お部屋探し

一人暮らしを始めるときに実家から持って行くべきモノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

56

一人暮らしを始めるときは、いわば「自分の城」を手に入れるということですよね!

家具や雑貨も自分好みのもので揃えたい!という人も多いと思います。

でも、よほどがんばってお金を貯めない限り、家具や雑貨を一から揃えるのは大変です。
今実家にあるもので持って行けるものはすべて持って行くようにしましょう。

スポンサーリンク

一から揃えるにはいくらかかるのか?

新居に置く家具家電、雑貨類を一から揃えようと思うと、いくらぐらいかかると思いますか?

もちろん買うもののグレードにもよりますが、だいたい50~100万円は必要になります。
賃貸契約の初期費用でも数十万円かかりますし、引越し代だってばかになりません。さらに家具家電まで買い揃えようと思うととても大変になりますね。

矢沢あいの大人気漫画「NANA」では、上京した奈々が、可愛い家具家電を買い揃えたのはいいものの、お金を使い過ぎて生活費がなくなってしまった、ということがありました。結局友達に泣きついてお米を分けてもらうのですが、手元にお金が無いというのはかなり不安な状況です。

たしかに、実家にある古い家電やダサい家具を持って行くのはイヤだな、と思う人も多いと思いますが、お気に入りのものは、もっとお金を貯めてから買えばいいのです。なにも、一人暮らしを始めると同時に手に入れる必要はありません。

では、一体何を持って行けばいいのでしょうか?
一人暮らしを始めるときに実家から持って行くべきものについてまとめてみました。

持って行くべき家具

まず絶対に必要と思われる家具はなんでしょうか?

ベッド、テーブル、デスク、このあたりは必要ですね。
クローゼットが充実していればタンスは要らないかもしれません。
あと、本棚は持って行った方が良いでしょう。家族で共有しているような大きなものは持ち出せませんが、自分用の小さな本棚はぜひ持って行ってください。

他にも、部屋にカラーボックスやミニチェスとなどがあれば、持って行った方が良いでしょう。
一人暮らしなら食器棚を買うほどの食器は必要ありませんから、小さな収納家具で代用することができます。

と言ってもありったけ持って行っても邪魔になる可能性もありますから、たくさん家具がある人はどれを持ち出すべきか、厳選してくださいね。

持って行くべき電化製品

電化製品は、とりあえず絶対に必要なのは

・冷蔵庫
・洗濯機

だと思います。
ただこの2つに関しては実家暮らしの人が所有していることは無いと思うので、新たに飼いましょう。

もし、実家で使用している冷蔵庫や洗濯機が小さめのものならば、買い替える予定がないか家族に聞いてみると良いでしょう。買い替えるなら、古い方はもらえますもんね。ダメ元で聞いてみてください。ファミリー用の大きなものは単身向けのマンションには大きすぎますが、小さめのものならちょうどいいと思いますよ。

次に必要なのは、

・炊飯器
・電子レンジ
・テレビ
・パソコン

あたりでしょうか。
パソコンはもちろん持って行くと思いますが、家族で共有している場合は新たに買わなければなりません。もしくは冷蔵庫や洗濯機と同じように、買い替える予定が無いか聞いてみて、買い替えるのなら古い方はもらいましょう。
炊飯器や電子レンジについても同様です。

テレビについては、すでに持っている人も多いと思います。
完全に地デジに以降してからまださほど経っていませんから、テレビもまだまだ使えますよね。
「一人暮らしをしたらもっと大きなテレビが欲しい!」と思うかもしれませんが、はじめは実家から持ってきた小さなテレビでも良いのではないでしょうか。

その他、こまごまとしたものとしては、ドライヤー、扇風機、電気ケトルなどもあるといいですね。
実家に使っていないものが無いか、押し入れを漁ってみると良いのではないでしょうか。探してみると、ビンゴの景品で当たった電化施品が出てくるかもしれません。

持って行くべき雑貨

実は、家具・家電以上に、持って行くべきものが多いのは「雑貨」です。
雑貨は家具・家電ほど高いものは少ないですが、こまごまとしたものをたくさん買い揃えることになるのでけっこうな出費になります。
少しでも費用を抑えて現金を残しておくためにも、もらえるものはもらいましょう。

食器・カトラリー

食器とお箸、スプーン、フォークなどは、実家からもらうのがおすすめです。
100円ショップでも揃うものですが、100円でもいろいろ買えば数千円はかかります。
引越しの際には数十万円単位のお金がかかるので「数千円」と言うとたいした出費ではないように思いますが、数千円あれば飲みに行けますよ。
引越し後に「やっぱりもらっておけば良かった~」と後悔しないで済むようにしましょう。

家庭にもよると思いますが、たいていどこの家庭でも、食器の数って多くありませんか?
何人家族なのかしら?と不思議になるぐらいの食器があります。
最低限の食器はもらっていきましょう。

調理器具

調理器具も、実家に余っているものがあればもらいましょう。
同じような大きさのフライパンや鍋がある場合はもらえる可能性は高いです。また、フライ返しやおたま、菜箸などもチェックしておきましょう。

もしかすると、押し入れにもらいものの調理器具が眠っているかもしれません。

洗剤等、日用雑貨

洗濯洗剤、柔軟剤、食器用洗剤、ティッシュ、トイレットペーパーなど、必要以上に在庫を抱えている家庭って多いですよね。

特売をみると反射的に購入してしまう人も多いですし、なにかの景品としてもらうことも多々あるものなので、日用雑貨が収納スペースを占拠していることもあります。
在庫を減らしてあげるためにも、もらえるものはもらっておきましょう。

こうした日用雑貨は買えば済む話ですが、親に相談することで準備し忘れているものにも気づけます。
初めて一人暮らしをする場合は何が必要かが分からないと思いますが、お母さんに「これもらってもいい?」なんて相談すれば「これもいるんじゃない?」と自分では気づいていなかった必要なモノも教えてもらえるかもしれませんよ。

また、ハンガーや洗濯バサミももらっておきましょう。
特にハンガーはかなり大量にある家庭が多いので、たくさんもらえると思いますよ。

タオル類も、もらっておきます。
バスタオルやフェイスタオルももらうことが多いものですから押し入れに未開封のものが眠っている家庭も多いです。

実家からもらえばかなりお金が浮きます!

家具、家電、雑貨。
もらえるものはとことんもらっておきましょう。

場合によっては10万円単位で節約になりますし、手元に残るお金が10万円変わればその後の生活のゆとりも変わってきます。

また、一人暮らしをはじめてしばらくするとホームシックになる人もいますが、実は時価から持ち出したものが多いとなんとなくホッとできるものです。
実家にあった家具家電に囲まれていると実家のような雰囲気になるので落ち着くんですよね。

はじめは初めての一人暮らしにテンションも上がっていますし自分のこだわりのものを揃えたいという気持ちが大きいですが、一人暮らしに慣れたころにはホームシックになってしまうので、実家のものを持ち出すのはおすすめです。

また、一人暮らしを始めてみると、予想以上にお金のやりくりが大変なことにも気づくと思います。
やはり、実家暮らしと一人暮らしではかかるお金が全然違いますから、お金の大切さを痛感するのではないでしょうか。

そのときには、「実家からいろいろもらって良かった」と間違いなく思うでしょう。
自分のこだわりのものを揃えるのは、一人暮らしにも慣れて、お金のやりくりにも慣れてきてからでも良いのではないでしょうか。
一人暮らしを始める人は、実家から何が持ち出せるかチェックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事