掃除

キッチン掃除を毎日しかも簡単に済ませる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

68

キッチンはいつも使うところですから汚れやすいところです。

水垢がついていたり、シンクにぬめりがありませんか?
コンロ周りの油はねがベタベタしていませんか?

キッチンが汚れていると見た目も悪いですが、問題はそれだけではありません。
キッチンは料理を作るところです。
料理を作るところに雑菌が繁殖していれば、食中毒の危険性も増しますから、キッチンはもっとも衛生的にしておかなくてはならない場所だと言えるでしょう。

でも実際には、食器を洗うのすら面倒で、数日分溜めていよいよコップがなくなってきてから一気に洗う、という人もいます。
食器を洗うだけでも面倒だと感じていると、キッチンの掃除まで手が回りません。

そこで、ここではずぼらな人でも続けやすい、キッチン掃除の方法を紹介しましょう。

スポンサーリンク

いつやるか!?

キッチン掃除は毎日しておきたいところですが、問題は「いつやるか?」です。

時間がとれるときでいいのですが、基本的には毎日同じ時間に掃除しましょう。

「夕食の後」など決めておくことで習慣化しやすいですし、習慣になれば毎日の掃除は苦にならないはずです。
ちなみにおすすめは夜ですね。夜に一日分の汚れをキレイに取ってしまうと気分もすっきりするものです。

まずは時間を決めて、実践してくださいね。

食器を洗うその流れで!

食器来も面倒なものですが、いざやり始めたらあっというまに終わるものですよね。だいたい、一般的なファミリーであれば10~15分もあれば完了します。

そして、食器を洗うついでにキッチン掃除をする習慣をつけてしまえば、かかる時間はせいぜいプラス5分程度ですし、毎日の掃除なら実際には1~2分あれば十分かと思います。

STEP1:洗った食器をすぐに片づける

まず、毎日キッチン掃除をするためには、洗った食器はすぐに片づけるようにしましょう。

食器が乾燥するまで水切りカゴに置きっぱなしでは、食器洗いのついでにキッチン掃除をするには邪魔です。

食器を拭くための布巾を用意して、すべて拭いてから片づけましょう。フライパンや鍋などの調理器具も拭いて片づけてくださいね。

STEP2:炊飯器&オーブンレンジを拭く

食器緒すべて片づけたら、その流れで炊飯器やオーブンレンジもささっと拭きます。

他にも汚れがついているところや水滴が飛んでいるところがあれば拭きましょう。

STEP3:調理台&コンロ周りを拭く

軽い汚れや水滴をふき取ったら、今度は汚れの多い部分を拭いていきます。
食器→軽い汚れ→油汚れ、という順番で拭いていけば、一つの布巾で完了するので楽なんですよ。

調理台は野菜のクズなどが落ちていればすべてシンクに落としながら拭いていきます。

コンロ周りは油がはねているところなので布巾がぎとぎとになります。油汚れがひどい場合は先にティッシュやキッチンペーパーを使って拭いた方が良いでしょう。おおまかな汚れを落としてから布巾でキレイにふき取ります。

コンロ奥の壁にも油が跳ねているので拭いておきましょう。このときには布巾はけっこう濡れているはずですので、汚れが簡単に落とせます。換気扇も届く範囲でいいのでおおまかに拭いておきます。(気分が乗っているときには脚立を使ってすべて拭きます。)

STEP4:布巾をしっかり洗う

一通り拭き終わったら、布巾を洗います。
洗剤をつけてしっかり洗ってくださいね。
布巾には雑菌が繁殖しやすいですから、洗い終わったあとに熱湯をかけて消毒しても良いと思います。
洗い終わったらしっかり絞って、乾きやすいところに干しておきましょう。室内はどうしても雑菌が繁殖しやすいので、なるべく外に干す方が良いですよ。

STEP5:三角コーナーのゴミを処理する

三角コーナーのゴミは溜まっていなくても毎日掃除します。
ステンレス製の三角コーナーなら熱湯消毒しておくと良いでしょう。

ただ、ずぼらな人は、そもそも三角コーナーを使わない、という手もあります。
筆者は筋金入りのずぼらなので三角コーナーは使いません。
調理中に出る野菜のヘタや皮、食べ終わった魚の骨などは、その都度ビニール袋に入れておきます。
ビニール袋を何枚も使うのはもったいないので、調理中に出したビニール袋は封をせずにそのまま置いておき、魚の皮も入れ、キッチン掃除のときに残りの生ごみを入れて捨てます。

