結婚生活

夫婦円満の秘訣!?あなたは夫の話、聞いてますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦円満の秘訣は、きちんとコミュニケーションをとることです。
夫婦というのも人間関係の一つなのですから、コミュニケーションが大切なことはお分かりかと思います。

では、みなさんはどれぐらい夫婦のコミュニケーションととっていますか?

「たくさん話してるから大丈夫!」という人ほど危険

「うちは毎晩1~2時間は話してるから、ちゃんとコミュニケーションできてます!」
というほど、危なかったりします。

スポンサーリンク

あなたは会話だと思っていても、もしかすると会話になっていない可能性があるんです。

普段、夫と話す話題にはどんなことが多いでしょうか?
子供がいると、どうしても子供の話題が多くなると思います。
ではそのとき、こんなことを話していませんか?

「今日、太郎がこんなこと言ってさ~どーのこーの」
「そういえば○○君のところは△△なんだって!で、どーのこーの」
「□□君のお母さんと今日話したんだけどね、どーのこーの」

などなど、よくある夫婦の会話ですよね。
でも、ちょっと考えてみてください。

これ、話してるのは全部妻です。
夫は何をしているのでしょうか?

そう、自分では会話をしているつもりでも、実は
自分が一方的に話、夫に聞いてもらっている
という状態になっているんです。

夫の話を聞いた記憶はありますか?

夫婦間のコミュニケーションがきちんとできている方の場合は、夫の仕事に関する話なども話題として記憶に残っていると思います。

もし、最近夫の仕事の話や夫の友達の話などの話題が記憶にほとんどないなら、それは危険信号です。
女性はおしゃべりが好きですが、男性だって話したくないわけではありません。

それどころか、愛する妻には自分の話を聞いてほしいと思っていますし、さらに、愚痴を言えるのは妻にだけ、と思っている男性もたくさんいるんです。

仕事の愚痴も聞こう

愚痴というのは、基本的に気持ちのいいものではありませんし、できれば聞きたくないんですよね。
友だち同士で愚痴りあう、というのは筆者もあまり好きではありません。

でも、夫婦というのは他の誰よりも、近い存在で、心を許し合っているものです。
思いっきり愚痴が言える、唯一の相手だと言っても良いでしょう。

男性の場合は特に、他の人に弱いところや格好悪いところを見せたくないものですから、愚痴も妻にしか言えないということが多いです。
もし、普段あなたばかりが一方的に話していたら、夫ははけ口を失ってしまい、夫婦の関係も悪くなってしまう可能性があります。

夫の話を聞けば、帰宅時間も早くなる!?

男性がスナックやキャバクラなどに行くのはなぜでしょうか?
「男だけで飲んでるとむさくるしいから」とか「あわよくば……」なんていう理由もありますが、実は、「話を聞いてほしいから」という人も少なくありません。
小料理屋の女将、なんかもそうですよね。

そういう女性は、話を聞くのが上手です。
男性が上手くガス抜きできて、家庭や仕事で上手くいくように、という思いで話を聞いている女性も多いです。

でも、本来はそういうお店のお姉さんではなく、妻がその役割を果たせるのがベストなのではないでしょうか。
そのためには、自分ばかり話しているのではなく、きちんと夫の話を聞くことが大切です。

夫も、妻が話を聞いてくれるようになれば、自然と「早く家に帰りたい」と思うモノなんですよ。
たとえば幼稚園や小学校低学年ぐらいの子どもって、帰ってきたらすぐにマシンガントークを始めたりします。
「お母さんあのね!今日こんなことがあったんだよ!」と報告したくてたまらないんです。

夫でも、子供と同じように「早く話したい!」と思ってもらうことができれば、夫婦の関係は今以上に良くなり、夫婦関係が良くなれば仕事も上手くいき幸せな家庭が築けるはずですよ。

普段、もし自分ばかりが話しているような気がしたら、ぜひ夫の話にも耳を傾けるようにしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事