引越し

マンションに住んでると、騒音問題が出てくることがあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

騒音イメージ

特に物音に対して敏感な方は、せっかく引越した新居で騒音に悩まされるのは避けたいですよね。では、騒音問題を避けるには、どのような物件を選べばよいのでしょうか?

スポンサーリンク

騒音の無いマンションは無い!?

騒音のない静かなマンションというのは、実は探すのが難しいのです。
騒音がうるさいかどうかというのは、

・建物の構造が遮音性の高いものになっているか
・近隣の住民の暮らしぶりは静かか
・周辺の環境は静かか

といったところが重要になってきます。

遮音性の高い物件とは?

建物の構造自体が遮音性に優れていれば近隣の住民が多少騒いでも問題ないように思ってしまいますが、賃貸マンションの場合は遮音性に優れた構造、という物件はなかなかありません。

なぜならマンションのオーナーは収益を出すために、建設コストを抑えていることが多いからです。ただ、比較的遮音性に優れている構造としては「鉄骨鉄筋造り」のマンションがおすすめです。さらに、10階建て以上などの高層マンションの場合は比較的壁も厚く丈夫に作られているので、遮音性も高いと判断できるでしょう。

また、数はあまりありませんが、防音対策を徹底している物件を探すのもポイントです。住宅情報を見ているだけではなかなか記載されていないものなので、不動産会社の窓口で聞いてみるのが早いと思いますよ。

もしくは、賃貸の一戸建てを探すという方法もあります。集合住宅に比べれば、一戸建ての騒音はかなり少なくなります。マンションに比べると数が少ないのが難点ですが、どうしても騒音を避けたいという人は一戸建てで探してみてくださいね。

ご近所さんはどんな人なのかをチェック!

遮音性の高い物件であっても、多少物音はするものです。また、遮音性の高い物件でなければなおさら隣人や上の階の住民の物音は気になります。

そこでまずは、騒音が気になる人の場合は角部屋かつ最上階を狙うのがおすすめです。両サイドに隣人がいる場合はどちらからも騒音が聞こえる可能性がありますが、角部屋なら片方からの騒音だけとなるので量としては半分になります。
さらに最上階の場合は、上の人の足音がしませんから騒音は比較的少ないと言えます。騒音を避けたい人は角部屋かつ最上階を選ぶようにしてみましょう。

ただ、角部屋や最上階というのは総じて家賃が高く、予算以内で良い物件を探すのは難しいかもしれません。予算とも相談しながら、慎重にお部屋選びをしてくださいね。

そして、近所に住んでいるのがどんな人なのか、ということも分かる範囲で調べましょう。昼間の内見のときには静かかもしれませんが、夜住人が帰ってきてからは騒音がどれぐらいするのか分かりませんよね。どうしても気になるのであれば、不動産会社の担当者にお願いして、夜間に再度内見できないか尋ねてみましょう。もしくは、はじめから夜に内見に行けるように平日の遅い時間に不動産屋さんを訪れるのもおすすめです。

担当者の協力が得られない場合は、自分ひとりで行っても良いでしょう。その場合部屋の中には入れませんが、その物件まで行ってみて、自分が検討している部屋の両隣や上下の階に騒音のうるさそうな人が住んでいないかチェックしておきましょう。

ちなみに、「ペット可」の物件の場合は、騒音については諦めた方が良いでしょう。
自身が買っているのがうさぎのようにうるさくならないペットであっても、ペット可の物件には犬もいます。犬の鳴き声はどうしようもありませんから、ペットを飼っている人は騒音を避けるのは難しいと思った方が良いかもしれません。

周辺の環境もチェックする!

物件の周辺環境も重要です。

たとえば線路が近い、大通りが近い、学校が近い、というような立地の場合は騒音が気になる場合があります。大通りが近ければ昼夜を問わず自動車の騒音やパトカー、救急車の音が気になるかもしれません。

線路が近ければ当然電車の騒音はうるさいですし、踏切が近くにあればさらに騒音は増します。ただ、夜寝るときさえ静かなら良い、という人なら、郊外の、終電時間の早い路線付近であれば騒音は気にしなくても良いでしょう。

学校が近い場合は夜間にうるさくなることは無いと思いますが、赤ちゃんがいる人は日中の騒音が気になりますよね。
学校があると体育のときや放課後の部活動の声や音が気になることも多いです。土日に内見に行った時には気にならなくても平日はうるさい場合もありますので注意してくださいね。

騒音を避けるのは難しい!

結局、騒音の無い物件を探すのは、かなり難しいと言えます。
建物の構造上、どうしても騒音が気になるところが多いですし、周辺の住民が静かだと思っていても入居者が変わって騒がしくなってしまう可能性もあります。

なかなか納得のいく物件に巡り合えないかもしれませんが、たとえば「夜だけは静かに過ごしたい」と思う人ならファミリー向けマンション、「昼間だけは静かに過ごしたい」という人であれば逆に単身者の多いマンションの方が静かだと思います。

四六時中物音のしない物件というのはほとんどありませんから、自分がこだわる部分に限って騒音の少ない物件を探すようにしてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事