三角コーナーの掃除が面倒な人は試してみてくださいね。

STEP6:シンクの掃除をする

拭き掃除は一通り終わりましたが、シンクはまだでしたよね。

先にシンクを掃除してしまうと布巾を洗うときにまた汚れてしまうので、最後に掃除するのがおすすめです。

使用済みのティーバッグがあれば、それでシンクの掃除をします。シンクの底や壁面をすべてこすって、汚れを落としましょう。
ティーバッグが無い場合は使用済みのラップでもシンクが拭けます。どちらも無い日はキッチンペーパーを使いましょう。

STEP7:生ごみの処理をする

三角コーナーはさきほど掃除しましたが、今度は排水口です。
筆者は三角コーナーを使わない代わりに排水口が三角コーナーのようになっています。

ずぼらな人は、ネットは使わない方が良いと思います。ネットを使ってもどっちみち排水口はぬめりますし、ネットを取り換える手間が面倒ではありませんか?
筆者は、調理台に新聞紙を敷いて、その上に排水口に溜まった生ごみを捨て、新聞紙でくるんで前述のように、野菜の皮などが入ったビニール袋に入れています。

STEP8:夏は排水口のニオイ対策を忘れずに!

冬は毎日やる必要はありませんが、暑い季節はなるべく毎日排水口対策をしておきます。

生ごみの処理をしたら、排水口に重曹をたっぷりふりかけます。
そして、この度は酢水スプレーを振り掛けます。すると化学反応を起こしてシュワシュワと発泡し、汚れ・ぬめりを軽減してくれます。
重曹などを使わなくても、「お酢のティンクル」みたいな市販のスプレーを使用してもかまいません。

そして熱湯を流します。これで消毒完了です。
ただ、これだけだと熱湯が冷める段階で雑菌が繁殖しやすいと思うので、最後にたっぷりの水を流して、排水溝のトラップ部分にお湯が残らないようにすると良いですよ。

STEP9:シンクを拭いたら掃除完了

一番最後に、シンクを拭いて終了です。

先ほどとは別の布巾を用意して、シンクを乾拭きします。
この布巾をまたキッチンで洗うわけにはいかないので、洗濯機で洗うと良いでしょう。

洗濯機で布巾を洗うことに抵抗がある人は、ここはティッシュやキッチンペーパーを使って拭いてください。

これでキッチン掃除終了です。お疲れ様でした。

キッチン掃除はなるべく簡単にすることで続けやすい

以上、キッチン掃除の方法を紹介しましたがいかがでしょうか?

使う用具は布巾とティーバッグぐらいなもので、あとは必要に応じて重曹などですね。
キッチン用のスポンジを使う人もいますが、食器用洗剤とり間違えそうで怖いのでわたしは使いません。キッチン掃除用のスポンジの置場を新設することで、そのスポンジ置場を掃除するのが面倒になりますし。

こうして文章にしてみると9ステップもあってちょっとびっくりしましたが時間にすれば1ステップあたりは10~数十秒ぐらいなものですから大した手間ではありません。本当にさささっと終わってしまいます。

わたしはずぼらな上に飽き性ですから、食器を洗っているあいだは立ちっぱなしがつらくて片脚立ちとかしながら洗っていますが、掃除中はせかせかと動き回るので飽きることもなくできていますよ。

食器洗いすら面倒くさい!と思っている人も多いと思いますが、それはわたしも同じです。
でも、食器洗いを始めればついでにキッチン掃除をすることは本当に面倒ではありませんしすぐに試してみてください。

最後に、やる気が起こらなくてなかなか食器洗いに取り掛かれない人にアドバイスです。
それは、「おなかいっぱいまで食べないこと」。
腹八分目にしておけば食後すぐに動くのもしんどくありません。満腹になるまで食べるから動くのが嫌になるのだとわたしは思っています。
ダイエットも兼ねて、食事を控えて食後すぐに動けるようにしてみてくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事