節約

猛暑を乗り切る!エアコンを使わず快適に過ごす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

70

地球温暖化でしょうか。

毎年、夏になるとやってられないぐらいに暑い日が続きます。
筆者は京都に住んでいるので余計にやっていられない気持ちになります。夏はムシムシと蒸し暑く、冬はびっくりするぐらいに底冷えします。

さて、数年前から、節電がうるさく言われるようになりました。
でもその一方で、猛暑が続く中で熱中症にかかる人も多く、夏になると頻繁にニュースで報道していますよね。

原発をなくすため!というわけでなくても、電気代の節約のために節電を心掛けている人は多いと思いますが、我慢しすぎると体調を崩してしまうのでほどほどにしておかないといけませんね。

ここでは、なるべくエアコンを使わずに、夏を乗り切る方法について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

無理は禁物!体調を崩しそうなら中止すること

節約のため、多少はガマンしなければならないこともあるかもしれません。
でも、エアコンの場合は暑いのを無理に我慢していると熱中症になってしまいます。体調を崩してしまっては元も子もありませんし、節約どころではなくなってしまいますよね。

特に、自分以外にも家族がいる場合は気を付けましょう。
小さな子どもや高齢者は気温の影響も受けやすいです。あなたが大丈夫でも家族にとっては灼熱地獄になる可能性もあるので、独断で節約を強行しないように気を付けてくださいね。

エアコンいらずの夏を過ごすために必要なアイテムはこちら

なるべくエアコンに頼らずに夏を過ごすには、このようなアイテムが必要です。

・扇風機
・すだれ・よしず
・うちわ・扇子
・保冷剤・アイス枕

扇風機

まず扇風機は、猛暑を乗り切るには欠かせないアイテムです。
家の中の風通しをよくして熱をこもらせないためにも、また、冬には暖房の効率を上げるためにも扇風機は活躍してくれます。
ただし、体に直接風を当てるのは危険です。
徐々に熱を奪われて体調を崩してしまう人もいますから、いくら暑くても直接風を当てないように気を付けましょう。

ただし、帰宅後やお風呂あがりなど、汗が拭きでるほど暑いときには扇風機に当たってもOKです。

また、扇風機だけでなく換気扇も活用しましょう。
キッチンやトイレ、浴室の換気扇をつけることで風通しが良くなります。

これらをすべて付けたとしても、電気代は微々たるものです。

すだれ・よしず

まず、すだれとよしずの違いを解説しましょう。

すだれは、竹でできていてロールカーテンのように、吊り下げて使うものです。ビニール製の安いものもあります。

よしずは、「葦」で作られていて、軒先などに立てかけてつかうものです。

どちらにしても、窓から入ってくる日光を遮りつつ風通しを良くするものなので、節電にはぴったりです。

我が家の場合、ベランダには大きなすだれを取り付けて、窓にはよしずを使っています。
我が家の窓は出窓なのですだれを設置するのが難しく、家の内側からよしずを立て掛けています。
よしずならただ立て掛けるだけなので設置が簡単な一方、強風で飛ばされやすくなります。すだれはしっかりと設置できるので、外に設置するのに向いていると思います。ちなみに、すだれを買うと吊るすためのフックもついてくるので簡単に取り付けられますよ。

真夏以外は巻いた状態ですが、夏になるとほとんどすだれで日光を遮っている状態になります。

我が家では、日中はすだれを下げて、さらにカーテンも閉め切ることで日光によって室内が高温になるのを防ぎます。さらに家にいる間は窓を開けているのですが風はしっかり入ってきますし、扇風機によって入ってきた風が循環してくれるので、外気温32~33度程度なら快適に過ごせています。

ちなみに窓は、2か所開けることで風を通しやすくなります。我が家ではベランダとキッチンの2か所を開けています。
玄関のドアを開けるという手もありますが、玄関用の網戸を設置するのがおすすめです。我が家の場合は虫が多いので、玄関を解放しているとありとあらゆる虫たちが飛び込んでまいります。(ムカデなどの害虫は「虫コロリアース」で防いでいますが、蝶や蛾、ハチなどは防げないようです)

うちわ・扇子

こちらもアナログなアイテムですが、うちわや扇子、持っていますか?
少し暑いな、というときはうちわや扇子を使いましょう。

どちらも100円ショップなどでも売っていますが、扇子は少し奮発して良いものを購入すると風の感じが若干違います。人によっては「全然違う!」という人もいるので、こだわってみると楽しいと思います。5千円~1万柄程度のものを使うとやはり違いますね。長く使えるものなので興味のある人は買ってみてください。電気代を安くするために1万円の高い扇子を買うのはバカらしいと思う人は安いものでも十分です。

ちなみにわたしの場合、家ではもっぱらうちわです。
京都では毎年祇園祭という大きなお祭りがありますが、そのときにはいろんなお店が宣伝入りのうちわを配っています。うちわは買った試しがありません。

