お部屋探し

意外と重要?トイレと洗面所の位置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洗面所

トイレと洗面所の位置、気にしていますか?

お部屋探しをするときにはあまり重視されないところではありますが、いざ住んでみると困ることもあるので、ここではトイレと洗面所の間取りについて、お話ししましょう。

スポンサーリンク

ここにトイレと洗面所があると困る!

玄関から、トイレや洗面所のドアは見えていますか?

「玄関からリビングに続く廊下のサイドにトイレと洗面所があります」

というお宅は多いのではないでしょうか?

ということは……

自分がトイレに行っているあいだにチャイムが鳴り、家族の誰かが来客対応をすればどうなるでしょうか?

トイレを流し、ドアを開けると来客と鉢合わせることになります。
トイレが流れる音が響く中、来客と顔を合わせるのはイヤだ!という人は多いのではないでしょうか。

一人暮らしの場合はそんな心配はないと思いますが、2人以上の家庭の場合は自分がトイレ、もしくはお風呂に入っているあいだに家族の誰かが玄関を開けて来客対応をしている可能性が出てきます。

男性の場合はあまり気にならない、という人も多いと思いますが、女性の場合は気になる人の方が多いのではないでしょうか?

トイレと洗面所はここにあると安心!

では、トイレと洗面所はどこにあるのが良いのでしょうか?

一つは、玄関からリビングへの廊下が一直線になっておらず、曲がり角を超えたところにトイレと洗面所がある、というパターンです。これなら物音は聞こえるかもしれませんが、お客さんと顔を合わさずにさっとリビングに逃げ込むことができますから恥ずかしい思いをせずに済みます。

廊下はリビングまで一直線、という間取りも多いですが、廊下とリビングのあいだの廊下が曲がっていれば、この問題は回避できますね。

もう一つは、トイレと洗面所が玄関から離れたところにある、というパターンです。
たとえばリビングに入ってからのところにトイレと洗面所があれば、鉢合わせになることはなく、物音を気にする必要もないでしょう。

通常の部屋であれば、不便に感じたときは
「やっぱりこっちを寝室にしてあっちを子ども部屋にしよう」
なんていうこともできますが、トイレや洗面所、ついでに言えばキッチンも、別の場所に移動させるということはできません。

お客さんと鉢合わせになるのを避けたい人は、トイレと洗面所の位置、間取りも気にしながらお部屋探しをするようにしましょう。

希望の条件ではそんな物件が見つからない!という人へ

お部屋探しをするときには、家賃・エリア・広さ・周辺環境などさまざまな条件を決めて探すことになりますが、どうしても希望の条件では良い物件が見つからない、という場合もあると思います。

もっとも良い物件が、一直線の廊下にトイレと洗面所があるタイプ……

という可能性もあります。
特に引越し期限などが無い場合は自分が納得できる物件に出会うまでじっくり探しても良いのですが、たとえば転勤だったり子どもの転校の問題があるときには妥協しなければならないこともあります。

その場合は、仕方がないので自分ができる範囲の対策をしましょう。

廊下に目隠しを作る

玄関を入ってトイレや洗面所に到達するまでのところに、仕切りをする方法です。
と言ってもパーテーションなんかを置いてしまえば通るときに邪魔になりますから、カーテンを取り付けるのがおすすめです。家庭によっては、玄関にのれんをつけているところもありますよね。
のれんを丈の長いものにすれば人の気配はしても誰が通ったのかは分からないぐらいにはなりますから、なにもしないよりは良いと思います。

カーテンをつけると言ってもカーテンレールを設置する必要はなく、カーテンクリップを使えば良いでしょう。

カーテンクリップなら壁にわたしたつっぱり棒に通すだけで簡単に設置できるので試してみてくださいね。ただし遮光カーテンなど重みのあるカーテンの場合はつっぱり棒では耐えられない場合もあるので、薄めのカーテンを使うようにしてくださいね。また、暗い色を使うと玄関の印象が暗くなってしまうこともあるので、玄関の照明や窓の位置なども考えながら、合う色を考えるようにしましょう。

玄関を入るとすぐに部屋になってしまう間取りの場合

特に古めの物件などになると、玄関から部屋までに廊下はなく、ダイレクトにダイニングキッチンになっている間取りもあります。玄関を開けたら部屋全体が丸見えになってしまい、洗面所やトイレもすべて見渡せる、という場合は、パーテーションを使って部屋を区切るのがおすすめです。特に脱衣所すらない、というような物件の場合、お風呂から出た瞬間にお客様を出くわして大事件になってしまいます。

そのようなことを防ぐには、背の高いパーテーションを使います
ただ、パーテーションを買うのも費用がかかりますし、安く済ませたい、という人も多いですよね。
見た目にこだわりたい人の場合は市販のパーテーションの方が見栄えがするのでおすすめですが、「スタイリッシュさはこの際二の次!」だと思う人は、つっぱり棒を使ってパーテーションを手作りすることもできます。

つっぱり棒には床から天井までの長さで突っ張れるものもあり、2本使ってその間にカーテンなどを設置すれば十分間仕切りとして機能してくれます。安いものなら3,000~4,000円で揃いますからぜひ試してみてくださいね。
これなら賃貸の家でも壁や天井に穴を開けずに設置することができますよ。

もちろん始めからトイレや洗面所が見えない間取りの物件が見つかれば良いのですが、状況的に難しい場合は、自分で工夫して対処できるようにしておきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事