結婚式準備の体験談

結婚式のゲスト、どこまで呼ぶのが普通?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式の準備で悩むのが、ゲスト。
誰を呼ぶのか、どこまで呼ぶのか、悩んでしまいますよね。

そこで、一般的にはどこまで呼ぶものなのか、ということについてお話ししたいと思います!

スポンサーリンク

ゲストはおもに3種類!

結婚式に呼ぶゲストは、

・親族
・会社関係
・友人

の3種類があります。

親族は、配偶者・子供も招待するのが一般的

親族とは、まずは親、兄弟姉妹。
そして祖父母。
それから叔父、叔母、いとこなどを招待します。

もちろん、普段の付き合いの仕方も様々ですので、叔父や叔母は呼ばない、というケースもあります。
どこまで呼べば良いのかは、今までの親族の結婚式を参考にしたり、もしくは親に聞いてみるのが一番です。

親族の場合は、配偶者、子供まで招待するのが一般的です。
たとえば姉の夫、姉の子供。
いとこファミリー。

子供NGの式にしたい場合も、親族の場合は呼ぶ場合もありますので、二人でどうするか相談しておきましょう。

会社関係

結婚式では、「主賓」を決めます。
主賓の挨拶をしてもらう人で、お礼としてお車代を包むのが一般的です。

主賓は、たいていは職場の上司にお願いすることが多いものです。
規模の小さい会社であれば社長にお願いすることもできますし、また、自分の部署の上司にお願いする人が多いのではないでしょうか。主賓は新郎新婦で1名ずつ決めます。
女性の場合、結婚を機に退職する人も多いですが、退職してしまってももとの職場の人を呼ぶのはごく一般的です。
ただ、呼ばなくてはならないわけではありませんし、最近は主賓無し、という結婚式もありますので、必ずしも会社関係の人が必要だというわけではありません。

友人

一番悩みやすいのは、ここではないでしょうか。
友人と言っても、「絶対に来てほしい!」と思える友人もいれば、「最近会ってないけど一応同じグループで遊んでたし……」と疎遠になりつつある友人もいるかと思います。

はっきりと「仲が良い人」「そうでもない人」と分けることができれば良いのですが、たいていは難しいです。
この場合は、まず、「ぜひとも来てほしい人」と「結婚式に呼んでくれた人」は呼ぶことにしましょう。

その他の友人については、人数を決めてしまってから誰を呼ぶか決める、というのもおすすめです。
二人で話し合って、「友人は20人ずつ呼ぶことにしよう」などと決めて、その枠内で選んでいく、ということです。

「疎遠になってる友達を呼んでも失礼にならないかな?」と思われるかもしれませんが、疎遠になっている友達でも結婚式をきっかけにまた交流が始まる場合もありますし、嫌いな人や苦手な人でないなら来てもらった方がいいかもしれませんよ。

ゲストの人数が新郎新婦で合わなくても大丈夫!

新郎新婦で、呼びたいゲストの数が違うことも多いです。
「新郎の親族は親と兄弟だけで、新婦の家では親族全員呼ぶのが普通」と言った慣習の違いもありますからね。
その場合は、気にしなくても大丈夫です。

ただ、トータルではバランスがとれるようにした方がいいかもしれません。
新郎のゲスト50人、新婦のゲスト10人、といった感じになるとさすがにアンバランスですし、雰囲気的にも新郎新婦のどちらかの友人が内輪ノリになってしまう危険性もあります。

親族が多い場合は友人を少なめにするなどして、二人のゲストの数が違いすぎないようには注意してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事