お部屋探し

本当に喜ばれる、ご近所さんへ配る粗品をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

粗品

物件が決まり、いよいよ引越し準備!という段階になれば考えておきたいのが、引越し先でご近所に配る品物です。たいてい引越しの挨拶のときには洗剤などの品物をいただきますが、何を贈れば良いのか?予算はいくらぐらいが相場なのか?分かりませんよね。

スポンサーリンク

日用品が人気、相場は500~1000円

引越しの挨拶で持参する品物の相場は、だいたい500~1000円程度だと言われています。
配る件数によっても予算を変えるといいと思いますが、一軒家の場合は両隣と向かい3軒、裏側1軒で合計6軒程度に配るとしたら、1,000円程度の予算にしておくのがおすすめです。

また、マンションなど集合住宅の場合は配る戸数によっても違いますが、多い場合は500円で十分です。

人気があるのは洗剤などの日用品で、もらっても迷惑にならないもの、誰でも使うもの、という基準で選ばれることが多いですね。誰でも確実に使うから、という理由で、指定ゴミ袋を配る人もいるそうですよ。

日用品でももらって困るものがある?

引越しの粗品というと定番なのは洗剤や入浴剤が多いのではないでしょうか。でもこの2つ、実はもらってもうれしくない人もいるってご存じでしょうか。

どちらも肌に付くものですが、敏感肌で使えない人もいます。
洗剤の場合は環境のため、という理由で合成洗剤を嫌う人もいるので注意しましょう。と言っても洗剤や入浴剤は腐るものでもありませんから、喜ばれることはなくてもバザーに出したり人にあげたりすることはできるので、絶対に避けるべき、ということは無いと思います。

ほかにはどんなものが人気?

日用品で比較的喜ばれやすいのは、ラップ類です。
ラップにはサイズがありますから、2種類のサイズをセットにして贈るのも良いかもしれませんね。ラップを使わないという人はなかなかいませんから、おすすめの粗品です。

また、タオル類も人気があります。タオル類なら、布巾、ハンドタオルなどが良いのではないでしょうか。いずれも少し良いものにすれば、なかなか自分で買うものではないと思いますから喜ばれると思います。

また、変わり種としては手ぬぐいなども良いかもしれませんね。タオル類はあればなにかと使いますし、最悪雑巾として使うこともできるわけですから、嫌がる人はほとんどいないと思います。

食べ物は持って行かない方がいい?

食べ物については、意見が分かれるものなので、無難に済ませたいならやめておいた方が良いと思います。特に賞味期限が短い生菓子などはタイミングが合わず渡せないこともありますからやめておきましょう。

ただ、いくら好き嫌いがあるとは言え菓子折りをもらって嫌な人というのは少ないですから、クッキーなど保存がきいて、本人が食べなくても来客時に出せたり人にあげたりできるようなものなら大丈夫でしょう。

食べ物は好みもありますし、知らない人から食べ物をもらうこと自体に抵抗を感じる人もいますので、基本的には避けた方が無難だと思っておきましょう。

家主への挨拶は必要?

最近は家主とは言え管理会社に任せっぱなしという人も多く、また、借主のほうも挨拶にいく人は少なくなっているそうです。でも、よほど家主が遠方に住んでいると言うようなケースでもない限りは、挨拶しておいた方が良いのではないでしょうか。

契約時に家主と顔を合わせることも基本的にはないのですから、一度会って挨拶しておいた方が何か困ったときに助けになってもらえるかもしれませんよ。

契約書には、家主の氏名、住所、電話番号などが記載されているはずです。挨拶に行く場合は、事前に電話で都合を確認してから出向くと良いでしょう。

また品物については、他の家に配るものよりも少しグレードの高いものを持参するのが一般的です。他は500円にしたのなら家主へは1,000円程度のものを、他は1,000円にしたのなら家主には2,000円程度のものを選ぶと間違いないでしょう。
そして、町内会がある場合は、町内会長さんいも挨拶に行き、その際にゴミだしのルールなどを教えてもらうのがおすすめですよ。

「のし」はつけてもらった方が良い?

引越しの挨拶で持参する品物には、「のし」はあった方が良いのでしょうか?

基本的には、「のし」は必須ではありません。かと言って品物を買ってきたそのままの状態で渡すのはいただけませんし、簡単にラッピングしてある方が良いでしょう。

ただ、感じ方は人それぞれですし、やはり「のし」がついているとかしこまった気分になる人も多いものです。実際には「のし紙」を巻いて名前を入れるだけなのですから「のし」はあった方が良いのではないでしょうか。

「のし紙」には「御挨拶 ○○(名前)」と書くのが一般的で、品物を買ったときにお店で言えば対応してくれます。
百貨店などでなくスーパーでものし紙は置いてありますから、サービスカウンターへ行ってお願いしましょう。たいていのし紙をつけてもらうのは無料です。

引越しの挨拶で持参するものについては何が良いのか悩んでしまいますが、まだ知らない人に贈り物をするわけですから好みも分からないのが当然ですし、あまり気負いすぎず、かと言って押しつけがましくならない範囲で選べば良いと思いますよ。引越しの挨拶をきっかけに交流が始まることもあるので、挨拶のときには自分の身だしなみも整えて、明るく挨拶に向かうようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事