お部屋探し

マンション・アパート・コーポなど、違いは何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

町並み

マンションというとキレイな感じがして、アパートというとなんだか古そうなイメージ……。

でも、実際にはなにが違うのか?答えられる人は少ないようです。

ほかにも、コーポやハイツ、といった名前を聞いたことがると思いますが、これらはどう違うのでしょうか?

スポンサーリンク

実は、明確な違いは無い、というのが正解です。

ただし一般的には、鉄筋3階建て以上の集合住宅を「マンション」と呼び、2階建て以下の木造や鉄骨造りの場合はアパート、と呼ばれることが多いです。コーポやハイツはアパートと同じで、特に違いはありません。

また、他にも「メゾネット」や「テラスハウス」というものもありますよね。

これらもほとんど同じ意味で使用されています。メゾネットタイプやテラスハウスの場合は、家の中に階段がある物件のことを言います。

マンションなどの集合住宅は通常、家の中に階段などありませんが、住居部分が2階建てになっている集合住宅のことをメゾネットタイプ、といいます。

その中でも、低層住宅(2階建て)のメゾネットを「テラスハウス」と呼ぶことが多いですね。こういった建物の場合は集合住宅でも庭があったり、平米数も広かったりしますし、外観が凝った建物も多いですね。

賃貸というとマンション、というイメージがあるかもしれません。また、マンションというと設備も充実していて、キレイな建物、というイメージもあるでしょう。

そのイメージはおおかた間違っておらず、設備が充実している「アパート」というのはあまりありません。

ただ、しっかりとしたエントランスや、宅配ボックス、といった設備が不要であれば、アパートやコーポ、ハイツ、と呼ばれるものでも、キレイな建物はたくさんあります。アパートやコーポ、ハイツというと「○○荘」なんていう名前のいかにも古い物件を想像してしまう人もいるかもしれませんが、決してそうではあります。(もちろん、そのイメージどおりの物件もたくさんありますが)

ただ2階建て、というだけで、外観や内装もきれいなアパートはたくさんありますので、マンションにこだわらずに探してみても良いと思いますよ。

特に住宅街の中には、周辺の日当たりの問題もあって、高い建物を建てられない場所もあります。

そういった場所にはアパートが多いですが、特に子育て世帯場合は閑静な住宅街できれいなアパートに暮らす方が良いかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事