節約

ブックオフで本を売るよりも良いところ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

79

本を売るならブックオフ~♪

と、一度頭で再生してしまうとしばらく頭にこびりついてエンドレスリピートされてしまうのはわたしだけでしょうか。

不要な本を売るならブックオフでも別に良いのですが、少しでもお得に売るなら、まず選ぶのはブックオフではありません。

地元にブックオフができたのは、中高生の頃でした。
正確には覚えていませんが、初めてブックオフに漫画を売ったときに、あまりの買取価格の安さにがっかりしたのを覚えています。

もちろん、ブックオフが極端にケチなわけではありません。他の古本屋で売っても、たいてい同じような値段ですし、二束三文にもなりません。

そこで、少しでもお得に本を処分する方法について、紹介しましょう。

スポンサーリンク

アマゾンマーケットプレイスで売る

一番おすすめなのは、アマゾンで売ることです。
マーケットプレイスは無料会員登録だけで利用できます。商品が売れた時にはその金額に対して手数料がかかりますが、古本屋で売ることを考えれば断然お得です。

アマゾンマーケットプレイスで出品する場合は、出品したい商品の相場調べから始めます。
人気の無い本の場合はずらっと「1円」とか「10円」が並んでいるものです。そういった本は出品したところでなかなか売れませんし、売れたとしても赤字もしくは儲けナシです。

人気がある本でしたら、数百円から1,000円程度の値段で出品されていると思います。その金額を見ながら、値段を決めていきましょう。
美品で、かつ相場から外れすぎない値段であればたいていすぐに売れますよ。

アマゾンマーケットプレイスの場合はオークションと違って締切があるわけではないので、自分でいつまで出品するかを決めておくと良いでしょう。
売れない本をいつまでも出品していても、本を置いておくのは邪魔になりますし、さっさと処分したいなら出品を取りやめて別の方法で処分することをおすすめします。もし、場所的に問題がないのであれば、売れるまで気長に出品し続けても良いでしょう。

アマゾンで出品した商品が売れたら、どのような手順で発送するのかも紹介しておきましょう。
商品が売れたら、メールでお知らせが届きます。
メールが届いたら出荷準備をします。アマゾンのマイページ(セラーセントラルと言います)から「納品書」を印刷します。
納品書の上部には宛先ラベルが付いているので、宛先ラベルを切り離して封筒に貼りつけます。納品書は商品と一緒に封筒に入れます。

本を出荷する場合は、水濡れを防止するためにOPP袋に入れてから封筒に入れるようにしましょう。雨などで万が一商品が濡れてしまえば困りますものね。OPP袋をわざわざ買うのが面倒であればビニール袋でもいいと思います。

そして、発送します。発送方法はメール便、ゆうメール、普通郵便など種類がありますが、特に指定が無い限りは一番安い方法を選びましょう。本の大きさや厚さによっても送料が変わるので、測りを使って重量を確認しておくとスムーズです。

発送が済んだら、再びセラーセントラルに行き、「出荷通知」を送信します。文面などはすでにできてますからクリックするだけでOKです。また、メール便などで「お問い合わせ番号」などがある場合は入力スペースがあるので入力しておきましょう。そうすることで、購入者が追跡機能を使うことができます。

マーケットプレイスの利用ははじめは勝手が分からなくてとまどうかもしれませんが、本を高く売りたいならぜひチャレンジしましょう。慣れれば効率よく不要な本の処分ができますよ。
また、話題の本などは発売されてすぐに買って、読んだ後すぐに出品すれば定価に近い金額で売れます。買ったもののイマイチだった、という場合はさっさと売ってしまうと良いでしょう。

ヤフオクを利用する

アマゾンマーケットプレイスの次におすすめなのがヤフオクです。利用者が多いネットオークションなので本も売れやすいですよ。
ヤフオクの場合は月額利用料がかかりますから、利用時には注意が必要です。よほど頻繁に出品する人でないと赤字になりかねませんから、ある程度売りたい本が溜まったところで出品し、月をまたぐために解約するようにした方が良いですよ。

ヤフオクの場合はアマゾンと違ってオークションですが、はじめの値付けは重要です。よほどレアものの本でない限りは、損をしないように慎重に価格を設定しましょう。

基本的にはアマゾンで売れなかった本をヤフオクで売る、という流れがおすすめなので、ヤフオクでは「1円スタート」なんてことはやめておく方がいいと思います。1円でスタートしても値段が吊り上るようなことはほぼないからです。
さっさと売りたい人は、「即決価格」を設定しておけば、その価格で入札された時点で落札されることになります。

ヤフオクでも、他に出品されている同じ本の価格を見て、いくらで出品すればいいかを考えてみましょう。

ヤフオクではアマゾンマーケットプレイスのように納品書は無いので、発送の際にはそのままOPP袋に本だけを入れて封等に入れるだけでOKです。もちろん、自分で納品書を作ったりお手紙を入れても良いと思います。

アマゾンでもヤフオクでも売れない本は?

アマゾンでもヤフオクでも売れない場合は、タイミングが合えばフリーマーケットという方法もおすすめです。不要な服などと一緒に処分してしまいましょう。ただ、フリーマーケットの場合は出店料として千円ぐらいは取られますから、儲けが出ない可能性もあります。友達を誘って出店料をワリカンにした方が赤字になるリスクを回避できます。

それでも売れない本は、いよいよブックオフなどで売るときがきました。
ここまで来たら、もう儲けることは考えてはいけません。
買い取ってもらえれば良い方で、損傷の激しいものなどはそもそも買い取ってもらえない場合もあります。
古本屋さんで売るときには、本の量にもよりますが「ジュース1本ぐらい買えたらいいな」ぐらいの気持ちで挑みましょう。

本を買わない、という節約方法もある

つい本を買ってしまう人。
その本は本当に必要なのでしょうか?
なんとなく気になった本をそれこそアマゾンで買いまくっている人は、そもそも本を買わないようにする、ということも大切だと思います。

本を読むのが好きな人は際限なく買ってしまうものです。でも本はけっこうかさばりますし、いつまでも手元に置いておくわけにもいきません。しかも節約したいのであれば、本の購入もある程度ガマンする必要があります。節約する気が無いなら別にいいんですけれどね。

そこで、図書館を活用することをおすすめします。
図書館は地域に一つはあると思いますし、話題書も揃っているので読みたい本がたくさんあると思います。

ただ、図書館の場合は読みたい本がすぐに借りられるとは限りません。やはり話題書や人気の本はみんなが読みたいものなので、貸出予約が必要です。人気がある本は予約が数か月待ち、ということも少なくないのですが、よほど切羽詰まった事情があるとかでなければのんびり待ちましょう。一方、仕事で必要だと言う場合などは、数か月待っているうちにチャンスを逃してしまうこともありますからそこは経費と割り切って購入してくださいね。

ちなみにわたしは、こんなことを言いながらもわりと本を買い過ぎるタイプです。
今までにどれだけの本を処分してきたか分かりません。図書館で事足りるものは借りるようにはしていますが、好きな本は手元に置いておきたいので結局買うものの方が多くなっています。
ただ、十分に読んで自分にはもう必要ないと判断したものはこまめに処分しているので、家にある本の量としてはさほど多くはありません。

と、「なるべく本を買わないように」と言いながらもわたし自身は実践できていないのが申し訳ないところですが、実践できる人はぜひ本を買い過ぎないように注意してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事