結婚式準備の体験談

結婚指輪は絶対買うもの??結婚指輪を買わない場合のデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚する=結婚指輪をつける

ということはありません。
決まりではないのですから、結婚指輪をしなければならないということは無いはずです。

ということで、「結婚指輪は買わなくてもいいのでは?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、結婚している人はたいてい指輪をしているし、本当に買わなくても問題ないのか、ということは気になりますよね。
そこで、結婚指輪を買わない場合のデメリットをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

結婚指輪を買わないことのデメリット

・他人には既婚者だと分からない
・思い出の品になるものだから、後悔するかも
・正式な場所では指輪をつけるのがマナー?

ざっとこのようなデメリットがあります。
では、詳しくみていきましょう。

他人には既婚者だと分からない

結婚指輪を買わないことのデメリットでもっとも大きいのがこれです。
結婚指輪をしていることによって、その人が既婚者だということが分かります。
結婚していない人であっても、薬指に指輪をつけておくことによって異性からのお誘いを断れるようにしている人もいるぐらいですよね。
「虫よけ」としての効果はあるようです。

また、今後子供ができたりしたときにも、指輪をつけていないと「あそこの奥さん、母子家庭なのかしら?指輪してないよね?」なんて噂されてしまう可能性はあります。
個人的にはそんなこと気にしないでいいと思うのですが、そうやって言われることが苦手だと思う人は、結婚指輪をつけた方がいいかもしれません。

後悔するかも?

そのときは、「結婚指輪を買うぐらいなら新婚旅行を豪華にしたい」などと思っていても、年月が経ってから「やっぱり買っておいた方が良かったかも」と思うことはあります。
たかが指輪ですが、結婚指輪にはやはり二人の結婚に対する決意の思いが込められているものなので、つらいときに励まされるなど、意味はあると思います。
後悔しそうな気がするなら、買っておいた方がいいかもしれませんね。

正式な場所ではつけるのがマナー?

たとえば誰かの結婚式や、それから子供の入学式、卒業式などフォーマルな場では、いろいろとマナーがありますよね。
女性の場合は特に、「結婚しているのだからそういうときぐらいは指輪をした方がいいのかな?」と思われるかもしれません。

でも、別にそんなマナーはありません。
だから、気にしなくても大丈夫です。

ただ、フォーマルな場所というのは知り合い以外の人ともたくさん会うものなので、やはり「あの人どうして指輪してないのかな?」なんて思う人はいるかもしれませんね。

結婚指輪を買っていない人は案外多い!

ゼクシイによると、結婚指輪を購入するカップルの割合は全体の98.3%にものぼるそうです。
ただ、本当にこれだけの人が指輪を購入しているのか、ということについては疑問が残ります。
結婚式もしない、指輪も買わない、という人はたくさんいますし、筆者の周りでも、ちらほらいますので指輪を買わないカップルは実は思っているよりも多いのかもしれない、という気がしています。

そういうカップルが結婚指輪を買わなかった理由としては、このようなものがあります。

・ジュエリーをなくしやすいから
・金属アレルギーだから
・他のことにお金をかけたいから
・職業柄、指輪をつけられないから

買わなかったことで後悔している人はあまりいないように思います。
買わない理由は人それぞれですが、結婚指輪の必要性をそこまで感じない、という方は無理に買う必要はなさそうですよね。

買わなくて後悔する人はあまりいなくても、買って後悔する人はけっこういるようです。
そういう人は、
「せっかく買ったのにすぐになくしてしまった」
「金属アレルギーでつけられなくなった」
「もっと新居や新婚旅行にお金を使えばよかった」
「仕事中につけられないからほとんどつけていない」
など、指輪を買わなかった人の理由とかぶるところが多いですね。

結婚指輪は必ず買わなくてはならないものではありませんから、二人で話し合った上でどうするか決めれば良いと思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事