掃除

カビやぬめりにバイバイ!お風呂の掃除方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高級バスルーム

お風呂は、雑菌が繁殖しやすい場所なので、少しでも掃除をさぼるとすぐにカビがはえたりぬめりが出てきたりします。

お風呂掃除をきれいにするにはやはり、毎日の積み重ねが大切です。

一番いいのは、最後にお風呂に入った人が、お風呂掃除をする、というルールを導入することです。そうすれば、家族がお風呂に入らずにだらだらすることも減るのではないでしょうか?

スポンサーリンク

毎日お風呂掃除をするのは面倒ですが、ランダムにしたり、当番制にすれば、お母さんの負担は少なくなりますね。

毎日のお風呂掃除では、お風呂から出るときに、全体的にスポンジでこすり、水を流して、タオルでふき取ります。ふき取りの際に、バスタオルを使用する人もいます。

毎日きれいに掃除していれば、バスタオルでも抵抗なく拭けるようになるかもしれませんが、生理的に無理な人もいると思いますので、その場合は無理せず雑巾などで拭いてください。仕上げに酢水スプレーをしておけば、カビ予防になりますよ。

水気をふき取っておくことでカビが生える確率を劇的に減らすことができて、いつでも綺麗で衛生的な浴室を保つことができます。

では、すでに汚れが溜まってしまっている場合はどうすれば良いのでしょうか?

まず、ぬめりや簡単な汚れなどは、お風呂用洗剤で簡単に落とせます。ただ、根付いてしまったカビは、簡単には落とせません。

そこで、カビとり用洗剤が必要になります。カビとり用洗剤とは「カビキラー」などのスプレータイプの洗剤で、カビがあるところにスプレーして、30分ほど置いたのちに流す、というものです。

壁などの場合は液だれしてしまうのが難点だったのですが、最近は液だれしにくいジェルタイプも販売されているので、使い分けるといいですよ。

カビとり用洗剤は、カビ菌を死滅させる強力な薬剤ですので、使用する時にはしっかり換気をして、できればゴーグルなどを着用した方が良いでしょう。

特に、目線より高い位置にカビがある場合は要注意です。

スプレータイプだと飛び散った液が目に入ることもあるので、高い位置のカビをなくしたい時はジェルタイプにした方がいいですよ。

このようなカビとり用洗剤というのは、カビ菌を死滅させ、漂白もしてくれますが、防カビ効果はありません。ただ洗剤を使用しただけでは、掃除をさぼるとまたすぐにカビが生えますので注意してくださいね。

カビが生えやすいのは、浴室のドアなどのゴムパッキンや、壁のタイルのすきまなどです。浴室の壁がタイルの場合は、目地の部分にロウソクをこすりつけておくと、コーティング剤となって、カビを防止してくれますよ。

また、専用の洗剤でなくても、塩素系漂白剤であれば、カビの漂白はできるので、「キッチンハイター」などでも漂白できます。(というか、カビとり用洗剤も塩素系漂白剤に分類されています)

このような液体の塩素系漂白剤を使う場合は、カビ部分の大きさに合わせて切ったキッチンペーパーに漂白剤をつけて、貼り付けておく、という方法があります。その際には必ずゴム手袋を着用してくださいね。

また、カビには、黒カビと赤カビがあります。上記で説明したのは、黒カビの対処法ですが、赤カビの場合は、軽くこするだけで落ちることがほとんどです。ただ、色素が染みついてしまった場合は、漂白することによって、ある程度落とすことはできます。

どうしても落ちないものは、研磨してきれいにするしかありません。メラミンスポンジを使ってみて、それでもダメなら目の細かい紙やすり(1000番以上)でこすると取れるかもしれません。

ただし、研磨するということは、表面を削り取る、ということで、見た目はきれいになったとしても、目に見えない細かいキズがたくさんついてしまいます。そうなると、細かいキズに雑菌が入り込みやすくなってしまい、汚れやすくカビお生えやすい状態になってしまいます。

今まで以上にまめに掃除をしないといけなくなる、ということを理解した上で実践してくださいね。

さて、ここまで、カビの対処法についてみてきたので、それ以外の、せっけんカスや湯垢の対処法をみていきましょう。

浴槽などは、掃除を怠ると、手触りがざらざらしてきます。これが汚れです。

軽い汚れであればお風呂用洗剤をつけてスポンジでこすれば簡単に落ちますが、長期間にわたって蓄積された汚れになると、なかなか落ちないものもあります。その場合は、メラミンスポンジでこすってみましょう。

根気よくこすっていると、ざらざらした手触りが、つるつるに変わっていくのが分かると思います。浴室全体となると時間も労力もかかり大変ですから、「これからはちゃんと掃除をしよう」という気になると思います。

次に、排水口の掃除です。
排水口には髪の毛が溜まりますから、まめに掃除している人も多いと思いますが、中の方まではめったにしない、という人が多いのではないでしょうか。

排水口も、受け皿をとってみれば、中がぬめぬめになっていることも多いんです。このぬめりを取るには、とにかくこすり洗いするしかありません。

気持ちの良いものではないので、ゴム手袋をして、マスクもしてしまえば気持ち悪さは軽減できますよ。排水口にはお湯が溜まるようになっているものが多いので、シャワーで排水口を流しながらやる方が、きれいになっていくのが実感できます。

また、どうしても掃除するのがいやだ、という人は、パイプ用洗剤を使いましょう。「パイプユニッシュ」などがそれです。ただ、これは強い洗剤ですから、環境にも良いとは言えません。このような商品は、ぬめり予防にも使えて、ぬめり予防であれば使用量も少なくて済みますから、定期的に使っておくと良いですね。

排水口付近もカビが生えやすいところなので、カビが残っているところがないか、よく確認しておきましょう。

さて、次は、ドアです。浴室のドアはアルミ製の場合が多いですが、湯垢のような白い跡がついていることがあります。これらはこすり洗いで簡単に取れるものなので、ささっと拭いておましょう。

ドアの下部には、換気用の小さな通気口が空いていると思います。シャワー中にお湯が外に漏れないような構造になっているために、かえってカビが生えやすいような形状になっているドアもありますよね。その部分もよく見て、カビが生えていれば対処しましょう。

このような細かい部分の掃除には、使い古しの歯ブラシがあると便利です。歯ブラシでなくても、専用の小さな掃除用ブラシを用意しておくと良いですよ。数種類の大きさを用意しておけば、場所によって使い分けられていいですよ。

ドアのサッシ部分は、汚れが溜まりやすい部分です。髪の毛や落ちていたり、ホコリが溜まっていたりしやすいところですよね。細かい部分なので、ここも、ブラシを使って掃除するとやりやすいですよ。特にドアの接続部分などは掃除しにくいので、細かいブラシを使ってきれいにしていきましょう。

さて、一通りの掃除が終わったら、最後に乾拭きして仕上げます。特に念入りに拭いていただきたいのは、カビが生えていたところです。

カビが生えていたところというのは、カビが生えやすいところ、ということですから、しっかり乾燥させて、カビの再発を予防することが大切です。お酢やクエン酸には防カビ効果があるので、最後にスプレーしておくと安心です。

それから、蛇口付近やドアなど、金属部分も念入りに乾拭きしてください。金属部分をきれいに拭いておくと、輝きが違うので、古いお風呂でも、見違えるようにきれいに見えますよ。

その際には、拭き跡の残らないマイクロファイバークロスを使うのがおすすめです。

浴室は、見た目のきれいさだけでなく、衛生面でも掃除が大切なところなので、しっかり掃除しましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事