お部屋探し

お部屋探し、広さや部屋数の条件は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和式の部屋

お部屋探しの際には、希望条件をはじめにきちんと決めておかないと、良い物件に巡り合うことはできません。

「2DKがいい」とか、「○○市に住みたい」とかの希望はあると思いますが、詳細に希望を決めておかないと、スムーズには探せないんですよ。そこで、条件にはどんなものがあるのか理解しておきましょう。

スポンサーリンク

まず、広さ・部屋数についてです。部屋数は、「2DK」「3LDK」などといった言い方をします。この「DK」や「LDK」とはなんでしょうか。

Lはリビング、Dはダイニング、Kはキッチンのことです。「3LDK」というのは、3つの部屋と、リビングとダイニングとキッチンがある物件、ということになります。

ちなみに、リビングとダイニングは別室ではなくいっしょくたになっている物件が多いですね。

他にも、「S」というものがあります。「3LDKS」などと書かれているものがあります。これは「サービスルーム」の意味で、要は物置・収納のことです。普通のクローゼットや押入れよりも、大き目の収納がある物件に書かれています。

また、一人暮らしの場合は、「1K」「1DK」「1R」などの物件を探すことが多いですが、Rというのは「ルーム」の意味です。部屋が一つで、その中にキッチンもセットになっている、非常にコンパクトな物件のことですね。

「1K」になると、部屋が一つで、キッチンは別のところ(たいていは玄関から部屋に入るまでの廊下)にあるタイプです。

「1DK」になると、部屋が一つと、ダイニング、キッチンがあるというものなので、実質的にはキッチンがある部屋と、寝室にできる部屋、2つの部屋があるということですね。

家族の場合は、夫婦の部屋、子ども部屋がそれぞれ1部屋あれば最低限大丈夫だと思うので、「2DK」や「2LDK」で探すと良いですね。

子どもが2人でそれぞれに与えたい、夫婦別の部屋が欲しい、リビングとは別に、応接間として使える部屋が欲しい、などの希望があれば、希望に応じて「4LDK」「5LDK」と、部屋数を増やしていくといいですね。

ところで、「DK」と「LDK」では、どちらを選べばよいのでしょうか。

リビングのある「LDK」の方が良さそうな気がするかもしれませんが、間取りによっては「DK」でも良いですし、そもそも不動産会社によって、同じ物件でも「LDK」になっていたり「DK」になっていたりするものです。

3LDKの物件が希望でも、良い物件が希望の地域になければ、「4DK」や「4K」で探すと良い物件があるかもしれません。リビングがない代わりに、もう一部屋多い物件を探せば、余分の一部屋をリビングとして使えますよね。

一度「3LDK」と決めたら「3LDK」だけを探す、というのではなく、幅を持たせて検索することで、理想の物件に出会える確率も高まります。住宅情報サイトでは、条件の絞り込みで希望の部屋数にチェックを入れます。

そのときに、希望は3LDKでも、「3K」「3DK」「4K」「4DK」ぐらいまでチェックしておけば、たくさんの物件がヒットしてくれますよ。

ただ、部屋数だけで決めるものではなく、広さも重要です。部屋が多くても、一つひとつの部屋が狭ければ荷物が入りきらないかもしれません。

そのために「6畳」「4.5畳」など部屋の広さも見る人も多いと思いますが、それだけでなく、平米数にも注目しましょう。

平米数とは、その物件全体の広さのことです。部屋の大きさ自体は問題なくても、廊下や洗面所、収納などが狭ければ、問題になりますよね。

たとえば、同じ1DKの物件でも、平米数は25平米だったり、40平米だったりとさまざまです。ちなみに、平米とは「平方メートル」のことですから、1平米変わるとかなり部屋の広さも違ってきます。

平米数を意識して生活しているわけではありませんから、希望条件の平米数をいくつにするか悩まれるかもしれませんが、だいたい、小さな子どもが一人いる家庭であれば40平米ほどあるとゆとりを持って生活できるかと思います。

小学生以上の子どもが2人いるとなると、もっと広い物件がいいですね。60平米前後あれば良いでしょう。

実際には、平米数は、検索条件に入れなくても良いかと思います。部屋数で絞り込んでから、気になる物件があれば詳細ページで平米数を確認し、狭すぎないか、確認する程度で十分でしょう。

部屋数だけにこだわってしまうよりも、平米数も合わせて参考にすることで、より良いお部屋選びができるようになりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事