結婚生活

結婚指輪はずっとつけっぱなしにするもの?それとも外すもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段から指輪をする習慣が無い人は特にそうかもしれませんが、結婚指輪の扱い方について悩んでしまう人も多いようです。

既婚者の方はたいてい結婚指輪をつけていますが、みんな家では外しているものなんでしょうか?
それともずっとつけっぱなしにしているのでしょうか?

スポンサーリンク

ず~っとつけっぱなしではない

多くの人は、基本はつけっぱなしにしている人が多いようです。
ただ、一切外さない、ということはあまりありません。

外すのはこんなときです。

温泉に入るとき

温泉の成分によっては指輪の素材が変質してしまうこともあるため、温泉に入るときには外すのが基本です。

ハンバーグをこねるとき

ハンバーグをこねるときに指輪が油まみれになったり、指輪と指の隙間にひき肉が入ってしまうのは嫌なので、指輪は外しておくという人が多いです。特にダイヤがついている場合は、油によってダイヤがくすんでしまうことがあるので外した方が良いですね。
おにぎりをにぎるときも、外す人は多いみたいですよ。

スキンケアをするとき

化粧品にはいろんな成分が入っていますが、その成分によって指輪が変質してしまう可能性はあります。クリーム系には油分も含まれていますしね。

普段、家では外している人も

結婚指輪は外出時にしかつけず家では外している、という人もいます。
指輪をしているとどうしても指輪の内側に汚れが溜まって来たりしますし、上記に紹介したように普段の生活の中で指輪をはずしたいときはけっこうあるので、つけたり外したりというのが面倒くさいです。
だから、基本は家では外している、ということです。

特別なときにしか指輪をつけない人も

友達の結婚式など、フォーマルな場所などでしか指輪をつけない、という人もいます。
もしくは、お出かけのときだけ、というように、普段は指輪をしていない人もいるものです。
特に男性の場合は多いですね。

男性は力が強いので、仕事の内容によっては指に力が入ることも多く、毎日つけているとすぐに指輪が変形してしまったり、傷だらけになったりするそうです。
また女性でも仕事によっては指輪を付けられない人もいますし、薬品を使う仕事などの場合は指輪が変質してしまうこともあるから付けない、という場合もあります。

指輪の置き場所は決めておこう

指輪をどのぐらい付けるのか、というのは、本当に人それぞれです。
傷ついたり変質する可能性があっても「なくすのが怖いからつけっぱなし」という人もいますし、まったく付けなくなる人もいます。

ただ、指輪を外す場合は必ず指輪の置き場所を決めておきましょう。
結婚指輪は目立たないデザインのものが多いですし、紛失してしまう恐れもあります。しかも、紛失してしまうとどれだけ探しても見つからない、ということも多いですし、高価なものですからなくすのは怖いですよね。

「料理中に外す時はココに置く」「手を洗うときにはここに置く」というように自分で決めて、その場所以外には置かないようにしましょう。
ちょっとのつもりで外しててきとうなところに置くと、たちまちどこに置いたか忘れてしまうようなこともあります。

また、外では極力外さない、ということも大切です。
外出先では家と違って置き場所があるわけではありません。
多いのは、トイレでの紛失です。
手を洗うときに指輪をはずして、そのまま忘れてしまう、というパターンですね。気づいて戻ったときにはもう無い、ということも考えられますから、できれば外では外さないようにし、指輪を外すことが想定できている場合は指輪のケースを持って行くなどして対策をしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事