掃除

常備しておけばいつでも簡単お掃除!重曹スプレー&酢水スプレーの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

96

重曹やお酢など、自然に優しい素材を使った掃除法があります。ナチュラルクリーニング、なんて言われていますよね。

合成洗剤よりも環境に優しいと言われていて、しかもいくつもの洗剤を使い分ける必要もなく、ほとんどの場所が重曹とお酢で掃除できるので、お財布にも優しい掃除方法です。

でも、ナチュラルクリーニングが良いと分かっていても、やり方が分からなくて実践できていない、という人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここではナチュラルクリーニングには欠かせない、重曹スプレーと酢水スプレーの作り方と使い方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スプレーの作り方

掃除をするときにはスプレータイプの住居用洗剤を使う人も多いと思いますが、手作りの重曹スプレーを酢水スプレーがあればほとんど住居用洗剤の出番はありません。

作り方はとっても簡単なのですぐに実践できると思いますよ。

重曹スプレーの作り方

まず、重曹スプレーを作るときに準備するものはこちらです。

・スプレーボトル
・重曹
・漏斗(ロウト)

【作り方】
まず、スプレーボトルに水を入れます。
水100mlに対して重曹小さじ2杯程度を入れます。ボトルの口に漏斗をさして入れるとこぼれることがありません。

フタをしめて、シャカシャカと振って混ぜます。
これで重曹スプレーの完成です。

ペパーミントのエッセンシャルオイルを1~2滴たらしておけば、消臭・殺菌効果もある重曹スプレーになりますよ。

重曹を安く買うには?

初めてナチュラルクリーニングをする場合、いきなり重曹をたくさん買うのは怖いですよね。

「使いこなせなかったらもったいない」

そう思う人もいると思います。
そんな人は、まずは100円ショップで買いましょう。
100円ショップなら小さなものが売られていますよ。

また、重曹を日常的に使えるようになりたいという人は、ネットで買うのが安いと思います。まとめて買えば送料が無料になることもあります。

重曹にはいろいろ使いみちがあるので、たっぷり買っても使えると思いますよ。

ただし、重曹には種類があります。
「ふくらし粉」として、もしくは野草のアク抜きとして、料理に使うこともありますよね。スーパーでベーキングパウダーと並んで売られていいます。

でも、掃除に使う場合は、掃除用の重曹を使いましょう。
食品として売られている重曹と掃除用の重曹は精製度が違い、値段も全然違います。

ただ、掃除用の重曹を料理に使うのはやめてくださいね。

酢水スプレーの作り方

次に、酢水スプレーの作り方です。

以下のものを用意しましょう。

・スプレーボトル
・酢

【作り方】
まず、スプレーボトルに水を入れます。
水100mlに対して酢を50mlを入れます。

フタをしめて、シャカシャカと振って混ぜます。
これで酢水スプレーの完成です。

お酢のニオイが苦手なんですが?

お酢のニオイは独特なので、苦手な人もいると思います。
お酢が好きな人でも、掃除をしているときにお酢のニオイが部屋に充満するのは避けたい、という人もいますよね。

実際にはお酢のニオイはすぐに飛んでしまうのでいつまでも酢臭いわけではないのですが、お酢のニオイを避けたい人は「クエン酸」を使うと良いでしょう。

クエン酸はドラッグストアや100円ショップにも売られています。

ちなみに、お酢の場合は一般的な「穀物酢」を使いましょう。
味付けがされている「寿司酢」や、美容のために飲むような「はちみつリンゴ酢」などはNGです。
そんなものを使ってしまうと掃除にならず、虫が寄ってきてしまいますよ。

スプレーボトルについて

使用するスプレーボトルは100円ショップで売られているものでも、無印良品のものでもかまいません。

個人的なおすすめとしては、コスメグッズ売り場にある、化粧品用のスプレーボトルです。
わたしは100ml程度のスプレーボトルを愛用しています。

掃除用のスプレーボトルに比べると小さいので場所を取りません。
重曹スプレーや酢水スプレーはそこまで大量に使うものではありませんから小さなボトルでも十分長持ちしますし、持ち運びも便利です。

部屋の掃除をするときには、エプロンのポケットに入れておけるので手に持って移動する手間が省けますよ。

ただ、コスメ用のスプレーボトルは1回に出る量が少ないです。
わたしはその方が微調整がしやすくて好きなのですが、「プシュ!!」と勢いよく噴射したい人は掃除用のスプレーボトルを準備してくださいね。

