シングルマザー

母子家庭の家計はどんな感じ?食費や光熱費が知りたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

102

母子家庭の家計。

人それぞれだと分かっていても、よそ様がいくらぐらいなのか、気になりますよね~。

ただ、母子家庭の家計ってあんまりデータが無い。
「すてきな奥さん」などの主婦向けの雑誌でもシングルマザーが出てくることはあまりないのではないでしょうか?
(筆者は滅多に読まないのですが、一度だけシングルマザーの方が載っているのを見たことがあります)

スポンサーリンク

そこで、ここでは母子家庭の家計がどんな感じになっているのか、見てみましょう。
参考にしてみてくださいね!
※いずれも子どもは一人で計算しています。

■今月のシングルマザー注目の記事はこちら■
シングルマザーにおすすめの生命保険のプランを相談してきました

パターン1:会社員、手取り13万円程度のシングルマザーの場合

【収入】
給料     13万円
児童扶養手当 3万5千円程度
児童手当    1万円

収入合計   17万5千円程度

【支出】
家賃   45,000円
光熱費  12,000円(年間平均)
携帯代   6,000円
パソコン  4,500円
生命保険  7,000円(子どもの共済込)
学資保険 10,000円
食費   20,000円(外食込)
日用品代  5,000円
予備費  10,000円
保育料  5,000円

支出合計 124,500円

この家計の場合、児童扶養手当と児童手当には一切手を付けずに家計を回すことができています。とても優秀な家計だと言えるでしょう。

ちなみにこの家計のモデルは、わたしが会社員だったころのものに手を加えて作ったものです。

パターン2:アルバイトで手取り8万円程度のシングルマザーの場合

【収入】
給料     約8万円
児童扶養手当 約4万円
児童手当    1万円

収入合計   13万円

【支出】
家賃   25,000円
光熱費  10,000円
携帯代   7,000円
生命保険  7,000円
学資保険 10,000円
食費   10,000円
日用品代  3,000円
保育料   3,000円
予備費  10,000円

支出合計 85,000円

この家計の場合は、家賃がとても安いので支出がかなり抑えられています。生命保険にも加入できていますし、健全な家計ですね。
ちなみにこの家計も創作ではありますが、実際にわたしが離婚当初に想定した家計です。
パソコンを持つゆとりはありませんが、最低限の生活はできます。
ただしここまで抑えようと思えば、食費は節約するために外食はできません。まぁ、小さい子どもと外食する方が疲れるので自炊の方がおすすめです。

パターン3:会社員で手取り20万円のシングルマザーの場合

【収入】
給料    20万円
児童扶養手当2万5千円程度
児童手当   1万円

収入合計  23万5千円

【支出】
家賃    45,000円
光熱費   12,000円
携帯代    4,000円(キッズケータイ込)
パソコン   4,000円
生命保険  13,000円(子どもの共済込)
学資保険  10,000円
奨学金返還 11,000円
食費    25,000円(外食込)
日用品代   5,000円
保育料    3,000円
レジャー費 15,000円
予備費   20,000円

支出合計 167,000円

この家計は、筆者の家計にもっとも近い形です。
もっとも筆者は会社員ではないのですが、自営業の家計簿では一般的な会社員の人には分かりづらいかと思い修正いたしました。
わたしの場合、まず生命保険が高めになっています。これは、母の生命保険もわたしが支払っているからです。母に仕送りとしてまとまったお金を送れない代わりといったところです。

また奨学金は、日本学生支援機構のもので、高校3年間と大学を中退するまでの2年間に借りたもの。無利子なのでのんびり返していますが、早く解放されたいですね。

それから、手取り20万円程度あれば、十分外食もできるようになります。
毎月これだけのお金を使うわけではなく、予備費は余った分はプールしておいて、洋服を買ったり美容院に行ったりするときに使います。
これでもまだ余っている分はすべて貯蓄になります。

赤字家計になっている人は今すぐ見直しを!

シングルマザーの家計、収入別に3パターン紹介しましたが、いかがでしょうか?
実際には、こんなにうまくやりくりできない!という人も多いのではないでしょうか。

比較的家賃の安いところに住んでいて、しかも都市部であれば良いかもしれませんが、

「田舎だから絶対車が必要!」という人は車にお金がかかりますし、

「家賃が高いから赤字になる!」という人もいるでしょう。

でも、現在赤字家計になっているのであれば、今すぐ見直しをしてください!

