節約

その雑誌、本当に必要ですか?書籍代がかかりすぎている人への処方箋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

126

家計管理をしっかりしなくちゃ!という意識がある人でも、
「つい使っちゃう……」
というお金があると思います。

節約志向の強い人の場合、節約本にやたら投資していたりしませんか?
ハードカバーの節約本が出るたびに買ってしまったり、主婦向けの雑誌を毎月買っていたり。
今まで節約本に費やしてきたお金はいくらくらいになるでしょうか?
本に費やすお金が節約の邪魔になっていないでしょうか。

スポンサーリンク

また、「ビジネス書」や「自己啓発本」が好きな人も多いです。
いろんな人の本を買って読んでいるものの、それらのエッセンスを本当に身につけているのでしょうか?ただ読んだだけで「デキる人間になった気になっているだけ」なんていうことはありませんか?

「趣味は読書です」というような人の場合、1か月の書籍代が2万円だとか3万円という場合も珍しくありません。
「これは趣味だから」「これは必要だから」と、書籍代だけは節約の対象から外してしまっていないでしょうか?

ここでは、書籍代を節約する方法について紹介していきましょう。

書籍代は節約すべきなのか?

そもそも、書籍代を節約すべきかどうか、ということについて考えてみましょう。

どうして節約をするのかと言うと、今のままではお金が足りないからですよね。
では、節約の結果浮いたお金は何に使うのでしょうか。

「マイホームを買う!」などの目標が無いのであれば、別に趣味を我慢してまで節約をする必要はないはずです。
そう考えて、「趣味だけは別!」とばかりに本を買いあさっている人はたくさんいます。

ただ、そうやって割切って本を買うのではなく、
「これはもしかしたら必要のない出費なのかもしれない」
ということを考えることも大切なのではないでしょうか。

たしかに趣味を我慢してまで節約しなくても良いかもしれません。
でも、ムダ遣いがあるのであれば、それをなくすことでもっと別の有意義なことにお金を使えるかもしれませんよね。

たとえば、書籍代の節約をすることで、興味のある「自己啓発セミナー」に参加するゆとりが出てくるかもしれませえん。今は「お金がないからセミナーに参加するなんて無理」と思われているかもしれませんが、書籍代を減らすことでそれがかなうのであれば、節約してみる価値はありますよね。

また、目下の目標が無かったとしても、書籍代を削って貯蓄にまわしておくことで、欲しいものができたときにスムーズに購入できます。
なにげなく書籍代を使ってしまっているなら、その本が本当に必要なのかを考えていてはいかがでしょうか。

書籍代はこうして節約する!

では、書籍代を節約するための具体的な方法を紹介してまいりましょう。

超初級!図書館で借りる

書籍代の節約法の定番は「図書館を利用する」ということです。
なんでもかんでも本屋さんで買っている人は、図書館も利用するようにしましょう。

ただ、逆になんでもかんでも図書館で、というのは無理があります。新刊や話題書の場合は予約がいっぱいで常に貸出し中ですし、予約をしても手元に届くのが数か月後ということも珍しくありません。その頃には話題本も話題ではなくなっているかもしれませんし、そういうものは潔く買った方が良いでしょう。

また、情報が古くなってマズイものも避けた方が良いです。
たとえば法律関係。法改正は頻繁にありますから要注意です。「法律なんて無縁だわ」という人の方が多いと思いますが、節約や家計管理の本には節税について書かれていることも多いですよね。節税の方法も法律が変われば使えなくなることもありますから気を付けましょう。
ついでに節約法についても情報は古くなります。
電気料金自体が今は高くなっています。逆に電化製品の消費電力は昔に比べると下がっています。古い節約本を読んでその通りに実行しても役に立たないことがありますからあまり鵜呑みにしない方が良いと思います。

中古で購入する!

やはり、なんでもかんでも本屋さんで買っていてはいけません。
新品ではなく中古なら、もっと安くで購入できますよね。
人気のある本はなかなか値段が下がらないものですが、それでも定価よりは安く購入できますし、人気本でなければアマゾンで1円で購入できることも多いです。(ただし別途送料がかかるので注意)

中古で買う場合はアマゾンやネットオークション、またはブックオフなどの古本屋さんに行ってみましょう。
本によってどこが安いかは変わりますから、比較してから購入してくださいね。
ただしレアな本は比較している暇はありませんから即買いです。

図書カードを使って買う

いよいよ節約めいてきました。
「チリも積もれば」形式ではありますが、

金券ショップで図書カードを買う

という方法です。
節約を徹底するなら、金券ショップの活用は常識です。
図書カード以外にもバスや電車の回数券、商品券など、金券ショップなら少し安く買えるので、それで支払いをするとお得になるというわけです。

ただ、正直に言いますと「図書館を利用する」とか「中古で購入する」といった方法に比べると節約効果は薄いです。あまり期待しないでください。

学生なら大学生協を利用する!

