結婚生活

専業主婦になることによって失う世帯年収はどれぐらいかを考えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、専業主婦になるということは、1億円もの収入を失うことと同じことだ、といった旨のコラムを読みました。

すごい衝撃ですよね。

そのときはただただ驚くばかりだったのですが、よく考えてみたら、わたしなりに思うことも出てきました。
そこで、「結婚したら専業主婦になりたい!」と思っている人のために、専業主婦になることによってどれぐらいの収入を失うことになるのか、というお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

本当に1億円もの収入を失うことになるのか?

まず、冒頭でお話しした内容について。
専業主婦になることによって1億円の収入を失う。

これは、筆者は大げさだと思います。

女性の正社員の平均年収は349万円なのだそう。
30歳で結婚した人が、この平均年収で定年(60歳)まで働き続けたら、その合計は1億470万円になります。
だから、「結婚を機に退職して専業主婦になれば1億円の損になる」という考えです。

でも、それは大げさです。

非正規雇用の女性の方が多い!

女性は、非正規雇用、つまり派遣社員やパートなどで働く女性の方が多いんです。
派遣社員の場合は正社員よりも稼ぎが良いこともありますが、パートやアルバイトだと正社員の年収には届きませんよね。
ですから、アルバイト社員の女性が結婚を機にバイトをやめたとしても、1億円もの損にはならないんです。

ちなみに、非正規雇用の女性の平均年収は143万円です。
143万円でさきほどの計算をやり直した場合、損するお金は4290万円となります。

専業主婦になれば夫の年収が上がるかも?

専業主婦には収入はありません。(資産運用で儲けている人もいますが)

ただ、専業主婦自身に収入はなくても、夫には収入があります。
そして、専業主婦の場合は家事・育児に専念できるため夫は安心して仕事に打ち込むことができます。
すると、夫は出世しやすくなり、もちろん年収も上がっていきます。

これが共働きの場合は、夫も仕事をセーブして家事分担をしなければならない場合もありますし、それによって出世に影響するようなこともあります。
ですから、専業主婦になると一概に損とは言えないのが実際のところではないでしょうか。

それでも、専業主婦は損である

一応、専業主婦になったからと言って大損することはありません。

と言いたいところですが、やはりよほど稼ぎのいい男性と結婚しない限りは、損と言っても差し支えないかと思います。
30代前半の男性の平均年収は434万円だそうです。
では、これぐらいの年収の男性と結婚したとして、何不自由ない生活ができるでしょうか?

筆者個人の意見としては、筆者は節約も好きなので、専業主婦に専念できるなら子供一人は余裕で育てられると思います。でも2人になるとキツいです。

それなら、妻もパートとかでいいので働いた方が、不自由なく暮らしていけると思います。

「パート主婦」の可能性を考えてみよう

パート主婦というのは、パートをしながら主婦業をする、ということです。
たとえば週に4日程度、1日5時間程度働いたとしたら月に90時間ほど。時給800円なら72,000円のお給料になります。
これだけあれば生活費の補てんとしては十分な額だと思いますし、しかも週に4日で1日5時間程度であれば家事にもさほど影響はありません。

専業主婦になると、大変な面ももちろんありますが、子供が生まれるまでのあいだや子供が大きくなってからは時間を持て余す人も多いですよね。
しかも、夫の年収が平均程度なら時間はあっても使えるお金はほとんどありません。

それなら、パートをしながら自分の小遣いで趣味を楽しむ方が、はるかに幸福度は高いのではないでしょうか。
もちろん、考え方は人それぞれではありますが、一般的な平均で考えると、専業主婦になることによって経済的には厳しくなる可能性が高いということだけは知っておきましょう。

これから結婚したいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事