恋愛・結婚

男性に引かれてるかも?あなたは自分の後ろ姿に自信がありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性は、メイクにファッションと、身だしなみに気を遣うものです。
さらには、ダイエットをしてスタイルにも気を使っていますよね。

でも、残念ながら目が行き届いていない部分もあります。
それは、後ろ姿です。

スポンサーリンク

自分の後ろ姿を見たことがありますか?

普通に鏡を見るだけでは、自分の後ろ姿を見ることはできません。
後ろ向きに立って振り返ってみても、上半身をひねっているのでちゃんと見られませんよね。

でも、他の人はあなたの後ろ姿をよく見ています。
自分では「正面からの自分」ばかり見ているので気になったことすらないかもしれませんが、後ろ姿が残念な女性はけっこういるものなんです……。

筆者自身も、写真で自分の後ろ姿を見たとき、衝撃を受けました。
「……オバサン??」

当時20代前半だったわたしは、育児にかまけてほんの少し太っていたのですが、後ろ姿は完全にオカン体型になっておりました。
「少し太っただけ」と思っていたのは大間違いで、自分の認識よりも一回り大きいお尻、二回り大きいウエスト、そして若干の猫背。
かなりショックを受けたのを覚えています。

チェックポイントはここ!

他の人が、女性の後ろ姿で見ているところはこんなところです。

脚の太さだけでなく全体のラインや、歩き方は見られています。

脚は、正面から見たらそこまでひどくなくても、裏側は太ももにセルライトがびっしりついていたり、ひざ裏のリンパが詰まって妙にボコボコしていたりして、みっともない状態になっている可能性もあります。
また、歩き方は正面からまじまじと見られることはなくても、後ろ姿はつい見てしまうもの。
膝が曲がっていたりして汚い歩き方をしていると、すぐにバレます。

お尻

筆者は、他の人のお尻によく目が行ってしまいます。
キュッと締まったプリッとしたお尻なら惚れ惚れとみてしまいますが、そうでないお尻だと、ちょっと残念な気持ちになります。
ただ大きいというだけでなく、垂れていたり形が悪かったり。
小さなお尻でも、筋肉が無いと垂れている人もいます。

ウエストライン

背中から腰にかけてのウエストラインは、女性らしさを強調できる部分です。
でも、余分な贅肉がついていたりくびれが無かったりすると、女性らしさというよりはオカンらしさを強調してしまうことに。
特に、体にフィットした服を着ているときはウエストラインは気を抜けません。

姿勢

猫背になっていると、それだけで美しくありません。
猫背だと正面からみても印象が悪いですが、後ろから見るとさらに見栄えが悪いものです。

後ろ姿を意識したファッション&ダイエットを!

他の人にどう見られたっていい、と思っていても、さすがに好きな人に見られるのはイヤですよね。
でも、付き合っている以上は後ろ姿を見られることもあるのですから、油断はできません。

脚はむくみのケアを!

脚は、太さの問題以上に、むくみが問題だったりします。
太くない脚でも、むくんでいると一回り太く見えてしまいますし、また、ただ脂肪がついているだけの脚よりも、むくんでいる脚というのはラインが崩れやすいんです。
毎日お風呂上りにマッサージするなどして、むくみ対策を欠かさないようにしましょう。

お尻はエクササイズでヒップアップを!

お尻は、垂れているだけでスタイルが悪く見えてしまいます。脚も短く見えますしね。
ヒップアップをするには、補正下着を着るというのも手っ取り早いですが、根本的に解決するにはエクササイズしかありません。
お尻の筋肉を鍛えないとヒップアップはできないので、ぜひチャレンジしましょう。

ウエストラインはエクササイズ&ファッション!

ウエストラインに脂肪がつきすぎている場合は、とりあえずウエストが強調されないデザインの服を着てやり過ごすしかありません。
そして、それと同時に腹筋を鍛えたり、有酸素運動で脂肪を燃焼させたりしてキレイなウエストラインを作りましょう。

手が行き届いている女性ほど魅力的!

美しい女性というのは、毛先やかかとにいたるまで、すべてに手が行き届いているものです。
ですから、当然後ろ姿を見られたときのことも考えて、自分のスタイルやファッションを作り上げていきます。

毎日気を付けることは大変かもしれませんが、せめて好きな人とのデートなど「ここぞ」というときに失態をおかさないように、十分にチェックしてから出かけるようにしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事