片付け

勉強大好きな子供が育つ勉強机とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リビングルーム

リビング学習

という言葉を聞いたことがありますか?難関大学に進学するような子どもは、たいてい子ども部屋ではなくリビングで勉強しているそうです。

ですから、最近では小学校にあがっても勉強机は買わずに、リビングのダイニングテーブルで勉強をさせる、という家庭も増えているんですよ。

ここでは、子どもが勉強を好きになってくれるような学習環境の作り方について考えてみましょう。

スポンサーリンク

リビング学習の実態

東大生の半数はリビングで勉強していた!

というデータがあります。
リビング学習の是非について語られる場面では必ず目にするデータです。

ここで気を付けたいのは、東大生の半数がリビング学習をしていた一方で、あとの半数はリビング以外(おそらく子ども部屋)で勉強していた、という事実です。

なんとなく「リビング学習にすれば子どもが賢くなる」なんて勘違いしがちですが、実際には「リビングで学習することにもメリットがある」という程度に受け止めておくのが良いのではないでしょうか。

リビング学習の方法とは?

リビング学習には、大きく分けて二つの方法があります。
それは、

・ダイニングテーブルで勉強する
・リビングに学習机を置く

というものです。

ダイニングテーブルで学習する方法

まずダイニングテーブルで学習する場合ですが、この場合は学習机を買わない、という選択肢をとることになりますから、教科書やランドセルなどの置場を別途設ける必要があります。専用の棚をリビングに設置しても良いですし、「荷物は子ども部屋」ということも可能です。また、小学校低学年ぐらいであれば教科書などの量も少ないですから、簡単なカゴのみで対応している家庭もあります。

ただ、ダイニングテーブルで学習する場合には、テーブルの上はつねにモノがない状態にしておくことをおすすめします。花瓶に花が活けてあるとかテレビのリモコンが置かれている、という程度なら良いのですが、それ以上にモノが散らかっている状態にするのは避けましょう。モノが多いと気が散って学習に集中できなくなってしまいます。

もちろん、子どもが勉強しているあいだはテレビは消すようにしましょう。夕方の情報番組は見たくなるものですが、ここはガマンです。

ダイニングテーブルならキッチンからも近いので、お母さんが夕飯の支度をしながら子どもが勉強している姿を見られる、とうメリットがあります。子どもの方も、一人で子ども部屋で勉強するよりは安心感が得られるので、子ども部屋よりもむしろ集中しやすくなるというメリットがあるんですよ。

リビングに学習机を置く方法

一方、学習机は買うものの、子ども部屋には置かずにリビングに設置する、という方法もあります。

最近ではリビングに設置しやすいように工夫されている学習机も販売されているんですよ。リビング用学習机の場合は奥行きが浅めに作られており、デザインもリビングになじむようなシンプルなものが多いです。一般的な学習机よりも省スペースで置けるので、リビングに置いても邪魔になりにくいのが魅力ですね。

家庭によっても異なると思いますが、基本的にはリビング学習をさせる場合には、学習机を置く方がおすすめです。ダイニングテーブルを使う場合でも結局は子どもの荷物置き場を考える必要がありますし、スペースや家具の購入費などはさほど変わりません。

さらに大事なのは、「お母さんの余裕」です。
「いつもダイニングテーブルはピカピカに片付いているから大丈夫♪」という人ばかりではないと思います。もちろんいつでもキレイに片付いているのが理想ですが、特に働いている人の場合はダイニングテーブルがプチ荷物置きと化しているケースも多いと思います。

また、お母さんが自分専用のデスクなどを持っているなら別ですが、たいていダイニングテーブルはお母さんの憩いの場でもありますよね。家計簿をつけたり、学校のプリントに目を通したりするのもダイニングテーブルで、という方は多いと思います。

そんなパーソナルスペースを子どもに明け渡してしまうと、お母さんの居場所がなくなってしまいますし、たいしたことではないように思えても、やはりじわじわと疲れが溜まってしまうかもしれません。

幼稚園・保育園のあいだや小学校低学年ぐらいまでは学習時間自体も短いですし、子どもが助けを求めてくることも多いですからダイニングテーブルを使うのも良いですが、その後は専用の学習机を用意してあげた方が、お母さんにとっても過ごしやすくなると思いますよ。

子どもにとっても、学習机は重要なスペースです。それこそ「パーソナルスペース」となりますから、自分でモノの置き方を工夫してみたり、鍵付きの引き出しに宝物(という名のガラクタ)を収納したりと楽しみながら片づけの方法が学べます。

また、怒られたり兄弟げんかをした後にも、こうしたパーソナルスペースがあることで気持ちを落ち着けることもできますから、ぜひ学習机の購入を検討してみてくださいね。

こんな机なら勉強したくなる!?

まず、学習机はシンプルな状態にしましょう。
親世代の人たちが子どもの頃にはディズニーなどのキャラクターものが多かったと思いますが、最近はそういうものは少なく、シンプルなデザインが多くなっています。

また、机の正面に棚が多すぎるものは避けた方が良いですね。なぜなら、気が散るからです。勉強中に必要なのは、教科書や辞典、図鑑程度でしょう。でも棚が多すぎる場合は他にも漫画や人形などごちゃごちゃと置いてしまいがちです。そうすると気が散って学習に集中できなくなりますから、思い切って正面には棚のないものを選ぶのもおすすめですよ。

さらに、気を付けたいのがデスクマットです。
デスクマットがあると机事態を汚すことがないのであれば便利ですが、ここでもキャラクターもののデスクマットは避けましょう。理由はもうお分かりですよね。集中できる環境を作るためです。

おすすめは透明のデスクマットですが、この場合も、机とデスクマットのあいだにあれこれと挟むのはやめるように言いましょう。勉強以外のものは基本的には挟まない、挟むとしても思い出の写真程度なら良いですが、間違ってもカードゲームのカードダスなどは挟まないことをおすすめします。

また、学習机の上に何を置くか、ということも重要です。
ワンピースやプリキュアのフィギュアなどを置かない方が良い、というのは当然のことですよね。なるべく勉強に関係ないものは排除し、引き出しの中に収納しておくようにしてくださいね。

机の上に置くべきものとしては、辞典があると良いでしょう。国語辞典と漢字辞典は頻繁に使うものですから、棚の上などに置かずに座った状態で手が届く範囲におくのがおすすめです。また、調べ学習などで活躍する図鑑も、机の上に置いておくのがおすすめです。

さらに、学習机の周辺にも気を配りましょう。
アニメのポスターなどは、学習机周辺には貼らないようにします。カレンダーもキャラクターモノは避けるようにしましょう。

学習机周辺にはアルファベット表や日本地図などを貼っている家庭が多いと思いますが、これらも壁の上の方に貼っておくのがおすすめです。いくら学習に役立つとは言え、勉強中に視界に入ってしまうと気が散ってしまいます。見上げた位置に貼るようにしてくださいね。

学習机は収納が充実しているものが多いのであれもこれも収納してしまいがちですが、なるべく勉強に関係ないものは収納しないようにしましょうね。

もちろん学習環境を整えたからと言って、子どもの成績が上がるわけではありません。実際に勉強するのは子どもですし、過度な期待をするのはやめましょう。ただ、学習環境を整えることで、子どもが勉強しやすくなるのは間違いありません。

親ができることは多くはありませんが、学習環境を整えてあげることで子どもの学習をサポートしてあげたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事