お部屋探し

キッチンのせいで腰痛発症?低いキッチンに要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチン

キッチンの高さによって、腰痛を誘発することがあるということをご存じでしょうか?

キッチンの高さが身長に合っていない場合は作業がやりづらくなり、身長に対してキッチンが低い場合は腰を曲げて作業することになるので腰痛になってしまうのです。

ですからお部屋探しをするときには、キッチンの高さにも注目しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

キッチンの高さ、自分に最適な高さが大事

キッチンの高さは、80~90センチ程度のものが多くなっています。身長に対して低すぎると腰が痛くなりますし、身長に対して高すぎると肩が凝りやすくなります。一般的に、キッチンの高さの目安は以下の計算式で求めることができます。

身長÷2+5センチ

つまり、身長160センチの人であれば

160÷2+5=85

85センチが適正な高さだということになります。この計算式を使って計算すると、適切なキッチンの高さの目安は以下のようになります。

身長150センチ……80センチ
身長160センチ……85センチ
身長170センチ……90センチ

ぜひ、お部屋の内見に行った際に参考にしてみてくださいね。

キッチンの高さは誰を基準にする?

一人暮らしの人であれば自分の身長で目安を計算すると良いですが、ファミリーの場合はそれぞれ身長が違いますから、もっともよくキッチンを使う人の身長に合わせるのが良いでしょう。

ですからたいていは「お母さん」の身長に合わせることになると思います。一般的なキッチンの高さが80~90センチであることを考えても、女性の身長を考慮して設計されていることがわかりますね。

引越してキッチンの高さが変わることで、腰痛や肩こりを発症する人もいますが、原因がキッチンの高さにある場合は対策をするのが非常に難しくなります。賃貸物件であっても、キッチンが老朽化していればキッチンをリフォームしてもらえることもありますが、たいていはカンタンにリフォームすることはできません。するとしても借主負担になることが多いですし、その場合は家族の理解が得られにくいのも問題です。

キッチンのリフォームには数十万円かかるものですし、本当にキッチンが原因かも分からないのにリフォームをするのは、特に夫が納得しない、というケースが多いようです。実際に日々キッチンに立つ人にしか分からない苦しみなので、なるべく契約前に自分にあった高さのキッチンを見つけるのが理想です。

キッチンの高さが合わない場合はどんな対策ができる?

でも、お部屋探しをするときには、家賃や間取り、周辺環境など他にも重視すべきところがたくさんありますから、「キッチンの高さが合わないからイヤ」とも言いにくいことが多いです。

では、そんな場合は自分でできる対策はあるのでしょうか?
キッチンが高すぎる場合、低すぎる場合、それぞれの対策を紹介しましょう。

キッチンが高すぎる場合

身長が低い方の場合は、キッチンが高すぎて肩が凝りやすくなります。でも、その場合の対策は比較的カンタンです。方法としては、

・踏み台を利用する
・厚めのキッチンマットを敷く
・厚底のスリッパを履く

といった方法があります。踏み台を使う人もいますが、踏み台を使うと移動が難しいですし、料理中に行ったり来たりするのが面倒になってしまいます。
そこでおすすめは、キッチンマットをスリッパです。

まずはスリッパでの調整がおすすめです。
キッチンマットの場合は厚手のものと言っても調整できる範囲が狭いですし、また、厚手のものは洗濯するのも大変になるので、それよりもスリッパで調整する方が手軽だと言えます。

スリッパなら踏み台と違って歩き回っても常に高い位置をキープできますし、キッチンマットに比べればお手入れも簡単です。
通常のスリッパではなく、厚底タイプのものを選びましょう。特にダイエット用として売られている厚底のスリッパは脚の引き締めも期待できるのでおすすめですよ。

そして、スリッパだけでは物足りない場合はキッチンマットを利用しましょう。
キッチンマットとスリッパを併用すれば、かなり身長を底上げすることができますよ。

キッチンが低すぎる場合

キッチンの高さで問題なのは、身長に対してキッチンが低すぎる場合です。キッチンが高すぎる場合はわりとカンタンに対策ができるのですが、キッチンが低すぎる場合は困ってしまいますよね。

キッチンの高さを高くすることもできませんし、自分の身長を低くすることもできません。
それでも、なんとか相性の悪いキッチンとうまくやっていく方法としては、以下のようなものがあります。

・立ち方を変える
・椅子を使う
・調理台とガスレンジの高さを上げる

まず、最も手軽なのは「立ち方を変える」という方法です。実際に身長の高い方はこの方法を実践している人も多いのではないでしょうか。

やり方はいたってシンプルで、大股開きに立つだけです。両脚を左右に開けばそれだけ身長は下がりますから、腰を曲げる必要はなくなります。脚の幅を変えながら、自分に最適な高さを調整してみましょう。

ただこの方法、人に見られるとちょっとびっくりされる、というのが難点です。

次に、椅子を使うという方法です。椅子に座れば身長はその分下がりますし、腰に負担をかけずに済みます。

ただ、キッチンで椅子を使うと膝がつっかえてしまいますから、結局は脚を左右に開いて、膝がぶつからないようにする必要があるので見た目はイマイチかもしれません。

また、椅子を使うと言っても、踏み台を使うのと同じように移動がしにくい、という難点があります。ただ椅子の場合は、キャスター付きのものを使えば移動はカンタンですし、高さの調整ができるのでより自分の使いやすい高さにすることも可能ですよ。

椅子を使う場合は、調理台を使わずにダイニングテーブルで作業するという方法もあります。食材を切ったり下ごしらえをしたり、といった作業だけでも座っておこなえば、腰への負担は軽減できるのではないでしょうか。

最後に、調理台とガスレンジの高さを上げる、という方法です。
カンタンにできる方法としては、ガスレンジの場合、ガスレンジ置場の両サイドにレンガを並べて、その上にガスレンジを設置するというやり方です。
これならレンガの厚みの分だけガスレンジを上げることができますし、ガスレンジの下が広くあくことで掃除がしやすくなる、というメリットもありますよ。

調理台の場合はもっと簡単です。厚みのある木材の板を敷いて、その上にまな板を置けば簡単に高さを上げることができます。調理台全体の高さを上げたい場合は、調理台の大きさに合わせた板を敷きます。

また、木材では重たくて片づけが面倒だという人は、発泡スチロール製のボードを使うと良いでしょう。ボードにも厚さは種類があるので、最適な厚さのものを選んでくださいね。

でもこの方法では、見栄えが悪いという問題があります。また、木材の場合は水がつくと傷んでしまうこともあるので、長年にわたってこの方法を使うのは無理がありますね。

その場合はステンレスの板を購入して設置する、という方法もあります。ステンレス板を扱っているお店なら希望の大きさにカットしてもらえることもありますし、木材のように片づける手間もないので一度設置してしまえばあとは楽だと思います。

身長が高くキッチンが低い場合は対策も大変になりますから、身長が高めの人は、できればお部屋探しの段階から極力こだわるようにした方が良いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事