お部屋探し

お部屋探しのとき物件周辺の環境はここをチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニで立ち読み

お部屋探しをする時には、物件そのものだけでなく、周辺の環境もチェックしておかなければなりません。

いくら安くてきれいな物件を見つけても、近所に買い物できる場所がなかったり、治安の悪いところだったりしたら困りますよね。

まずは、コンビニやスーパー、銀行などがあるかどうか、調べてみましょう。

スポンサーリンク

若い世代になると、コンビニの利用率は非常に高いです。都市部に住んでいる人が地方へ引越すような場合は特に、引越し先にコンビニがなくてびっくりすることもあります。

さすがに、徒歩5分以内にコンビニがあるかどうかとなると難しい場合も多いので、「夜に急におなかがすいたときに行けるかどうか」を目安にしてみてはどうでしょうか。徒歩では近くになくても、自転車で行ける距離にあれば、とりあえず心配ないですね。

また、食材の買い物をするスーパーや、トイレットペーパーなどの日常雑貨を買うドラッグストアなどがあるか、調べます。

スーパーは地域によって安いところや高いところもあるので、聞きなれないスーパーの名前があったら、公式サイトなどで、広告チェックをすると、安いスーパーかどうかが分かりますよ。

ただ、スーパーの場合は、最近は宅配サービスをおこなっているところも増えてきているので、希望の物件の近くにスーパーが無い場合は、宅配サービスがあるかどうか、送料はいくらぐらいかかるのか、ということを調べておけば万全ですね。

それから、銀行や郵便局も大切です。
働いている人なら、職場の近くの支店に行けますが、専業主婦などの場合は、住んでいる地域に銀行が無いと不便ですよね。

いくらコンビニATMが増えて便利になったとは言え、コンビニATMは手数料がかかる場合もありますし、なにより小銭の取り扱いがありません。

現在使用している銀行の支店やATMがあるかどうかは必ず調べておきましょう。

また、地方銀行をメインバンクにしていて、遠くに引越す場合には、ケータイ代などの引落口座を変更しなければならないこともあります。自分が使用するつもりの銀行がどこにあるかを調べておくと良いでしょう。

特に郊外、住宅街の場合は、メガバンクが無いことも多いです。支店どころかATMもない、という場合には、思い切って、地方銀行をメインに使うようにすると良いかもしれませんね。

郵便局はゆうちょ銀行の口座を持っている人だけでなく、郵便や、かんぽ生命を利用している人も多いですよね。郵便局は数も多いので、近所に一つも郵便局がない、ということはあまりないのですが、どこにあるかは把握しておいた方が良いでしょう。

他にも、お子さんがいる方の場合は、幼稚園や保育園、小学校、中学校がどこにあるのか、どの校区になるのか、ということは調べておきましょう。校区の区切り方によっては、近くに小学校があるのに、校区は別の小学校、ということもあります。

学校などは、災害時の避難場所にもなる場所なので、子どもがいるいないに関わらず、どこにあるか調べておくと安心ですね。

それから、治安についても、確認しておきたいものです。地元ではない場所に引越す場合は、どこが治安が悪い、ということは分かりませんよね。

できれば、詳しい人に聞けるのが一番です。大学生などの場合は、最近は入学前から同じ大学に入る人とツイッターなどで交流することもあるので、進学を機に引越しをする人は、早めに友達を見つけて、地元の人がいればどこに住むのが良いか聞いてみると良いですよ。

人に聞けない場合は、ネットで情報収集をしたり、実際にその場所に出向いて調べます。

昼間に内覧に行ったときは閑静な住宅街でも、夜に行くとシーンと静まり返って、怖いところもあるかもしれません。

昼間に内覧に行った時にも、できれば周辺を少し歩いてみて、雰囲気を感じてみると良いですよ。

壁などに落書きが多かったり、違法駐輪の自転車が山のように多いような場所は、あまり、環境が良いとは言えないことが多いです。そういった場所は、もともと地元に住んでいる人にとっては、慣れているので問題ありませんが、外部から移り住むと馴染めないこともあるんですよ。

内覧に行った時には、集合ポストも開けてみて、怪しいチラシがたくさん入っていないかどうか、ということも確認しておくと安心です。

アパートなどの場合には、集合ポストに鍵がついていないところもありますよね。その場合は自分で鍵を買ってつける場合が多いのですが、鍵をつけていない入居者が多ければ、「平和なんだな」と思うことができます。

もちろん、防犯対策が無防備だからと言って全然犯罪が無い、ということではありませんし、プライバシーの問題もあるので、できれば鍵はつけた方がいいですよ。

実際に周辺の環境を調べてみると、新しい場所での生活が、より具体的に想像できるようになってきます。せっかくの新生活ですから快適な生活ができるように、事前に調べておけることは調べておきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事