節約

ママ友ネットワークで子どもの洋服代がほぼゼロ円!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

77

子どもの洋服、頻繁に買い替えが必要ですよね。
子どもはあっという間に大きくなりますし、サイズ的にはまだ着られる服でもボロボロになってしまって買い替えなければならなくなることもあります。

子供服は大人の服に比べると安いものですが、それでも毎シーズンたくさんの服を買っているとバカにならない金額になります。

そこで、ここではママ友ネットワークを利用して、子どもの洋服代を節約する方法を紹介しましょう。

ママ友と言うといじめがあったり「ママカースト」があったりとあまり良いイメージを持っていない人も多いと思いますが、子どもがいる者同士、助け合えることだってあります。

スポンサーリンク

誰もが、服の処分に困っている!?

着られなくなった子どもの服、どう処分していますか?
ブランド物の、よそいきの服でまだまだ綺麗なものであればオークションで売ることもできますが、売れる服なんてかなり少ないですよね。

幼稚園や保育園に着せていく服は名前を書かなければなりませんし、名前を書いてしまえば売ることはできません。
中にはネームタグを縫い付けて、着られなくなったらタグを外して売る、という人もいますから、ブランド物で売れそうな服があるなら試してみると良いでしょう。

大半の服は、売れるほど良いものをそもそも買っていませんし、子どもはよく汚すので、着ていくうちにどんどん薄汚れてきたり、形が崩れたりしてしまうものです。だから、結局は普通にゴミ袋に入れて捨てるしかなくなる、というパターンが多いのではないでしょうか。

バザーに出す、という方法もありますが、主催者によっては中古の洋服はNGだったり、出品の際に審査があって美品しか受け付けてもらえないことも多いです。実際、誰が来たのか分からない上にかなり老朽化している子供服を買うのは抵抗がありますよね。

ですから、たいていの人は洋服の処分には困っていると思っておいても良いのではないでしょうか。

処分予定の服をもらうという方法

もうサイズが合わない、という服は、処分に困るものです。

でも、そういう人とタイミング良く話すことができれば「うちの服もらってくれない?」という話になることも多いと思います。

ママ友同士の話を言えば子どもの話題も多いですから、自然と「すぐ服が小さくなってしまって大変なんですよ~」なんて話にもなりますよね。

わたしもママ友から洋服をもらったことがありますが、とっても助かります。もらった洋服の中には、そのママ友も他の人からもらったという服まであって、「エコだな~」と思いました。
うちは男の子が一人いますが、小柄なので同級生のお下がりをもらうことすらあります。洋服だけでなく靴なんかももらったりして、かなり助かりますね。

逆に、わたしも友達の子どもにお下がりをあげることもあります。正直、売れるものはヤフオクとかで売りさばくのですが、売れないものはごみとして処分する前に、友達に呼びかけてみるとけっこう貰い手がつくものです。最近はfacebookにupすることでみんなに呼びかけることができるので便利だなぁと思います。
子どもが着られなくなった服は、やっぱり思い入れもありますからサクッと捨てにくいんですよね。他の誰かが着てくれると、暖かい気持ちになれますよ。

また、児童館などでは掲示板に「○○譲ります」「○○もらいます」といったことが貼られていることもあり、譲りたい服があるけど貰い手がない、という場合には活用してみてはいかがでしょうか。

価値観の合うママ友と付き合おう!

ママ友付き合いは、相手を間違うと大変だと思います。
毎愛セレブなランチに使わされたり、悪口や愚痴の多いママ友だと聞いてる方も疲れてしまいます。また、自分もどこかで悪口を言われているかもしれないと思うとなんだか嫌な気持ちになりますよね。

ママ友というのは、基本的には「子どもの友達のお母さん」なわけですから、子ども同士の付き合いに支障を与えない程度に浅く付き合っておけば良いと思います。

でもここでおすすめするママ友というのは、自分自身が「この人とは気が合うな」と思える人のことです。

子どものおさがりの洋服をあげたりもらったりする仲になるには、似た価値観の人でなければ難しいです。
やっぱり、人によっては中古の洋服を嫌がる人もいますし、あげるのが嫌、という人もいます。もしくは、人によっては他の知り合いに譲ることにしている場合もありますから、洋服代を浮かせたいと思うばかりに厚かましくお願いするのは絶対に辞めましょう。

