結婚式準備の体験談

わたしは働いた方がトク?「扶養内」で働くことについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

128

扶養内

という言葉をご存じでしょうか。

主婦の方が働く場合によく使われる言葉です。

年間の収入を103万円までに抑えれば税制面で有利になる、それを超えると不利になる、というものです。

でも実は、必ずしも「扶養内で働くこと」が得になるとは限りません。
ここでは、扶養内で働くことについて考えていきましょう。

スポンサーリンク

そもそも「扶養内」で働くとどう有利になるの?

では、まずは扶養内で働くことでどういう面で有利になるのか、そもそも扶養内で働くというのはどういうことか、ということについて確認しておきましょう。

扶養内で働くことは、所得税を軽減できるということ

わたしたちは、お給料をもらうときには「所得税」がかかります。
扶養内で働く場合は、この「所得税」がお得になるということなんです。

さらに具体的に解説しましょう

所得税というのは、所得に対してかかる税金です。
稼いだ金額に応じて、その一部を税金としておさめることになっています。

そして、妻が専業主婦の場合は、夫の収入に関する所得税には「配偶者控除」というものが適用されます。
配偶者控除というのは、配偶者がいるから、税金を軽減してもらえる、というようなことです。

でも、妻にも収入がある場合は話は別です。
妻に収入が無い場合は、夫が妻の生活費を負担するわけですから「配偶者控除」によって税金が軽減されるわけですが、妻に収入がある場合は、妻の生活費は妻自身が負担することができるので、「配偶者控除」は使えなくなります。つまり夫の所得税が少し高くなるということ。
さらに、妻に収入があれば、当然妻の収入にも所得税がかかるので、「夫も妻も所得税を負担する」という状態になるのです。

「働いたら所得税の負担が増えるけど、でも生活が苦しいからもう少し収入は増やしたい」

この場合、実は妻が働きつつ所得税の負担を軽くすることが可能です。
それが「扶養内」で働くことです。

扶養内で働くというのは、こういうこと

今度は「扶養内で働く」というのがどういうことかについて解説しましょう。

よく「103万円」という数字が出てきますが、これはどういう数字なのでしょうか?なんとも中途半端な数字ですよね。

この数字の根拠はこうです。

お給料をもらっても、そのお給料に対して所得税がかかるのではありません。
お給料に対してさまざまな「控除」が使えます。
配偶者を養っていれば「配偶者控除」、生命保険に入っていれば「生命保険料控除」というように、お給料から一定額を差し引くことができます。

こうした控除をすべて差し引いて、そのあとに残った収入にたいしてかかるのが所得税です。

まず、お給料をもらっている人には、「給与所得控除」というものがあります。
これは最低65万円で、お給料の金額に応じてさらに多くなります。

そして、会社員の人でも自営業の人でもどんな人でも収入がある場合は必ず差し引くことができる、「基礎控除」というものがあります。これは一律38万円です。

「給与所得控除」と「基礎控除」を足してみてください。
65万円+38万円で、103万円になりますね。

控除というのは、差し引いて、残りがゼロもしくはマイナスになれば、当然所得税はかかりません。
たとえば1年間に稼いだ金額が98万円だとしたら、103万円よりも少ないので所得税はかからないのです。

なぜこんなことになるかというと、収入がとても少ない場合は自分の生活費を負担することはできないとみなされて、たとえ収入があっても「夫に養われている」ということにしてもらえるのです。
ですから、103万円以下であれば所得税はかかりません。

妻の収入によって、夫の所得税が変わる!

妻の収入が103万円以下の場合は、妻の所得税はかかりません。
そして、103万円以下の場合は「妻は夫に扶養されている」とみなされるので、夫の収入には、「配偶者控除」が使えるのです。
配偶者控除は38万円です。

この控除が使えるかどうかによって、夫の所得税は変わります。

どれくらい変わるのかについては夫の収入によるのではっきりとは言えません。

一般的な所得の人であれば5%もしくは10%の税率です。
ですから、配偶者控除を使うかどうかで、1万9千円もしくは3万8千円、所得税が変わってくるのです。

扶養内で働くことが得になるとは限らない!

上記に示したように、配偶者控除が使えるかどうかによって変わる所得税は、年間で1万9千円もしくは3万8千円です。(夫の所得によって税率は変わりますが、一般的な所得であればこれくらいです)

妻が年間100万円程度を稼いでいたら、妻の所得税はかからず、夫の所得税も配偶者控除によって軽減されたままです。

でも、妻が年間103万円より多く稼げば、妻の所得税がかかり、さらに夫の所得税も上がってしまうということになります。

ですから、「103万円の壁」というのは非常に重要です。
103万円までなら有利ですが、もし105万円だったら損になりますよね。
この場合、妻の所得税は1,000円程度ですが、夫の所得税は妻の配偶者控除がなくなったために1万9千円もしくは3万8千円高くなります。

