お部屋探し

敷金、礼金、保証金。結局いくらかかるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

指で丸を作る女性

物件の契約をする時には、結局いくら必要なのでしょうか?初めて一人暮らしをする人の中には、おおよその見当もつかない人も多いと思います。

物件の詳細情報を見ていると「敷金」「礼金」など、それぞれ金額が書かれていますが、契約の際にかかるのはそれだけではありません。

実際にはどのような費用がかかってくるのか、しっかり理解しておきましょう。

スポンサーリンク

まずは、物件の詳細に書かれている「敷金」「礼金」についてです。

敷金というのは、契約の際に支払い、退去する時に返ってくるものです。
これは、家賃を滞納したり、物件に修理が必要な傷をつけたりした場合に使われるお金です。

少し家賃の支払いが遅れただけでは問題ありませんが、何か月も滞納したりすると、退去するように言われ、未払いの家賃は敷金によって清算されます。

それから、壁に穴を開けたり、畳にカビを生えさせたりというような、通常の生活でつく傷とは明らかに違うようなものは、借主が修理費を負担しなければなりません。借主には、原状回復義務というものがあります。

退去時には家主さんにそのような傷がないか確認してもらい、もしあれば修理費を引かれて残りの敷金が返金されます。もし、修理費が敷金を超える場合は、不足分を支払わなければなりません。

関西には、「敷引」という制度をとっているところもあります。

たとえば「敷金30万円 敷引10万円」などと書かれています。これは、退去時には10万円を差し引いた、20万円だけ返ってくる、というもので、原状回復にかかるお金を一律に引いてしまう、というものです。

また、礼金のような役割もあります。この敷引があまりに高い場合は交渉しても良いでしょう。きれいに使っていたのに退去時にほとんどお金が返ってこないなんて、イヤですもんね。

礼金というのは、家主さんにお礼として支払うお金のことです。これはまるまる家主さんの収入になるもので、返ってくるものではありません。

それから、「保証金」というものもあります。関西でよく見かけるものですが、これは敷金を同じものです。

他には、「仲介手数料」「前家賃」「日割り家賃」「火災保険料」「鍵交換料」「ハウスクリーニング代」などがあります。

仲介手数料は不動産屋さんに支払うものです。家賃1か月分や、半額分程度にしているところが多いです。

前家賃というのは、入居の翌月の家賃を先に支払っておくものです。契約によっては不要の場合もあります。日割り家賃というのは、入居日から月末までの家賃を日割り計算したものです。

たとえば、家賃6万円の物件に4月21日から入居した場合は、月末まで10日間あるので、「6万円÷30日間×10日間」で、日割り家賃は2万円、ということになります。

火災保険というのは、火災が起きた時の損害を補償してくれる保険のことです。建物が焼けてしまったら、賠償額は相当なものになります。火災以外にも、水漏れや盗難被害による建物の破損なども対象になります。

もちろん、自分の家財道具も対象になります。火災保険への加入は、賃貸契約では義務付けられている場合がほとんどです。

賃貸契約の際の火災保険にいは「借家人賠償責任特約」というものがついていて、それが家主さんへの賠償ができる内容になっています。

ただ、実はこの火災保険、不動産屋さんで契約をしなくても、個人で好きな会社を選んで契約することもできます。

不動産屋さんで契約する火災保険は1万円や2万円などキリの良い数字になっていますが、本当は、個人に必要な補償を計算すれば、そんな一律の金額にはなりません。たいてい多めに取られているものなのです。

「自分で契約します」というと、保険証券のコピーの提出を求められることもあるので、その際はコピーして提出しましょう。現在契約している火災保険を、そのまま継続することもできるんですよ。

その際には、建物の種類などによって契約内容は変わりますから、保険会社に連絡して保険料を計算してもらいます。

「鍵交換料」「ハウスクリーニング代」というのは、最近では請求されることも少なくなってきています。これらは本来は貸主が負担すべきものとされているからです。

また、これらが入居時に鍵交換、クリーニングをしてもらうための費用なのか、退去時に次の住人のために鍵交換、ハウスクリーニングをするための費用を前払いしているものなのか、確認する必要があります。

悪質なケースだと、入居時と退去時の両方に請求されることもありますので注意してください。これらの費用は、本来支払う義務はないものですから、初期費用から除外してもらうようにお願いしても良いでしょう。

ただし、契約書に「退去時にハウスクリーニング代を負担する」などの記載があれば、退去時に費用を請求されても応じなければいけないかもしれません。

ケースバイケースなので断言はできませんが、契約書に明記されていれば、その内容に同意してものともなされることもあるので、注意してくださいね。

このように、賃貸契約ではさまざまな費用が掛かりますが、実際にいくらかかるのか、ここではさきほどの例と同じ「4月21日から家賃6万円の物件に入居する」というケースで計算してみましょう。

敷金が5万円、礼金が5万円、仲介手数料家賃半月分と書かれていたとします。その場合は以下のようになります。

敷金    50,000円
礼金    50,000円
日割り家賃 20,000円
前家賃   60,000円
仲介手数料 31,500円(半月分+消費税5%)

合計    211,500円

この金額が、最低限必要な費用です。あとは、火災保険料をプラスする必要があります。

これらは契約した翌日ぐらいには振込によって支払うのが一般的です。また、契約当日に支払わなければいけないところもあります。後日支払う場合には、当日に一部を「預り金」として支払います。

契約時には、初期費用の明細も作られるので、意味の分からない項目がないか、よく確認しておきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事