長くなってくると、彼からの連絡が減ってくることもあります。
連絡が減ってくると不安に思う女性も多いのですが、どのように考えれば不安な気持ちを払しょくできるのでしょうか?

スポンサーリンク

付き合いだすと連絡が減る男性は多い

付き合う前というのは、男性の方もこまめに連絡してくることが多いです。
「この人と付き合いたい」という気持ちがあるので、お互い、より相手に好かれようとするからです。

ところが、付き合いだすとその必要はありません。
もう付き合っているのですから、必死に連絡をしていなくても大丈夫、と思ってしまう男性が多いんです。

よく「釣った魚にエサをやらない」なんて比喩されることもありますが、別に悪気があるわけではなく、男性としては「もうがんばらなくていいんだ」と安心している状態だと言えるでしょう。
だから、付き合いだしてからすぐに連絡が減った、というのは不安になる必要はないんですよ。

徐々に連絡が減って気づいたら用件メールしかこない!

はじめは「おはよう」とか「今仕事終わったよ」などの行動を報告するメールや、もしくは「今日こんなことがあったよ」というような報告メールをくれていた男性でも、徐々にそういうメールが減っていくことがあります。

そして、「明日何時にする?」というような用件のあるメールしかよこさないようになってしまうのです。
すると女性としては「わたしに興味がなくなってしまったの?」と不安になってしまいますが、そんなことはありません。

付き合いだした途端に連絡が減る男性と同様に、付き合っていく中で徐々に安心感が生まれてきて、「話さなくても分かる」というような空気感になっているのです。

もし、これでデートのキャンセルが続いたりまったく連絡が来ない、ということになれば別ですが、用件メールがちゃんと来るうちは心配しなくても良いでしょう。

メールが一切来なくて電話だけになった!

中には、メールがぜんぜん来なくなって、たまに電話をかけてくる程度になってしまった、というケースもあります。

こういう男性の場合は、もともとメールが苦手な人が多いんです。
女性でもたまに、メールの返信が遅かったり全然メールをしない人っていませんか?

男性は、女性よりもそういうメール不精な人が多く、特に珍しいこともありません。
電話の方が話が早いですし、それに声も聞けるので電話の方がいい、という男性もいるということを知っておきましょう。

単純に忙しい

仕事などで忙しいときは、どうしても連絡が減ります。
他愛もない日常会話のメールだけでなく、用件のあるメールへの返信も忘れてしまうことだってあります。

男性は、女性と違って複数のことを同時進行にこなせないと言われています。
女性なら比較的「メール返さなきゃ」と頭のどこかによぎるものですが、男性は仕事に集中するとその他のことを忘れてしまうこともあるのです。

仕事が忙しいということであれば、そっとしておいてあなたは趣味や女子会など他の予定を入れて気分転換すると良いですよ。

マメに連絡をくれる男性の方が心配かも!?

男性の中には、付き合ってから年月が経っていても、いつまでもまめに連絡をくれる人もいます。
女性の理想としてはこういう男性が良いのかもしれませんが、そういう男性はそれはそれで不安です。

なぜなら、女性に対してマメに連絡ができる男性というのは女好きや浮気性の人も多いからです。
一概には言えませんが、確率としては高くなるので警戒した方がいいかもしれません。

女性を喜ばせるのが上手な男性は、男性自身に自覚がなくてもモテるので、それだけ浮気などの危険も身近にあります。
連絡をこまめにくれる男性を付き合っている場合は、はじめから浮気を疑うのはNGですが、その他の行動や言動から、怪しいところが無いかぐらいはチェックしてみても良いかもしれませんね。

総合的に判断しよう!

彼氏からの連絡が減る、というのはよくあることで、連絡が減ったからと言って「もう嫌いになっちゃったのかも」などと短絡的に考えるのはやめましょう。

忙しいとかメール不精とか、何かしら理由があることが多いので、普段の彼の様子を見て総合的に判断し、勝手に不安がって落ち込むのはやめましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事