結婚式準備の体験談

二人で折半が普通?結婚指輪のお金はどこから出すべきなのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚指輪は高い買い物です。
そこで気になるのが、「結婚指輪の費用はどのように出すのか」ということ。

婚約指輪は彼からプレゼントされた、という方も多いと思いますが、結婚指輪まで彼が負担する、というのもかわいそうです。
では、一般的にはどのように負担するものなのでしょうか?

スポンサーリンク

カップルによってやり方はさまざま!

結婚指輪の費用をどこから出すか、というのはカップルによって全然違います。
ここでは、主なやり方を紹介しましょう。

二人で割り勘にする

二人で21万円かかったとしたら、10万5千円ずつ支払う、というように割り勘にするカップルもいます。
もしくは、「彼が12万円でわたしが9万円」というように、二人の収入に応じて負担割合を変えるカップルもいますよ。割り勘にする場合はお互いの収入も考慮した方がスマートだと言えるでしょう。

お互いに贈り合う

結婚指輪の内側には「○○to△△」というように刻印を入れることが多いですが、その意味の通りに、それぞれが相手の指輪の購入金額を負担し、お互いに贈り合う、という形をとるカップルもいます。

自分の分は自分で買う

二人が同じようなデザインの指輪を選んだ場合、女性の指輪の方が安くなることも多いです。サイズが違いますからね。
ですから、彼の指輪の方が高く、彼女の指輪の方が安く、自分の指輪は自分で購入、ということにした方が女性側の負担は減らせます。お互いに贈り合う場合は女性の負担が大きくなりますので、その点は気を付けておきたいものです。

二人のお金から出す

すでに結婚資金として二人でお金を貯めている場合は、その中から結婚指輪の費用もだします。もしくは、すでに一緒に住んでいて家計も一緒、という場合はその家計のお金から出すことになりますね。

お互いが納得できる負担の仕方を考えよう

二人の貯金があるとか、すでに家計が一緒、という場合は問題ないと思いますが、そうでない場合は購入前に少し話しておくのが良いと思います。

男性が「割り勘」と思っていて、女性が「彼が多めにだすべき!」と考えていたような場合はケンカにもなりかねません。
ジュエリーショップでケンカするのも恥ずかしいですから、買いに行く前に話し合っておいた方が良いと思いますよ。

結婚指輪は、平均購入金額が21.5万円と言われており、年々購入金額は上がっているそうです。
決して安い買い物ではないので、お金のことで揉めたり嫌な気分になることがないように、二人で話しあっておくようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事