レーシック手術の体験談

老眼が進行してきた!レーシック手術で治療した体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

545

老眼鏡を初めてかける事になって不便さを実感しました

老眼を実感したのは40代半ばです。

私はずっと視力が1.5で眼鏡とは無縁の生活を送ってきました。

しかし、近くの細かい字が見えにくくなっていることに気付いたのです。

老眼鏡に手を出すと老いを認めたようで嫌だったので、不自由を感じつつも裸眼で生活していました。

すると目が疲れやすくなって、頭痛・肩コリを感じる事が多くなりました。

スポンサーリンク

仕方なく老眼鏡をかけ始めたのですが、最初はめまいを感じる事が多かったです。

眼鏡をかけると鼻の部分が重くて目が疲れますし、眼鏡をずらして本を読んだりすると老いを実感してしまいます。

私は温泉が趣味だったので、できたら裸眼で視力をよくする方法はないかと思いました。

そんな話をした時、近所の友人にレーシック手術を受けたと教えてもらったんです。

レーシック手術で老眼を改善?

友人が手術を受けたと教えてくれた病院は品川近視クリニックでした。

レーシック手術は聞いたことはありましたが、老眼には効果がないと思っていました。

友人の話では誰でも手術が受けられるとは限らないとの事でした。

『悩んでても手術できない可能性があるから、まずは無料検査を受けて考えてみたら』と言われ、説明を聞く事も兼ねて検査だけ受けてみようと思いました。

レーシックというと失敗=失明だと思っていましたが、レーシックで失明した例はないそうです。

しかし、ドライアイや光がまぶしく見えたりする症状が起こるリスクはあるそうです。

無事検査にも通って手術の安全性とリスクを説明してもらいました。

老眼のレーシック手術は65歳までだそうです。

手術は正直怖いので悩みました。

でも実績もある病院ですし、友人が手術した病院だったので安心できると思い、品川近視クリニックで最先端の老眼治療を受ける事を決めました。

レーシック手術はあっと言う間に終わりました

手術は痛みもなく、本当にあっという間に終わりました。

休憩してその日から老眼鏡なしで携帯のメールが近くで見えるようになり、すごく感動しました。

手術が終わった後も痛みはなく、もらった目薬を言われたとおりに点眼して過ごしました。

手術から1年が経ちましたが、今のところ何も不便や違和感はありません。

老眼鏡のわずらわしさから解放されて、若い時と同じクリアな視界を取り戻す事ができました。

1日でこんなに生活が劇的に変わるなら、悩んでいた時間がもったいなかったです。

今は露天風呂を裸眼で楽しめるようになって幸せです。

でも合併症だけは怖いので、定期検診には必ず行っています。

夫も手術をしたいと言って無料検査を受けましたが、角膜の厚みが足りなくて手術を受ける事ができませんでした。

手術する気満々だったのですごく落ち込んでましたね・・・角膜は長年のコンタクトの装着が原因で薄くなってしまっていた様です。

もし老眼で悩んでいる人がいるなら、まずはレーシック手術の無料検査をしてから判断してみてはどうでしょうか?

■当ページ内でご紹介させていただいたサイト■
安心の老眼治療『品川近視クリニック』公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事