恋愛・結婚

仕事が忙しくても婚活したい!なら、自分の働き方を見つめ直そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代は、女性の社会進出が進み、女性でもバリバリ働く人が増えています。

でもそうなると、困るのが恋愛、結婚。

男性並みにバリバリ働く女性は、恋愛のチャンスを逃しやすいんです。

スポンサーリンク

彼氏が欲しくても時間が無い!

忙しく働いている女性は、彼氏が欲しいと思っていても時間がありません。
休みが無いわけではありませんが、休みの日だって
「友達と遊びたい」
「一人でゆっくりしたい」
「溜まっている用事を片づけたい」

などなどいろんな予定があるので、彼氏が入り込む隙がないんですよね。

そこまで忙しくない女性なら、相手の男性が忙しい人でも自分が時間を合わせることでデートの時間も作れます。
でも、男女ともに忙しい場合は予定を合わせることも大変ですし、また、仕事のトラブルによるデートのドタキャンなども多くなってしまいます。

今の働き方を見つめ直そう

忙しく働いている女性が彼氏を作ったり結婚したいと思う場合は、今の働き方を変えてみる、という方法もあります。

いくらがんばっても、仕事が多忙なうちは物理的に彼氏を作ったり、ましてや良い付き合いを続けて結婚に至る、というのは至難の業です。

それでも「いつかは結婚したい!」と思うなら、自分の働き方を変えるしかありません。

自分で仕事をセーブする

世の中に、そこまで忙しい仕事というのは実はそう多くありません。
たいていは、自分から忙しくしてしまっているのです。

いわゆる「ブラック企業」は別ですが、上司に強制されているわけでもないのに「でも、誰かがやらなきゃ仕事が回らない!」と思って自分で引き受けているわけです。
会社も、人が足りなければ人員を増やしますし、特定の社員に強制するようなことはありません。
要は勝手に忙しくなって勝手にキレてしまう、というような状態になっていないか、考えていただきたいと思います。

そのような状態になっている場合は、思いきって仕事をセーブしてみましょう。
「やるべき仕事」だけに集中して、「手伝い」や「がんばったらできそうだからやってみよう」という仕事は避けるようにします。
ある意味「図太くなる」ということでもありますが、あなたの周りの婚活成功者も、少なからずそういう調整をしている女性はいるはずです。

転職してしまう!

今の職場では、どうしても仕事がセーブできないという場合は、転職するという方法もあります。
忙しい女性というのはそもそおもがワーカーホリック気質で、忙しい環境になるほど生き生きしてしまったりします。もしくは優しい心の持ち主で、自分が無理をしてでも仕事を引き受けたりするので忙殺されてしまうんです。

その場合は、転職することで強制的に労働時間を減らすのがおすすめです。
「残業なし」「休日出勤なし」などの条件の仕事はけっこうあるものです。
パートやアルバイトとなると収入も大幅に減ってしまうので怖いですが、フルタイムでも比較的働きやすい仕事をすれば、時間のゆとりは生まれます。

それでも仕事がしたいか?それとも結婚したいか?

忙しい女性はワーカーホリック気質、ということを書きましたが、要は仕事が好きなんですよね。
忙しいことが好き、人に感謝されるのが好き、誰かのために尽くすのが好き、などなど。

ですから、「いくら結婚のためとは言え、今の仕事を捨てたくない」という思いはあると思います。
そういう人は、じっくりと「結婚か仕事か」ということを考えてみましょう。

もちろん、今の仕事を続けていたとしても結婚できないわけではありません。
たまたま時間を合わせてくれる男性が現れて、あなたの仕事にも理解を示してくれる男性なら結婚できるかもしれません。
その可能性にかけて、「最悪結婚できなくてもいい!」と覚悟した上で仕事を続けるという選択もあります。

ただ、それでも「仕事は好きだけど、やっぱり結婚はしたいし子どもも産みたい!」と思うなら、働き方を変えるという決断をしましょう。

結婚したり子供が生まれたりすれば、好きなように働くことはできません。ですから、今のうちからもっと働きやすい職場に転職し、いつでも結婚・出産できる体制を整えておく、ということも大切です。

結婚か仕事か――。
難しい問題ですが、先延ばしにせずにじっくり考えてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事