掃除

キッチンの大掃除 換気扇&ガスコンロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガスコンロの火

キッチンのは毎日使うところですから、放っておくとどんどん汚れが溜まってしまいます。忙しくて掃除を後回しにしていると、こびりついた汚れがとれなくて、大変なんですよね……。

特に、換気扇やガスコンロの五徳。いつも苦戦しているのではありませんか?

これらの掃除をするには、まずは汚れをゆるめる必要があります。それには漬け置きが一番です。

スポンサーリンク

シンクや、食器をつけるための容器に、お湯を張ります。そこへ、1カップほどの重曹を入れてよく溶かします。そして換気扇のプロペラと五徳、受け皿を入れて30分ほど浸けておきます。できれば、一晩浸けておくと汚れが取れやすくなりますよ。

まずは、プロペラから取り掛かります。
スチールウールタワシを使ってこすっていくと、プロペラの汚れはきれいに取り除くことができます。きれいになったら水で洗い流して、乾燥させておきます。

そして、換気扇のカバーや換気扇周りは重曹水で濡らしたアクリルたわしできれいに拭いていきます。その後酢水スプレーをして重曹を中和しておくと重曹の白っぽい跡が残らず、マイクロファイバークロスでふき取ればピカピカになりますよ。

その後、五徳に取り掛かります。
五徳は、熱によって汚れがこびりついているところなので、特に手強いところです。スチールウールたわしを使ってこすっていきますが、根気のいる作業になるので、休憩しながらやっても良いでしょう。

長時間浸して入ればかなり汚れは緩んでいる状態なので、汚れが軽い部分はするすると汚れが取れていきます。

こびりつきがひどいところもこすって行けば次第に取れていきますが、長年放置したようなひどい汚れの場合は1回できれいにしようとはせず、数日かけてちょっとずつ掃除した方が体の負担も少なくなります。受け皿の方は比較的汚れが取りやすいですよ。

五徳の汚れは家の中でも一番手強いと言っても過言ではないぐらいのところなので、気合を入れて臨みましょう。

ちなみに、五徳の汚れがひどい場合は、漬け置きするだけでなく鍋でしばらく加熱するとより汚れが取れやすくなります。

五徳が入るぐらいの大きな鍋に水と重曹、五徳を入れて、火にかけます。20分ほど沸騰させてそのまま漬け置きしておくといいですよ。

スチールウールたわしを長時間握っていると手が痛くなってくることもあるので、ゴム手袋もあると便利です。

しっかり掃除すると、汚れがこびりついていた五徳も新品のようにきれいになります。一度きれいにしたら、その後は調理後、コンロ周りが温かいうちにふき取れば、きれいな状態を保てるようになりますよ。

ちなみに、鍋の中の焦げ付きも重曹を入れた水を沸騰させることで取れやすくなりますし、小型の鍋であれば大きな鍋に入れて沸騰させることで、鍋底の焦げ付きもきれいにすることができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事