重曹スプレーと酢水スプレーの使い方

重曹の特性と使い方

重曹にはこんな特性があります。

・アルカリ性
・研磨効果
・乳化効果
・消臭効果

重曹を振り掛けてこすると研磨効果によって汚れが落としやすくなります。
乳化作用によって油汚れも落としやすいのでガスコンロの掃除にも使えます。
また、「ファブリーズ」に頼らなくとも、重曹スプレーを消臭スプレーとして使うこともできるんですよ。

わたしは家中あちこち重曹スプレーをシュッシュして家のニオイを消臭しています。
また、魚を焼いた後には魚焼きグリルを洗いますが、この時に重曹を振り掛けてから洗うと油汚れも取れて、魚のニオイも消せます。部屋に充満した魚のニオイは部屋中にスプレーして対処します。

酢の特性と使い方

お酢にはこんな特性があります。

・酸性
・抗菌効果
・柔軟効果

酢には抗菌効果があるので、水周りの掃除に使うとカビを予防できます。
お風呂に入ったあと、浴室に酢水スプレーを振っておくのもおすすめです。

また、酢は酸性なので、アルカリ性のモノを中和して落とす、ということも得意です。そのため石鹸カスや水垢を落とすのにも向いています。

重曹をかけた上から酢水スプレーをすると発泡して、汚れを落とすので、排水口の掃除にもお勧めです。
その際には酢水スプレーではなく温めたお酢の原液をかけるとより強く発泡してくれますが、日々の掃除なら酢水スプレーで十分だと思います。

そして、酢には柔軟効果もあります。
洗濯に合成洗剤を使わずに「粉せっけん」を使う人もいますが、そういう人は柔軟剤を使うのにも抵抗があるものです。

でも、柔軟剤の代わりにお酢を入れれば、酢が柔軟剤の役割をして衣類を柔らかく仕上げてくれるんですよ。

みんな、はじめは使い方が分からなかった?

重曹やお酢を使った掃除が環境に良い、と聞いて興味はあるものの、いまいちやり方が分からない、という人は多いです。

わたしもその一人でした。
今から6~7年前に初めてチャレンジしたと思いますが、はじめは使い方がよくわかりません。

どういうところに重曹を使えばいいの?
お酢はどれぐらい入れればいいの?

なんて考えて、はじめはいちいち調べながら実践していました。
でも、いろいろ調べると人によって使い方や使う量、スプレーを作る際の比率なんかが違うんですよね。
それで結局どうすれば良いのか分からなくて、調べるのも面倒くさくなって徐々に使わなくなってしまいました。

その間、トライしては飽き、トライしては疲れ、なかなかナチュラルクリーニングが定着しない日が続きました。

そこで、わたしは1冊の本を買いました。
やはりネットの情報だとどれが正しいのか判断できなくなってしまうので、あれこれいろんなサイトを見てまわるよりも、1冊の本を買った方が正解でした。

その本には重曹やお酢以外にも石鹸やエタノールなどを使いながら掃除する方法が書いてあって、家中のいたるところの具体的な掃除方法が載っているのでとても参考になりました。

みなさんも、ナチュラルクリーニングにチャレンジするなら、本を購入することをおすすめします。

その後わたしはナチュラルクリーニングをする頻度を増やしていき、今は合成洗剤も取り入れつつ基本的にはナチュラルクリーニング、というスタンスに落ち着いています。(重曹や酢は効き目がおだやかなので、場合によっては効果が得られないこともあるんです)

わたしは既述のように、スプレーはコスメ用を使っているので場所をとらなくて良いですね。
また、重曹は粉のまま振り掛けて使うことも多いので、100円ショップで買った、塩などをいれるための調味料瓶を使っています。
はじめから振り掛けられるようになっている容器の大きな重曹も持っているのですが、普段のちょっとした掃除なら小瓶に入っている方が手軽です。100円ショップのくせに可愛い瓶なので、キッチンにそのまま置いていても気になりません。

それまでは住居用洗剤やカビとり洗剤などさまざまな洗剤を取り揃えていましたが、今では洗剤の種類はかなり少なくなっています。

ずぼらなわたしでもできているので、ナチュラルクリーニングはさほど難しいものではないと思います。むしろたくさんの洗剤を収納する手間も省けるので、もしかしたらズボラな人こそ、ナチュラルクリーニングが向いているかもしれませんよ。
気になる人は、ぜひ試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事