お部屋探し

おすすめの不動産会社はどこ?失敗しない不動産業者の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産を探すカップル

不動産屋さんに行こうにも、たくさんの不動産会社があって、どこに行くのが良いのか分からない人も多いかもしれませんね。

3月の繁忙期などになると、テレビでも大手の不動産会社がCMをやっていますが、やはり、大手の方が安心なのでしょうか?

不動産会社は、たいてい駅前や、大学の近くなどに多いですよね。CMをやっているような大手の会社もあれば、その地域にしかない小さな不動産会社もあります。

スポンサーリンク

それぞれ、メリット・デメリットがあるので、紹介しましょう。大手の会社の場合は、幅広いネットワークがメリットです。

その店舗の取り扱いエリアに良い物件が無かったとしても、近隣エリアにも条件を広げて調べたら、良い物件がでてくるかもしれませんよね。また、有名な会社であれば、接客のマニュアルなども統一されており、ひどい担当者にあたる確率は低いと言えます。

なにかあれば本社のコールセンターにクレームを入れることもできるので、安心感もありますね。

ただ、マニュアルがあるせいで、対応が画一的で、融通がききにくいことがあります。

電話などで問い合わせをしても、回答に時間がかかる傾向もあります。

一方、小さな地域密着型の不動産会社では、長年その地域で営業しているところであれば、地域の情報に詳しいです。そのエリアの家主さんにも顔がきくことがあり、マニュアルにとらわれない対応が可能なので、交渉面でも人情的な、親身な対応をしてくれるところも多いですよ。

ただ、取り扱っているエリアが狭く、物件数もあまり多くないので、限られた物件の中で選ばなくてはいけないことになります。

このようにメリット・デメリットがあるものなのですが、他にも、「仲介手数料」にも注目してみましょう。

昔は仲介手数料というと家賃1か月分が普通だったのですが、最近は半額や、それ以下の仲介手数料を設定しているところもあります。仲介手数料が安いところを選ぶ、というのも手ですね。

ただ、実際にお部屋探しをする時には、1つの不動産屋さんだけでなく、2~3件、回ることをお勧めします。

不動産屋さんはたいてい駅の周辺などに密集しているので、歩いて回ることができます。

ネットで検索していてくつか気になる物件があるのであれば、それぞれの不動産会社に、同じ日に、時間をずらして来店予約をしておくと便利です。
また、同じ物件でも、複数の不動産屋さんが取り扱っていることがあります。これはネットでは分からないのですが、調べる方法はあります。

実際にそおの物件を事前に見に行けば、外に不動産屋さんの看板が貼られていることがありますよね。それを見れば、どこのの不動産会社が取り扱っているかが分かります。

周辺の環境もチェックできるので、行ける範囲であれば、実際に見に行ってみることをおすすめします。

それから、実際に不動産屋さんに行ったときに、即決せずに他の不動産屋さんもまわってきて、同じ物件を扱っていないか、聞いてみることもできます。

交渉面では、より親切で丁寧な担当者に任せた方が良いですよね。もし、はじめに行った不動産屋さんの担当者が高圧的な態度で契約を迫るような、イヤなタイプの担当者であれば、他を当たってみて、良い担当者がいるところで契約したくなるものです。

不動産会社の収入というのは、仲介手数料だけです。契約をするということは、その会社の収入を上げる、ということにつながります。

良い担当者のいる不動産会社で契約した方が、自分も気持ちがいいですし、担当者にも喜んでもらえますね。

結局は、不動産会社のブランドよりも、担当者がどれだけ良い人か、ということが重要になってきます。

担当者というのは、要は「営業マン」なわけですから、中には、強引に契約を迫るような人もいます。

どの一方で、優秀な営業マンもいて、じっくり希望を聞き出してから、自分だけでは探せなかったような別のアプローチで提案してくれるような担当者もいます。

たとえば、もともとは会社に近い物件を探していたけれど、予算では良い物件が見つからないとなると、エリアの範囲を広げて、駅近で通勤時間も大して変わらない物件を探してくれる、ということもあります。

家賃交渉でも熱心に交渉してくれる人もいますから、そういう人に当たりたいものです。

そのためには、いくつかの不動産屋さんを回ってみることが一番です。ただ、繁忙期には担当者も忙しく、また、一人のお客さんに固執しなくてもどんどんお客さんが来る、ということで、丁寧な対応は期待できないこともあります。

できれば、平日に時間をとって相談に行くのが良いですね。

大手の会社は地域の情報に関しては、地域密着型の小さな不動産会社にはかなわないかもしれませんが、実際に働いているのは地元の人が多いわけですから、どこが子育てに向いている環境かとか、どこが治安が不安か、ということぐらいは教えてもらえますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事