結婚式準備の体験談

結婚指輪は「普通のシンプルなものでいい!」という人の指輪選びは難しい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚指輪と言っても、本当にいろいろなリングがありますよね。

みなさんは、どんな指輪が欲しいと思っていますか?

結婚指輪に対する希望がいろいろある人もいると思いますが、
「ずっとつけるモノなんだから、飽きの来ないシンプルなものがいい」
と考えている人も多いと思います。

でも、シンプルな指輪を選ぶってけっこう難しいんです!

スポンサーリンク

シンプルな指輪ほどこだわってしまいます

結婚指輪を選ぶ上では、いろいろなことを決めなくてはなりません。

指輪の素材、リングの幅、デザイン、石をつけるのかつけないのか?などなど。

そして、シンプルな指輪が良いと思っていても、リング自体の幅やデザインは膨大にあるのでかなり悩んでしまいます。

素材選びで悩む!

「シンプルなプラチナリングでいいや」
そう思っている人でも、プラチナ以外の素材に目が行って悩むこともあります。
プラチナって高いですよね。
指輪自体に強いこだわりが無い人の場合は、「指輪にこんなにお金をかけるのはもったいないかも……」と思うかもしれません。
そこで候補に上がるのがゴールドです。

ゴールドと言ってもホワイトゴールドならプラチナと似たような色です。
(プラチナと並べるとけっこう違いますが)
さらに、女性はピンクゴールドやイエローゴールドも気になってしまい、けっこう迷います。実際、ゴールドも強度や傷のつきにくさなどはプラチナと比べても劣ることはないので、余計に迷ってしまうんですよね。

リングの幅で印象が変わる

凝ったデザインじゃなくて、シンプルな丸いリングがいい!
そう思っていても、リングの幅にはいろいろあります。ミリ単位どころか0.5ミリ単位でありますから、けっこう難しいです。
0.5ミリ違うだけでも、指につけたときの印象は変わります。
女性の場合は2ミリ~3ミリ程度が一般的かと思いますか、2ミリにするのか3ミリにするのか、それとも2.5ミリにするのか、ということでしばらく悩んでしまうのではないでしょうか。

シェイプで悩む!

シンプルな結婚指輪と言っても、シェイプ(デザイン)は主に2種類になるかと思います。
一つは、オーバルと言われる丸みを帯びた形です。
もう一つは、スクエアと言われる表面がまっすぐになっている形です。
いずれもオーソドックスな形ですが、どちらが自分の指に合うか、どちらが好みか、というのを決めるのはけっこう難しいです。
また他にも、少しカーブした形のモノなどもありますし、実際に見てみると「こっちの方がいいかも」なんて思ってしまいがち。そうなるとますます決められませんね。

仕上げも選べます

指輪の表面がつるっとしているものを「ミラー仕上げ」と言いますが、他にも少しくすんだ感じのヘアライン仕上げやマット仕上げなど、いろいろ選べるんです。
「ミラー仕上げが良さそうだけど、どうせ傷がつくんだからマットの方がいいかな?」なんて悩みだすと、なかなか決まらないものなんです。

シンプルな指輪ほど難しい

デザインや素材などにこだわりがある人の方が、指輪選びはスムーズにできると思います。
なぜなら、自分が希望する条件に合う指輪の数が限られているからです。限られた中から選ぶならそこまで時間はかかりません。

でも、シンプルな指輪を希望している人の場合、いざ見てみると条件に合う指輪の数が非常に多く、しかもセミオーダーも多いので自分で決めなければならないところがすごく多いんですよね。
そうなるとなかなか決められず、結婚指輪を購入するまでに時間がかかってしまうかもしれません。

でも、結婚指輪は一生ものですから、焦って決めるのではなくじっくり考えたいですよね。
ですから、シンプルな指輪を希望している人こそ、結婚指輪は早めに見に行くようにしましょう。
「挙式に間に合えばいいから」とのんびりしていると、最終的には焦って指輪を決めてしまうことにもなりかねません。

後悔のないように、早めに指輪を見に行って、じっくり検討するようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事