価値観の合うママ友というのは、子どもの交友関係に限らずに、保育園の保護者会や小学校のPTA活動などでも見つかります。
子ども同士が別に仲良くなくても、親同士が仲良くなるということはよくあることです。

保護者会活動・PTA活動には積極的に参加しよう

ママ友ネットワークを広げるには、時分から積極的に行動することが大事だと思います。と言っても別にみんなに話しかけたりする必要はないので、ただ、いつも保護者会を欠席するのではなく、用事の無い限りは出席する、係や役員がなかなか決まらないときはみずから引き受ける、ということをしておけば、いろんなママ友と知り合う機会が増えます。

ママ友ネットワークがすごいのは、直接面識のない人とも知り合うチャンスが増えるということです。
子どもがサッカーを始めると言えば、「友達の子どもがサッカーしてるからウェアが余ってないか聞いてみようか?」なんていうことも普通にあります。

ママ友ネットワークを広げると、洋服をただでもらえるだけではなくさまざまなメリットがあります。

たとえば、習い事の情報も入ってきやすいです。
いくらネットでなんでも調べられる時代だとは言え、子どもの習い事については情報が少ないと思いませんか?
個人でされているピアノ教室なんかはネットで検索しても出てこないことが多いですし、それならママ友に聞いた方が早いし確実です。
他にもキャンプのときに必要な寝袋はどこで買うのがいいかとか、サッカー用品ならどこが安いか、というようなお買い得情報も教えてもらえるので、わたしはとても助かっています。

もちろん、はじめから自分が「もらう」ことばかりを考えていてはいけません。自分の持っている情報は人に教え、子どもの服がサイズアウトしたら誰かに譲る、ということもしていきましょう。

筆者のママ友事情

わたしは、子どもが小学校に入った時には、近所にママ友が一人もいませんでした。
子どもが保育園のときから今の家に住んでいるものの、保育園は勤務先の近くだったので、朝早くに子どもと家を出て、夜は19時半頃に帰ってくる、という生活だったので、まったく近所付き合いが無かったのです。

でも、保育園ではママ友は多かったです。幼稚園と違って保育園は働いているママばかりなので「ママ友ランチ☆」なんて優雅なことはできませんでしたが、保育園行事や保護者会活動を通じて仲良くなっていきました。

小学校に入ってからは、まずは子どもが仲良くなったお友達のママと仲良くなって行きました。と言っても小学校でも働いているママが多いのであまり濃密なお付き合いはないのですが、なにかと集まったりして楽しいです。
また、学童に行っているので、学童の保護者会でのママ友の方が多いですね。学童の保護者会ではけっこう保護者が参加しなければならないイベントもあるので、イベントの準備などを通じて仲良くなっていきます。学童の良いところは、学年関係なくママ友関係が広がるところです。小学校だとどうしても同学年同士の付き合いに限られるのですが、学童なら「3人兄弟の末っ子が今学童で、今年で10年目」なんていうベテランママもいます。

さらに、子どもが2年生になってからはPTA役員を引き受けたので、しかも面倒くさい役職についたので、必然的に他の人と連絡をとらなければならないことも多く、それだけ交友関係も広がっています。

そういえば、長らく子どもの服は買っていません。昨年の冬にお出かけ用の服を買ったぐらいで、あとはもらいものが多いです。おもちゃをもらうこともあります。

本の貸し借りもよくしますし、わたしが日曜日に仕事をしなければならないときも、快く預かってもらえたりします。むしろ日曜日は子どもを持て余している親御さんも多いようで、遊び相手がいる方がママも家事に専念できる、ということらしいです。
もちろん預かってもらうだけでなく、うちに来てもらうこともあります。

ママ友というとなんとなくイヤなイメージを持っている人も多いかもしれません。わたしも、「ファミレスで子どもが走り回っているのに注意もせずにおしゃべりに没頭しているママ友軍団」は好きではありません。こういうのは、地域柄もあるのかもしれませんね。セレブな地域に住んでいる人も場合はなかなかフランクな付き合いが無い、と言う人もいるかもしれませんが、中には同じ価値観をもったママもいると思いますから、積極的に話しかけてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事