学生生協なら、新品の書籍が10%で購入できますよね?(もし全国共通じゃなかったらごめんなさい)

大学生の特権ですからぜひ利用しましょう。
大学生協は一般の人でも利用できますが、残念ながら書籍の割引は受けられませんのであしあらず。

でももしお子さんが大学生だとか、いとこが大学生だという場合は大学生協で買ってきてもらうように頼んでも良いかもしれませんね。

ちなみに筆者は通信の大学生なので割引価格で買えますw

友達に借りる

本は図書館で借りる以外にも、友達に借りるという方法もあります。
これは、自分が欲しいときに欲しい本を入手できるわけではないのですが、気になっているけどまだ買っていない、というような本がある場合は誰かが買っていないか確認してみるのも良いでしょう。

ただ友達に借りる場合は
・貸してもらうばかりではなく自分の本も貸してあげること
・借りた本はすぐに返すこと
が絶対です。
たまに「借りパク」をする人がいますが、いくら悪気がなくてもちょっとがっかりしてしまいます。

気が合う友達なら本の好みが合うことも多いので、本の貸し借りはおすすめですよ。

アマゾンで即売る

買った本を、読み終わったら即売るという方法です。
別にアマゾンでなくても良いのですが、アマゾンがもっとも簡単に売れると思います。

特に新刊や人気のある本は、高値で売れるのでおすすめです。

送料含めて定価で買うより若干安めの価格に設定しておけば、出品してすぐに買い手が付くこともありますよ。

筆者も、アマゾンで「定価より若干安い値段」で中古の話題書を買うことがあります。
そして、読んでから「手元に置いておかなくてもいいな」と判断したモノは即アマゾンで「定価より若干安い値段」で出品します。

この方法だとかなり安くで、しかもすぐに話題書が読めるのでおすすめです。

ただこの方法は、人気のある本にしか通用しません。
人気の無い本は「1円」でたくさん出品されているので、出品したところで儲からないどころか、送料の高いものだと赤字になる可能性もあります。
くれぐれも、それなりの値段がつくものに限定しておきましょう。

インターネットで代用する

自己啓発であれば、ネットのコラムなんかを読んでも参考になることは多いと思います。
ファッションに関しても、ファッションコーデが見られるサイトはたくさんありますし、それで事足りるなら雑誌は不要になります。

ただ、筆者は「本には本の良さがある」と考えるタイプなので、基本的には書籍派です。

インターネットの場合は特に一般人のブログなど、情報の正しさが怪しいものも多いですし、それを精査する時間がもったいないのではじめから専門書を買った方が早い、という考えです。
また、ファッションや美容などの関しても、ネットだといちいちページをクリックして見ていかなければならないのが苦痛です。雑誌なら見開き1ページに含まれる情報量が多いので見やすいです。ネットだとたいてい両サイドに広告などがずらっと並ぶ分、記事自体のスペースが小さいのが不満です。
とは言いながらも、何でも本を買うのではなくある程度ネットの情報で事足りることもあるので、参考にしてみてくださいね。

本の必要性を考えることも大切

たくさん本を読むことは良いことだと思います。

でも、「たくさん本を読むこと」が目的になってしまっていないでしょうか?
実は買わなくても良い本があるのではないでしょうか。

たとえば毎月雑誌を買っているという人。
本当に、毎月購入する必要があるのでしょうか。たとえば特定の好きな芸能人がいて、その人が連載をしているから、というのであれば毎月買う意義もあろうかと思います。

でも、そういった理由もなくただ惰性で毎月買っているものがあるなら、少し考えてみましょう。

主婦向けの雑誌はどうでしょうか。
時短レシピや収納術、節約術などさまざまな情報が載っているものですが、毎月読む必要があるかと言えば、筆者はまったくそうは思いません。

筆者も昔は毎月買っていた時期があります。
生真面目な性格なので、興味のあるものはどんどん実践していきました。
すると、途中からやることがなくなるのです。というのも、はじめは目新しいことばかりで真似するのが楽しかったものも、数か月買い続けていると結局同じような情報の繰り返しになっていることに気づくからです。

そこで、「これなら毎月買う必要はない」と判断して買うのをやめました。
その後は表紙を見て気になる特集があるときだけ買うというスタイルになりましたが、それでも年に1回買うか買わないかのレベルです。ほぼ買ってないのと同じです。

ファッション雑誌でも同じです。
毎月微妙に変わっていくトレンドを追いかけるのは大変です。
筆者はこれまた生真面目なので、ファッション雑誌でも参考になるコーデを見つけるとフセンを貼って、欲しい服があればピックアップしてリスト化して、なんてことをしてしまうのですが、そうすると「毎月買わなくていい」「1シーズンに1冊買えば十分」と思うようになりました。

もちろん、雑誌や本にフセンを貼ったりして、大いに参考になる本があればレポートにまとめたりするような人はマレだと思います。筆者の場合は変わっているのだと思います。

でも、それだけ本に書かれている内容を真剣にくみ取ろうとすれば、おのずと要らない本が出てくるはずです。
毎月適当に読み流していると分からないことだと思いますが、毎月真剣に読んでいれば、「この情報は書き方が違うだけでこの前と同じだ」ということに気づけるようになります。

その結果、雑誌を買う量を大幅に減らせるのではないでしょうか。

他にも、自己啓発本なども同じです。
「ビジネス」「接客」「営業」「美容」「モテ」などさまざまなジャンルの本を読んできましたが、昔に比べると買う本はかなり減りました。これも結局、「同じようなこと言ってるな」「目新しい理論はないな」と判断できるようになってきたからです。
結局この手の本もほとんど買わなくなり、最近では強烈に興味を持ってしまった「林修先生」(「今でしょ!」の人)の本を買ったぐらいなものです。ちなみにこの本は予想通りとても面白かったので買って正解でした。

でも、ただ量を読むことが目的になっていたり、「趣味が読書」の自分♪という自己陶酔
に入ってしまうと、無駄な本まで買いがちです。
学者のように部屋に本が積まれた空間に憧れることもあるかもしれませんが、よく考えてください。
仕事で必要なわけでもないのにあそこまで本が溢れていたら普通に邪魔だと思いますよ。
筆者の場合ももっと本は少なくて良いのですが、仕事に使う本がけっこうあるのでしぶしぶ置いているような状況です。

図書館を利用するとか中古本を買うといったテクニックも大事ですが、そもそも、本当にその本が必要なのかということを考えるのも、忘れないようにしたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事