節約

業務用スーパー徹底活用で食費節約!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

80

業務用スーパー、利用していますか?

業務用スーパーとは、飲食店が使うような業務用の食品を売っているスーパーです。
業務用スーパーは全国にいろいろあるとは思いますが、中でも緑色の看板でおなじみの「業務スーパー」は有名だと思います。
また、業務用スーパーではないものの、コストコやトライアルなども、業務用スーパー並みに安い食材が揃っています。

こうした業務用スーパーは、食費節約の心強い味方です。
でも、上手に活用しないと逆に食費が上がってしまうこともあるので、ここでは業務用スーパーの活用術を紹介しましょう。

スポンサーリンク

最大のポイントは「使い切れるかどうか」!

業務用スーパーでは一般的なサイズのものもたくさん売っていますが、「いかにも業務用」といった佇まいの特大サイズの食品もいっぱいあります。しかもかなり安いので、わくわくしてしまいますよね。

ただ、業務用スーパーで売っているのは当然「食品」です。
いつまでも大事にとっておくことはできませんし、賞味期限なり消費期限なりがあって、早めに使い切らなければいけません。冷凍保存しておいたとしても何か月も置いておけば劣化しますし、腐らないにしても味は落ちてしまいます。

そこで気を付けたいのは、くれぐれも「使い切れる量だけを買う」ということです。特に、バーゲンに行くとついいらないものまで買っちゃう、という人は気を付けましょう。

長期保存できる缶詰などであればたくさん買っても良いと思いますが、缶詰でも大きな缶の場合は一度開封してしまえばその後は劣化していきますから使い切れない料は買うべきではありません。

たとえばお米なんかは長期保存できそうな気がしてしまいますが、開封後は早めに使い切るべきです。

他の人とシェアするべからず

業務用スーパーの商品は量が多いので、他の人とシェアすることでお得に買い物ができる、というメリットがあります。でも、実はこの方法はあまりおすすめではありません。

というのも、他の人とシェアしようとする場合、要らないものまで買うはめになることもあるからです。
おお互いが欲しいと思う商品であれば一緒に買って分け合った方がお得になりますが、相手が欲しいと言っても自分には必要ない、という食材もありますよね。
でも、断れずにその商品を買ってシェアしたとします。買った以上はその食材を使うべきではありますが、その食材が自分にとってはなじみのないものだったりすると結局使い切れずに捨ててしまうことにもなりかねません。

また逆に、自分が欲しい商品で「これ買おうよ~♪」と誘った商品も、相手は欲しいと思っていないかもしれません。お互いに気を遣いながら不要な食材まで買わなければならないのなら、結局節約にはなりませんよね。

仲の良い友達でお互いに「わたしはそれ要らない」と言える間柄であればシェアを検討してみても良いと思いますが、それが言えない相手、また相手が自分に対しては言えなさそうだと思うのであれば、シェアするという方法は避けた方が良いでしょう。

おすすめはパスタと小麦粉

ここからは筆者が勝手におすすめ商品を紹介したいと思います。

まず、パスタはおすすめです。
5kgで700~800円です。100円ショップの安いパスタでも500グラム100円ですよね。業務用スーパーなら500グラムあたり70~80円で購入できるわけです。
さらに業務用スーパーではパスタの種類も豊富で、一般的なスパゲティだけでなくスパゲッティーニ、フェデリーニといったさまざまな太さのものが揃っています。またショートパスタでもペンネ、ファルファッレ(リボン型)、コンキリエ(巻貝型)などさまざまな種類があります。
特に食費がピンチ!というときにはパスタは重宝しますし、パスタの種類が豊富にあれば飽きにくいと思います。

また、小麦粉もおすすめです。
薄力粉、中力粉、強力粉いずれも、スーパーで買うよりも安い場合が多いです。
スーパーの場合は1kgあたり200円を切るようなことはほとんどありませんが、業務用スーパーなら1kgあたり200円を切ることもあります。と言っても具体的な価格はけっこう変動するものなので、もし違ったらごめんなさい。変動はあるものの、業務用スーパーの方が安いことには変わりありません。ただし、スーパーで特売になっている場合はスーパーの価格が下回ることもあるので気を付けましょう。
わたしは以前、節約のために毎日パンを焼いていたことがあるのですが、業務用スーパーのおかげでかなり食費を抑えることができました。1回あたり200グラム使用して、その他バターや卵を使っても1回あたりの材料費は29円でした。食パンは安くても100円ぐらいですが、焼きたてのおいしいパンをこの値段で食べられるのは幸せですよ。ちなみに食パンも、業務用スーパーで買えば68円などかなり安い値段で購入できます。

普通サイズの食品もお得です!