扇子はいただきものを長年使っています。夏のお出かけには欠かせません。

保冷剤・アイス枕

ケーキなどを買うとついてくる保冷剤。
これは夏には大活躍してくれます。

基本的な使い方は、フェイスタオルに巻いて、それを首に巻いておくという方法です。外気温が35度を超えるような猛暑日には活躍してくれます。

首に巻くための専用の商品もありますが、タオルと保冷剤があれば代用できますよ。わたしはタオルではなく、手ぬぐいを使います。

少し話が逸れますが、手ぬぐいは汗を拭くのにも使いやすいですし、洗濯してもすぐに乾くので夏にはよく使います。普段からよく使うものなので、現在は8枚の手ぬぐいを持っています。可愛い柄も多いので、買い過ぎないように気を付けています。なんせシンプルな構造ゆえに丈夫なので、一度買うと長く使えます。

保冷剤を巻くときにも、タオルよりもより涼しさが感じられるのでぜひ試してみてくださいね。

保冷剤は、首に巻くだけではありません。
手ぬぐいなどにくるんで体のあちこちを冷やすこともできますし、子どものお弁当袋に一緒に入れておくことで食中毒の防止にもなりますよね。家で使う分にはなんでも良いですが、子どもに持たせたり外で使う場合には見栄を張って「GODIVA」の保冷剤なんていかがでしょうか(笑)。

他にもある!エアコンを使わないための知恵

暑くてエアコンを付けたくなるのはどんなときでしょうか?
帰宅時と、お風呂あがりではありませんか?

まず帰宅時は、車の人なら平気かもしれませんが、駅から歩いて帰ってくる、という場合には家に着くころにはすでにかなり暑いと思いますし、日中家に誰もいない家庭では室内に熱がこもっていてかなり苦しいと思います。

そこで、まず帰ったらその足で窓を解放して扇風機をつけて、こもった熱を逃がします。そして、おすすめは「冷凍タオル」です。
タオルを絞ったものを冷凍庫に入れておけば、キンキンに冷えたタオルで体を拭けますよ。帰宅後汗がひくまでは、扇風機の前で冷凍タオルで体を拭きながらチューペットを食べるのもおすすめです。

お風呂あがりも同様に、冷凍タオルを用意しておけば暑さがやわらぐので試してみてくださいね。

また、お風呂では「水風呂」もおすすめです。
水風呂なら汗をかくようなこともありませんし、たまには浴槽に水を張って涼んでみてはいかがでしょうか。

そして、シャワーの水温も低くするようにしましょう。
熱めのシャワーが好きだという人もいるとは思いますが、体の汚れはそこまで高温でなくても落とせます。ぬるいシャワーならそこまで体が熱くなることもないので、エアコンに頼らなくても大丈夫になりますよ。

さらに、電化製品の使用を控える、というのもおすすめです。
電化製品って発熱しますよね。

わたしはあまりにも暑いときは冷蔵庫のコンセントを抜いてやろうか、などと言う本末転倒な考えをしてしまうときすらあります。それだけ発熱しているということです。
冷蔵庫のコンセントを抜くことはできませんが、なんとなくでテレビを付けない、というのは大切です。他にもパソコンの電源を入れっぱなしにしていたり、使っていない部屋の電気がついていたりすると、電気代がもったいないだけでなく、室温も上がります。
電化製品の使用を減らして、室温をむやみに上げないようにしましょう。

エアコンは必要に応じて使っても良し

ただ、正直に申しますと、帰宅時とお風呂あがりぐらいはエアコンをつけては良いのではないかと思っています。だって、暑いですもん。せっかくお風呂に入ったのにまた汗を書くのはイヤだという人も多いですよね。無理にエアコンを我慢するのではなく、必要に応じて使うようにすると良いのではないでしょうか。

一方で、とにかく電気代を節約したい!とやる気に満ち溢れている人は、どこまでエアコンなしで過ごせるか、ということに挑戦してみても面白いと思います。
我が家の昨年の実績は、7月いっぱいはエアコンをつけずにがんばれました。昨年は会社員として働いていたので帰宅後は室内に熱がこもっていて大変でしたが、案外なんとかなるものだな、と思いました。
今年は転職して家で仕事をしているので、室内に熱がこもることがありません。その分去年よりも楽に節電しています。この記事を書いているのは6月半ばですが、どこまで節電できるか楽しみです。

ただ、家族の体調には気を付けましょう。
高齢者や赤ちゃんがいる家庭では無理に節電してはいけません。
また、女性よりも男性の方が暑がりですよね。男性は女性に比べて筋肉が多いので、同じ気温でも暑くなりやすいのです。いくら自分が平気でも、家族にまで強要するのは避けましょう。エアコン無しで過ごしてみたい場合はある程度の協力は必要ですが、無理強いはしないでおきましょうね。一方的に押し付けるのではなく、家族で話しあう方が協力が得られやすくなるので、みんなで節電について話し合ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事