ただ、もし妻が生命保険に加入しているなら生命保険料控除が使えます。
生命保険料控除は年間保険料に応じて最大4万円もしくは5万円が控除できます。
ですから、仮に105万円の収入があっても、生命保険料控除を使えば所得税はかからず、夫の扶養から抜けることもなくなるんです。
そこのところお分かりになっていない人が非常に多いのですが、「必ず103万円以内で!」とこだわる必要はないんですよ。

さらに、夫の扶養から抜けたくないがために、無理に収入を抑えている人がいます。
時間的にも時給的にも年間200万円くらい稼げるのに、「扶養内」にこだわって仕事をセーブしているわけです。
でもこれは、賢い選択だとは言えません。所得税の損得はせいぜい年間で数万円ですが、妻がしっかり稼げば、所得税は上がっても収入自体は数十万円上がるんです。

どちらが良いかは一目瞭然ですよね。

実は、扶養内ということにこだわって働いている人の大半は、この仕組みについて理解していません。ですからいたずらに仕事をセーブしていることが多いのです。

わたしはどう働けばいいの?

扶養内で働くべきなのか、扶養を抜けてでももっと働いた方が良いのか、どちらがいいのか分からないという人も多いですよね。

どちらが良いのかとか、どれくらい稼いだらどれくらい所得税が変わるのかということについては、実はこの場でははっきり言えないんです。
というのも、それはそれぞれの家庭によって違うからです。

家庭によって控除の種類も違いますし、所得税の計算は複雑ですから一律に「○○万円稼ぐのがもっともオトク!!」とは言えないんですね。ですから、自分のケースを知りたいのであれば、自分で知識をつけて計算してみるか、もしくは税理士やファイナンシャルプランナーに相談して計算してもらわなければなりません。

「だいたいでいいから教えてよ!」という人も多いのですが、その「だいたい」すらも無いのが実際のところです。

この質問は、酒屋さんに電話して「わたしに合ったワイン教えてよ!」と言うのと同じくらい、答えが出せない質問だということを分かってくださいね。

自分に合ったワインを教えてもらうためにはじっくり相談する必要がありますし、働き方と所得税の関係性についても、しっかりと計算してみないと分からないものなんですよ。

ただ、それだけではあまりにもどうしようもないので、ざっくりとした考え方だけはお伝えしようと思います。
参考になるかは分かりませんが、良かったら参考にしてくださいね。

バリバリ働く気が無い人は「扶養内」で

まず、扶養内で働いた方が良いのはこういう場合です。

・子どもとの時間を減らしたくない、学校行事にもしっかり関わりたい方
・家事を毎日丁寧にやりたい方
・月に10万円以上稼がなくてはならないという切迫した理由が無い方

扶養内で働くというのは、つまり年収103万円以下に抑えるということです。
ですから1か月あたりの収入は8万5千円程度。

時給900円のアルバイトなら、95時間までです。
95時間ということは、7時間勤務を週に3回とか、5時間勤務を週に4~5回といった働き方になります。

ここまでの働き方であれば、所得税はかからず、夫の所得税も軽減されたままになります。

稼ぐなら103万円を大幅に超えよう!

扶養を抜けて働いた方が良いのは、こういう場合です。

・月に10万円以上稼がなくてはならない理由がある方
・夫の収入が低く、所得税が非課税になっている方
・子どもが大きくなってきて、家事育児にかかる時間がかなり少なくなった方

扶養を抜けて働く場合は、せっかくなら収入は多い方が良いでしょう。

120万円程度ではそれこそ損なのか得なのかを気にしながら働くことになりますし、がっつり稼いでしまいましょう。
高時給のアルバイトや、正社員として働くのが良いですね。

たとえば月給17万円の正社員として働く場合、年収は204万円になります。(さらにボーナスもあるかもしれません。)

204万円ということは、かかる所得税は43,400円程度。生命保険料控除などがあればもう少し下がります。
年間4万円強の所得税の負担があっても、夫の所得税が少し上がっても、収入は大幅に増えるんですからいいですよね。

もちろんここまで稼がなくても良いのですが、扶養内におさまっておく必要が無いなら、しっかり稼いだ方が断然お得になりますよ。

節税を考えるよりも、大切なのは生活です

実は筆者は、扶養内かどうかにこだわることが好きではありません。
たしかに所得税の損得は関わってくるものですが、それはせっかく稼いだお金がマイナスになるという意味ではまったくありませんよね。
所得税は少し高くなるかもという程度です。
でも、収入は増えているんだからいいじゃないですか?と言いたいのです。

知識がないままに「103万円」にこだわっているのはあまり得策とは言えません。
こだわりたいのであれば、所得税の計算ができる程度の知識をつけた方が良いと思います。実はさほど難しくありませんし、一度覚えてしまえばあとはずっと使える知識です。

基本的な知識がなければ本当に損なのか得なのかは分かりませんし、その不確定な知識のまま働き方をセーブすることには違和感を覚えます。
それよりも、働けるなら働く、あまり働けないならほどほどに働く、とご自身の生活に合わせて働き方を変える方が、本来の在り方をしては正しいのではないでしょうか。

扶養内にこだわるなら正しい知識を身につける、そういった細かい計算が苦手、勉強も苦手だと思う人は、自由に働いた方がよほど良いと思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事