一般的なスーパーと同じサイズのものでも、業務用スーパーの方が安く売られていることが多いです。
その代表が、豆腐とうどん。
お豆腐は地域によっても違うと思いますが、わたしの家の近所では安くてもせいぜい78円です。
一方業務用スーパーの場合は30円程度なので、半分以下ということになります。
うどんは、普通の袋に入ったゆで麺です。スーパーで買うと38円とかなんですが、業務用スーパーなら20円程度で買えます。まとめ買いしておいて冷凍すれば1か月はもちますからぜひ活用したいですね。

他にも、冷凍肉も安いです。
ブラジル産などのものが多く、国産にこだわる人には抵抗があるかもしれませんが、かなり安くで購入できますし、成長期のお子さんがいる家庭では重宝するのではないでしょうか。

まとめ買いして冷凍保存が基本!

業務用スーパーで買い物をする場合は、業務用の大きなサイズの商品が多いので、すぐに使わない場合は冷凍保存しておくのがおすすめです。

冷凍保存の方法ですが、まず冷凍肉は、そのまま冷凍してしまうと使いづらいので、少し解凍してから1回分の量に分けて、小分けにしてラップにくるんでから冷凍保存するようにしましょう。ちなみに、ラップだけでは乾燥しやすくなってしまうので、ラップでくるんだ上でさらに密閉容器やフリージングバッグに入れて保存することで乾燥やニオイうつりを防げますよ。

ハムやベーコンなどの加工肉も冷凍がおすすめです。
こちらも小分け冷凍することで使い勝手が良くなりますよ。

野菜も、冷凍保存がおすすめです。野菜の場合は冷凍できるものとできないものがあるので注意が必要です。
じゃがいもは冷凍すると大変まずくなるので、必ず加熱・マッシュしてから冷凍してください。
冷凍しておくと便利なのは玉ねぎですね。
玉ねぎはみじん切りやくし切りなどいろいろな形・大きさにカットしてからレンジ加熱し、小分け冷凍しておくことで料理にかかる時間が大幅に短縮できます。また、カレーを作るときには玉ねぎを「飴色」になるまで炒めるのが大変ですよね。冷凍することで玉ねぎの細胞組織が破壊されるので、短時間の加熱でも飴色になってくれますよ。
また、そもそもカット玉ねぎも商品として売られているので、より楽をしたい人は買ってみましょう。

冷凍保存をするのは、食費の節約だけでなく、電気代の節約にもなります。
冷凍庫は、中にたくさん入っている方が、中に入っている食材そのものが保冷剤の役割をするので電気代の節約につながります。逆に冷蔵庫は中身を詰め過ぎると効率が悪くなって電気代が上がってしまいます。
すぐに使わないものは冷凍する、という癖をつけておくと食費も電気代も節約できますよ。

業務用スーパーに行く交通費も忘れずに考えよう

業務用スーパーが近所にあれば、とても便利ですよね。
わたしも以前は自転車で行ける距離にあったので重宝していました。

でも、気軽に行ける範囲に業務用スーパーが無い、という人もいると思います。
いくら業務用スーパーが安くても、往復の電車代が1,000円かかる、というのでは節約になるかどうかが怪しいところです。頻繁に通ってしまうと全然食費の節約にならないこともあるので、気を付けてくださいね。
業務用スーパーが近所に無いという人は、「1か月に1回」などと決めて、まとめ買いをするようにしましょう。
また、他の人とシェアして買い物するのはおすすめしませんが、誰か一人が車を出して、みんなで揃っていけばより節約効果が高くなり、また、楽しいひとときも過ごせるのではないでしょうか。

業務用スーパーは上手く使えば食費を大幅に抑えられますから、ぜひ活用していきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事