結婚式準備の体験談

結婚指輪は、買いに行ってもその場で受け取れるわけではありません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚指輪は、結婚したらつける人が多数派ですが、なによりも「結婚式での指輪交換」があるので、それまでに準備しなくてはいけません。

でも、結婚式前は他の準備でも忙しいので、なかなか買いに行く時間が取れなかったりするんですよね。
では、結婚指輪は購入してからどれぐらいで受け取れるものなのでしょうか?

スポンサーリンク

結婚指輪はその場で受け取れるわけではありません

結婚指輪は、買いに行った当日に持って帰れるわけではありません。
普段ジュエリーを買わない人の場合は案外知らなかったりするみたいですが、気を付けておきましょう。

ただ、既製品でショップに同じサイズの在庫があれば、その場で持ち帰れることもあるようです。

一般的には、結婚指輪を購入して、後日受け取りにいきます。
その期間は2週間~1か月程度が一般的です。

フルオーダーの場合は、2~3か月かかります。
セミオーダーの場合は1か月程度が一般的ですね。

ですから、あまりギリギリに買いに行ってしまうと、結婚式当日に間に合わない可能性もあります。
そんなことがあっては大変なので、早めに見に行くようにしましょう。

見に行った当日に決められるとは限りません!

結婚指輪は今後、基本的には一生つけるものですから、自分が納得できるものを買いたいですよね。
すると、選ぶのにも当然時間がかかります。
はじめから「○○ブランドの○○っていう商品がいい!」といように希望が決まっているのなら別ですが、そうでない場合は何件もジュエリーショップをまわり、何十本も試しにつけてみて、自分に合う指輪を探します。

1日で済めばいいのですが、何度もショップに通うことになる場合もあるので、なるべく早くに見に行くのがおすすめです。
リングの受け渡しまでにかかる時間に加え、ショップに通うことになりそうな日数分は逆算して、結婚式に間に合うように指輪を買っておきましょう。

どうしても間に合わなかった場合はどうする?

二人ともうっかりしていて結婚指輪が式に間に合わない!ということもあります。
これを読んでくださっている方も、今から結婚式まで数か月以上あるなら良いのですが、すでに「ヤバイ!」という方もいらっしゃるでしょう。

その場合は、まずはジュエリーショップに行ってみましょう。
すぐに納品できる商品を聞いてみて、その中から選ぶ、ということもできます。

でも、それでも気に入る指輪が無かった場合は、とりあえず代わりの指輪で済ませる、という方法もあります。
具体的には、普通のファッションリングでホワイトゴールドやシルバーのものを買い指輪交換に使う、ということもできますね。
また、親に借りるとか、会場に貸しリングが無いか聞いてみる、という方法もあります。結婚式場では、指輪を忘れた人のために変わりのリングを用意しているところもあるそうなので、相談してみてください。

そして、無事に式が済んだら、じっくりと結婚指輪を探すようにしましょう。

もちろん、今の時点でまだ結婚式まで日があるという人は、早めにジュエリーショップに行って結婚指輪の選定をはじめてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事