お部屋探し

物件の部屋数、広さは、ライフスタイルを考えて選ぶのが大切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋に居る女性

お部屋探しをするときには、「3LDKぐらいがいい」などと部屋の数や、「60平米ぐらい」といった広さで選ぶ人が多いと思いますが、より良い物件を探すためには、ライフスタイルに合わせて柔軟に条件を決めることが重要です。

たとえば、幼児が一人いる3人家族の場合は、子ども部屋、夫婦の寝室、それからゆっくりくつろげるリビングはほしい、と思いますよね。そこで「2LDKで、LDKは10畳以上欲しい」と思ったとします。

スポンサーリンク

でも、同じ2LDKでも、部屋の配置が違えば、住み心地も大きく変わってくるものなのです。

たとえば廊下。玄関からLDKまでに廊下があるとは限りません。特に古めの物件になると、玄関入ってすぐにLDKになっている物件も多いです。

廊下がある物件であれば、廊下にトイレや洗面所の出入り口もあります。でも、廊下がない場合は、LDKの中に、トイレや洗面所へのドアがある、ということになりますよね。ドアがあるということは、そこには家具は置けません。

LDKが同じ10畳だとしても、どこにドアがあるか、どこに窓があるかによって、家具が配置できる場所は変わってきますね。

他にも、子ども部屋と夫婦の寝室に使う部屋がどこにあるか、ということも重要ではないでしょうか。

廊下がないような物件であれば、LDKと2つの部屋が直接隣り合わせになっていることも多いです。

廊下がある物件の場合は、廊下から各部屋に繋がっていることも多いです。玄関を入って右に子ども部屋、左に寝室、その向こう側にトイレと洗面所があって、一番奥がリビングになっている、というパターンもありますし、それだけではありません。

廊下ではなく、LDKに繋がっている部屋もあります。

どの配置がいいのか分からない場合は、実際にどの部屋をどのように使用するのかを考えることが大切です。

子どもは日当たりの良い南側の部屋にしたいとか、旦那さんの帰宅が遅いから、リビングを子ども部屋は遠い方がいいとか、実際の生活を想像してみると、分かってくることがたくさんありますよ。

他にも、幼児であれば、実際には子ども部屋ではなく、リビングで遊ぶことも多いと思います。それなら、子ども部屋はリビング近い部屋にしてあげた方がおもちゃを取りに行きやすくて便利です。

また、子どもが大きくなってからでも、最近は学習机を使用しない、「リビング学習」も流行ですから、リビングの近くの部屋はいいかもしれませんね。

家事の動線がスムーズになっているかも、確認したいポイントです。洗濯機置き場がベランダにある物件もあります。洗面所に洗濯機置き場がない分、家賃も安めになっていることが多いですね。

洗面所に洗濯機が置ける場合には、ベランダまでスムーズに行けるか、キッチンで料理をしながらでも洗濯機まですぐに行けるか、なども想像してみるといいですよ。

このように、ライフスタイルを実際に想像してみたり、お手持ちの家具が置けるかどうかを考えることで「2LDK」にこだわる必要もなくなってきます。
広いリビングがなくても、「3DK」にしてDKと隣合わせている部屋をリビングとして使うこともできますよね。ダイニングも無い部屋でも広めの3DKなら十分足りるかもしれませし、もしくは4Kの部屋にして、2部屋をリビングダイニングとして使用することもできるわけです。

間取りによっては難しいかもしれませんが、実際にどこにどのような家具を置くか、ライフスタイルに合っているか、ということを考えればこのように柔軟に選ぶことができますよ。

一方、一人暮らしでも同様で、部屋の広さだけでなく、快適に暮らせるかどうか、考えながら選びましょう。

しっかり自炊をしようと思うのであれば、キッチンの設備は重視したいところです。「1R」の場合は部屋の中にキッチンもついていますが、簡易なキッチンであることが多く、ちゃんと料理したい人には物足りないと思います。

また、ニオイに敏感な人は、寝る場所も料理する場所も、トイレのドアやお風呂のドアまで一緒になっている、というのは、案外ストレスが溜まるものです。逆に、そこまで気にならないからちょっとでも安いところに住みたい、という人は、1Rでも十分でしょう。

一人暮らしでも、寝室と、普段過ごす部屋を分けたい、という人も多いですよね。1DKや1LDK、もしくは2DKなどにすると、ゆったりとスペースを使うことができ、寝室とリビングを分けられます。

ただし、大学生の場合は、あまり広い部屋を選んでしまうと溜まり場になってしまいますので、コンパクトな部屋を選んだ方が親御さんも安心でしょう。

一人暮らしの場合も、廊下の有無は気にした方が良いでしょう。廊下が無い物件というのは、玄関を開けたら家の中が丸見えになる、ということです。

パーテーションなどで部屋を区切って、自分で部屋をデザインすることもできるので、廊下の無い物件が一概に悪いとは言えませんが、特に女性の一人暮らしの場合は、廊下のある物件を選んだ方が安心でしょう。

物件探しをするには他にも設備面や立地など、いろいろこだわりが出てくるものなので、部屋数にこだわりすぎないことが大切かも知れませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事