結婚式準備の体験談

結婚式はしなくてもいい?ジミ婚のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式は女性のあこがれ☆

なんて言われますが、案外そうでもありません。
たしかに、結婚式に憧れを抱く女性は多いものですが、中には興味が無い女性もいますよね。
「面倒くさい」「恥ずかしい」「お金がかかるからイヤ」などの理由で、結婚式をしない人もいます。

でも、「本当に結婚式をしなくても大丈夫かな?」と不安をお持ちの方もいるはず。
そこで、今回は結婚式をしないことのメリット・デメリットを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

結婚式をしないことのメリット

結婚式をしないということは、なによりもお金が浮きます。
結婚式には何百万円ものお金がかかりますよね。ご祝儀によって大半は取り戻せるとは言え、自分たちの負担は100万円ぐらいはかかるものです。
100万円あるなら、もっと新婚旅行を豪華にしたいとか、良い家具家電を買いたいと思う人もいるでしょう。

さらに、時間の節約にもなります。
結婚式の準備というのは、何度も打ち合わせに通ったりして大変です。
仕事をしていれば仕事との両立でへとへとになりますし、お互い疲れてしまってそれが原因でケンカになるようなこともあります。
それなら、結婚式の準備をしない代わりに二人の思い出をたくさん作っておく、ということの方がいいというカップルもいますよね。
では次に、結婚式をしないことのデメリットを紹介していきましょう。

節目のけじめがつきにくい?

結婚式に限らず、人生にはさまざまな「○○式」があります。
子供のころは入学式や卒業式、また、始業式や終業式などがあります。
大人になると成人式がありますね。

いずれも、たいして面白くはないものではありますが、それでも「節目をきちんと自覚する」という役割はあります。
節目を大事にすることで、自身の成長を実感し、今後の課題を考える機会にする、という意味では節目は大事だと言えます。

結婚式をしないまま結婚生活を始めると節目という実感がないまま結婚生活がスタートすることになる場合もあります。もちろん人によってはそれで問題ない場合もありますが、節目ということを考えてみて、やはり節目は大事にしたいと思うのであれば、小規模でも良いので結婚式をするのがおすすめです。

結婚後に相手のイヤなところを知るかも?

結婚式の準備って大変です。
ラブラブな二人でもケンカをすることがあります。
でも、結婚式の準備で見えてくることってたくさんあるんですよね。

二人の意見が合わないことや、親族など周りの人の口出しに困ったり、いろいろな困難を乗り越えていくことで、本物の夫婦に近付いていくものです。

結婚式をしない場合は結婚後になってから相手の嫌なところに気づいたりすることもあるので、その覚悟をしておきましょう。
ちなみに筆者は、1回目の結婚の時に結婚式をしておらず痛い目に遭いました……。

親や親族が不満に思うかも?

結婚式をしないということは、中には「ありがたい!」と思う人もいます。特に女性の場合は、結婚式に参加するとなると着付けやヘアセットなど出費や時間がかさみますし、子持ちの人は子供の預け先を探すなどもありますから、「内心ほっとした」という人も多いよう。

でも、親族はそうはいきません。
「結婚式をしないなんて、親戚にお金がないって思われるじゃない!」「結婚式をしないなんて非常識!」という考えの人もいます。
結婚式をしない場合は、二人だけで決めるのではなく、親の了承も得ておくことが大切かもしれませんね。

結婚式をしなくても、夫婦円満で幸せな人はたくさんいます。
大切なのは結婚式をすることではなくその後の結婚生活を円満に続けていくことなのですから、二人が希望しないのであれば結婚式はしなくても大丈夫です。
ぜひ、自分たちの決断に自信を持ってくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事