貯金

貯蓄に励んで貧乏になる人がいる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

81

貯蓄が上手にできない人は多いと思います。

計画的に貯めているつもりなのに、なかなか貯蓄残高が増えないのではありませんか?
実はそういう人は多く、節約もしているつもりだし、家計管理もしているつもりなのに、全然お金が貯まらない、

それは、なぜでしょうか?
貯蓄に励んでいるのに貧乏になる人もいる。

その理由をお話ししましょう。

スポンサーリンク

貯蓄が貯まらない人は、そもそもお金を貯めていない!

ちゃんと節約している
ちゃんと貯蓄の計画も立てている

それなら、お金は貯まるはずです。
それなのにお金が貯まらないのは、なにか理由がありますよね。

たとえば、毎月3万円を貯蓄しているとします。
でも、なんだかんだで生活費が足りなくなって、「ちょっとだけ」のつもりで1万、2万と引き出してしまっていては、計画通りには貯まりません。
さらに、そもそも貯蓄できていない、という場合もあります。自動積立などを利用せずに自分で貯蓄用口座に入金している場合、忙しくて入金に行けないこともあると思います。そして、日が過ぎるうちに忘れてしまったり、面倒になってしまって「来月にまとめて入金しよう」と思っているうちに忘れてしまったり。そんな経験はありませんか?

「なかなかお金が貯まらない」という人は、計画をしているだけで実際にはお金を貯められていないのです。

節約、本当にできていますか?

節約がんばってるのになぁ。
お金が貯まらないなぁ。

それはなぜか?
節約しているつもりでも、お金を使い過ぎているのが問題です。

つまり、そもそもの計画に間違いがあるというわけです。

節約しているつもりでも、実際には節約できていない人は案外多いものです。

たとえば、食費や光熱費に関しては1円でも節約しようとがんばっているのに、ランチのお誘いを断れなくて月に何度もランチコースを食べに行ったりしていませんか?飲み会の誘いを断れなくて「少しだけ……」のつもりが二次会、三次会まで付き合ってしまっているのではありませんか?

日々の生活費はきちんと節約している人はたくさんいます。
でも、レジャー費や交際費がかさんでしまっていて、日々の生活費の節約が水の泡になってしまっていませんか?
日々の生活費を節約するのは、節約の第一段階としては比較的やりやすいものです。でも、レジャー費や交際費はけっこう節約が難しいんですよね。あまり誘いを断るのも悪いですし、レジャー費を削ると生活に張り合いがなくて楽しくなく、ストレスも溜まります。

そこで、どこにお金を使い過ぎているのかを点検してみましょう。
1か月だけで良いので、ちゃんと家計簿をつけて、何にいくら使っているのかを確かめてください。あまりにも使い過ぎているところがあれば、そこは引き締めなければなりません。

もし、ランチの回数が多いのであれば、回数を減らす、もしくは1回あたりの使う金額を減らす、という対策をします。
そうして、無理のない範囲でどこまでなら節約できるかを検証します。
あまりに節約を意識しすぎてしまうと生活が楽しくなくなってしまうので、ほどほどにしてくださいね。

貯蓄計画は無理のない金額を設定する

貯蓄計画に無理があると、結局生活費が足りなくなって貯蓄を崩してしまうことになります。

思うようにお金が貯まらないという人はたいてい「節約しているのにお金が貯まらない」と思っていますが、節約が十分でない場合も多いです。
節約をしているのにお金が貯まらないというのはストレスも溜まってしまいますから、ストレスが溜まらず、お金が貯まるようにやり方を変えていきましょう。

まずは、いくら貯蓄するのが現実的なのか、ということを考えてください。
生活費などで実際にかかるお金を計算して、ゆとり分は貯蓄に回すと良いのですが、その際には予算にはゆとりを持って設定しておくようにしましょうね。

また、貯蓄方法についても工夫が必要です。
毎月自分で貯蓄用口座に入金する、という方法では面倒くさくなってしまうのは当たり前です。
「貯蓄をしよう!」と考えているときには、月に1回銀行に行くぐらいなんでもない、簡単なことだ、と思いがちです。でも実際には忙しくて時間が取れなかったり、自転車がパンクしたり、雨で出かけるのが億劫になったりして思うように毎月コンスタントに貯蓄できないものです。
そこで、自動積立定期預金や、長期的な貯蓄であれば学資保険、個人年金、終身保険のような貯蓄性の高い保険商品を使うのがおすすめです。
それなら毎月自動で貯蓄ができますから、はじめの手続きさえ終わればあとは手間はありません。また、普通預金に入れておくよりも引き出しにくいので、「まぁいっか」と貯蓄を崩してしまうリスクも減らせます。

生活水準を下げるという選択もある

節約しているのにお金が貯まらないという人は、実はお金を使い過ぎているということで、そもそもの予算の立て方が間違っていることは多いです。

でも、あまりに節約しすぎてもストレスが溜まりますし、あまりに貯蓄が少なくても困りますよね。

そこで試してみて欲しいのが、「生活水準を下げる」ということです。
実は、思うようにお金が貯まらない、という人は、収入が少ないわけではありません。年収が600万でも1000万でも、貯蓄がない人もいます。

そういう人は、たいてい、収入が上がるたびに生活水準を上げているのです。
もちろん、がんばって働いた分、自分にご褒美をあげても良いと思いますし、贅沢をしたいという気持ちもあると思います。

でも、貯蓄をしようと思うなら、必要以上に生活水準をあげてしまうと貯蓄のゆとりはできません。

生活水準を下げるには、お金を使う場所を変える、というのが効果的です。
百貨店でしか服を買わない人は、たまにはユニクロで買ってみる。
普段寄り付きもしなかった100円ショップを覗いてみる。
たまには回転寿司に行ってみる。

とにかく今よりも安いお店で買い物をするようにしてみましょう。
人によって、「服はブランドものでないと!」「野菜はオーガニックじゃないと!」といったこだわりがあるかと思いますが、どうしても譲れないものは除いて、それ以外の者は安いものを買うようにしてみましょう。

その中で「これはやっぱり高いものを買った方がいい」と思うものがあれば戻せばいいです。でも、「これは安いものでも十分だな」と思えるものは、たくさんあると思います。
生活水準を今よりも落とせば使うお金も減らせますし、お金が足りなくて貯蓄ができない、ということも避けられるのではないでしょうか。

思うようにお金が貯まらない、という人はぜひ試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事