まず、今以上に収入が増やせないか考えてみましょう。
収入を増やす方法としては、転職するとか副業する、といった方法がありますが、目先の収入だけでなく、将来を見越したスキルアップをおすすめします。

子どもが小さいうちはシフトにも制約があるので十分に働けなくても、子どもが成長すればある程度フルタイムでも無理なく働けるようになります。そのときに、より良いお給料の仕事に就けるように「使える」資格をとっておくのはおすすめです。

さて、次に考えるのが支出を減らすということ。
もっとも家計を圧迫しているのは家賃ですから、市営住宅、県営住宅などの申込をしてみてはいかがでしょうか?
人によっては「子どもを転園・転校させるのがかわいそう」と思っている人もいますが、子どもなんてすぐに慣れます。万が一いじめられるようなことがあればその時は全力で守ってあげればいい話ですし、そもそも転校しなくてもいじめに遭う可能性はあります。

市営住宅などであれば大幅に家賃を抑えられますから、ぜひ申し込んでおきましょう。

またこれから離婚する人の場合。
もし、ご実家に頼れない、というのであれば、思い切って知らない土地に引越しする、という方法もあります。家賃が安くて、かつ車がなくても公共交通機関が充実しているところであれば、今住んでいるところよりも暮らしやすいかもしれません。
家賃の相場は住宅情報サイトを見れば分かりますし、公共交通機関が充実しているかどうかはグーグルマップを見れば分かりますよね?
その他自治体の子育て支援などの制度についてはその自治体のホームページを見れば分かります。
知らない土地への引越しも視野に入れると選択の幅がぐっと広がりますよ。

そして、食費や光熱費のこまごまとした節約も実践してください。フルタイムではなくパート勤務の人は、「やることが多い」とは言えフルタイムで働くのに比べたら時間はやりくりできるのですから、より安いお店で買い物をしたり、図書館に行って節約法を勉強するなどして支出を抑える努力をしてくださいね。

それから、インターネットやケータイ代、生命保険料などの固定費の見直しも欠かせません。

よく、「ケータイは必需品だけどパソコンはぜいたく品」だと考えている人がいますが、わたしはむしろ

「パソコンは必需品だけどケータイのパケ放題はぜいたく品」だと思っています。
ケータイは「電話機」としての機能のみにしてしまって、最低限の電話とメールをするだけにした方が節約になると思います。
もちろん、パソコンはほとんど触っていない、という人の場合はパソコンを解約した方が良いというのは言うまでもありません。

生命保険に関しても、シングルマザーの場合は子どもを一人で育てなければならないという不安から、過剰に保険に入っている人も少なくありません。営業マンも、シングルマザーだとここぞとばかりに不安をあおってきますしね。

自分が加入している保険に自信がないのであれば、見直しをしておきましょう。

一方で、生命保険に一切加入していないとか、共済の2,000円のプランに加入しているだけ、という人も注意が必要です。

「お金が無いからそんな余裕はない!」と思われるでしょうが、ゆとりの無い人こそ、保険は必要です。万が一、今倒れて入院でもしてしまったら、生活は立ち行きますか?
生活が立ち行かないと感じるのであれば、生命保険に加入しておいた方が良いですし、共済にしか入っていない、という人も、一度どこかの保険会社に相談してみてプランを見せてもらうのもおすすめです。若い人の場合は、共済と変わらないぐらいでより充実した保障を得られることもあるんですよ。

母子家庭になると、食費と光熱費は安くなる!

これは一概には言えないのですが、母子家庭になると、食費と光熱費が安くなった!と感じる人は多いようです。

これは、わたしも実感しています。

まず食費。
夫がいる場合は、準備すべき量が多いですよね。
それだけお金はかかります。

しかも成人男性がいると、「がっつり」「こってり」したものを準備しなければならないことも多いです。
わたしも節約と健康を兼ねて肉の割合を減らしたら思い切り文句を言われました。

さらに金遣いの荒い男性の場合はすぐに外食しようとしますから、それだけお金はかかります。晩酌のビール代もバカになりませんよね。

成人男性がいなくなれば、食費は大幅に下がるのが一般的です。
ちなみに我が家の場合は、わたしと小学生の息子の2人ですが、外食ナシなら1万円でおつりが来ます。それだけお金がかからないということですね。

次に光熱費。

結婚中、何度注意したことでしょうか。

電気のつけっぱなし
シャワーの温度を異様に高く設定する
寝てるくせにつけっぱなしのテレビ

などなど。
思い当たる人も多いのではないでしょうか?

また、今まで専業主婦だった人が働くようになると、昼間に使う電力が大幅に減ります。これだけでもかなり変わってきますよね。

水道代やガス代についてはお風呂で使っている分が多いのですが、やはり成人男性が一人いなくなるだけで全然違います。筆者の場合は朝夜2回お風呂に入りたい夫だったので、かなりお金が浮くようになりました。
わたしも息子も肌が弱めなので湯温設定も低めですし、ガス代も浮きますね。

他にも、もちろん生命保険も夫の分がなくなれば今より安くなりますし、ケータイ代も変わります。
家賃だって、子どもと住むだけなら小さなアパートでも十分なのですから、家賃が安いところを探すのも重要だと思いますよ。

シングルマザーの家計と言ってもさまざまですが、きっちりやりくりして余裕のある暮らしをしている人はごく一部だと思います。
でも、シングルマザーの場合は夫のわがままに振り回される必要はないのですから、きちっと財布のひもを締めて、賢くやりくりしていきましょうね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事